10月19日[金]公開『ハナレイ・ベイ』

ハナレイ・ベイ公式サイト

作家・村上春樹の短編集「東京奇譚集」の一編を映画化。これは、<人生で一番大切な人>に会いたくなる希望の物語。

時代に刻まれる名作・話題作を発表し続ける作家、村上春樹。単行本と文庫本あわせ累計70万部を超えるロングセラー『東京奇譚集』の一篇である「ハナレイ・ベイ」は、ファンの間で村上文学史上屈指の名作として語られており、この度待望の実写映画化となる。
シングルマザーのサチは、息子のタカシがハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知らされる。大好きだったサーフィン中に大きなサメに襲われ死んだという。彼女は、彼が命を落としたハナレイ・ベイへ向かい、海辺近くの大きな木の下で読書をして過ごした。毎年、この「行為」は続いた。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある日、サチは2人の若い日本人サーファーと出会う。無邪気にサーフィンを楽しむ2人の若者に、19歳で亡くなった息子の姿を重ねていくサチ。そんな時、2人からある話を耳にする。「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」と…。サチは決意する。もう一度、息子に会うために―。
主人公のサチを演じるのは、主演から脇役まで目覚ましい活躍をみせ、今最も輝く女優の一人である吉田羊。サチの息子タカシには、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。監督は『トイレのピエタ』が批評家から絶賛され、日本映画界の新鋭として期待される松永大司。

 

監督・脚本・編集:松永大司
原作:村上春樹「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類

■PG12