12月23日公開「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者公式サイト

英雄的ノーベル文学賞詩人を描く、チリ人監督パブロ・ララインの斬新で叙情的なサスペンス。

詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的ヒーロー、パブロ・ネルーダは、共産主義の政治家であった。芸術を愛し、女性を愛し、酒場を愛する享楽主義者であり、何よりも貧しい人々に寄り添う博愛主義者だった。しかし、その思想ゆえ、ネルーダは生涯の大半をチリ政府から追われる逃亡生活に費やした。ただ、その逃亡生活こそ、ノーベル文学賞を受賞した糧となったのである。その逃亡生活とは何だったのか。本作は、弾圧のなかで、人々がネルーダを愛し、そして代表作「大いなる歌」を愛した背景に迫った意欲作である。ネルーダと同じチリ人の監督であるパブロ・ララインが祖国の美しい自然や第2次世界大戦直後の混乱期の生活を織り交ぜ、斬新で叙情的なサスペンス映画に仕立て上げた。ネルーダにはチリで人気のコメディアン・俳優ルイス・ニェッコ。メキシコを代表する俳優ガエル・ガルシア・ベルナルがネルーダを追跡する警官ペルショノーを演じる。
第2次世界大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。大統領は直接警官ペルショノーにネルーダの逮捕を命じる。ネルーダは追われる身としての新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。ペルノショーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルノショーと戯れ、追跡ゲームはより危険なものに、2人の関係はより密接なものになっていくのだった…。

 

監督:パブロ・ラライン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
出演:ルイス・ニェッコ、ガエル・ガルシア・ベルナル、メルセデス・モラーン 他
■PG12