『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』初日舞台挨拶開催

『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』初日舞台挨拶開催

本作の公開初日に、後藤文雄神父と渡辺考監督をゲストに舞台挨拶を開催!皆さまのご来場お待ちしております。

 

■日時
7月21日(土)
上映10:30より
※上映後、舞台挨拶
 
■ゲスト
後藤文雄 神父
渡辺考 監督
 
■料金■
窓口通常料金
 
★前売券発売中★
全国共通特別前売鑑賞券:1,400円

 

■作品紹介■

father笑う・飲む・歌う・踊る?!枠にとらわれない人間味あふれる86歳現役神父・通称ゴッちゃん集成の旅。

2015年、8月。カトリック神父・後藤文雄、愛称・ゴッちゃん。「これが最後の旅になるかもしれない」…この映画は、年老いた後藤がそう言ってカンボジアへ旅立つところから始まる。1929年新潟県長岡市の、浄土真宗の寺の息子として生まれたかつての皇国少年は、いつしかカトリック神父となり、独身にして14人の子どもを育て上げた。逃れられない戦禍、最愛の母との最悪の別れ、家族との軋轢・葛藤、思春期の初恋、そして人生の多くを費やすこととなるカンボジア難民の子どもたちとの出会いと関わり…その人生は、見えないなにかに導かれるかのごとく紡がれていく。1981年、祖国の内乱や殺戮から日本に逃れてきたカンボジア難民の子どもを受け入れ育て、その関わりから始まったカンボジアでの学校作りは、広がった支援の輪により、19校にのぼる。その集成となるカンボジアへの旅と故郷長岡への旅、そして後藤の日常を追った足かけ2年にわたる記録に、後藤の半生を加えて織り交ぜ追いかけたドキュメンタリー映画。

 

監督(製作ボランティア代表):渡辺考
出演:後藤文雄

映画『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』公式サイト