6月16日[土]公開『きみへの距離、1万キロ』

きみへの距離、1万キロ公式サイト

北アフリカ⇔アメリカ。地球の反対側からロボットがつなぐ、男女の運命の出会い。国境も言語も文化も飛び越えたピュア・ラブストーリー。

北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプライン。そこで石油泥棒を監視するクモ型ロボットを、遥か1万キロ離れたアメリカ・デトロイトから遠隔操作しているオペレーターのゴードンは最近、恋人ジャニーンと別れたばかり。運命の人と信じていた彼女との破局で深く傷ついたゴードンは、誰のことも信じられず、次の恋にも動き出せずにいた。そんなある日、ゴードンは監視ロボットを通して若く美しい女性アユーシャと出会う。いつも暗い表情を浮かべている彼女の事情が気になったゴードンは、監視ロボットを駆使してアユーシャの身辺を探り始める。彼女には、カリムという恋人がいるが、親からは別の相手との結婚を強要されていた。引き裂かれたくないアユーシャとカリムは、危険を冒してでも国を出る決意をしていたのだ。そんな状況を知ったゴードンは、彼女の哀しい運命を変えるべく、大胆な行動に出る…。
第74回ヴェネツィア国際映画祭でヴェネツィア・デイズ部門フェデオラ賞を獲得し、ヨーロッパの批評家たちから大絶賛を受けた本作。監督は、『魔女と呼ばれた少女』で第85回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、世界にその名を知られることとなったカナダの気鋭キム・グエン。

 

★第74回ヴェネツィア国際映画祭フェデオラ賞★
監督・脚本:キム・グエン
出演:ジョー・コール、リナ・エル=アラビ、フェイサル・ジグラット、ムハンマド・サヒー