『映画好きなら観なきゃ損!伝説の映画作家 ルイス・ブニュエル特集』

 『映画好きなら観なきゃ損!伝説の映画作家 ルイス・ブニュエル特集』 

1929年から1977年まで、スペイン〜メキシコ〜フランスを横断し、数多くの映画賞受賞と、数多くの上映禁止、前衛とエンターテインメント、幻想とリアリズム、不条理と道理、宗教と世俗、ブルジョアジーと庶民、真面目と不道徳等々、相反する世界を軽々と行き来し、ワクや常識に捕らわれない、映画の面白さのみを提供し続けた伝説の映画作家ルイス・ブニュエル監督作品が相生座で上映!!

日本で上映されることが少ないブニュエル作品が、21世紀、平成も終了する2018年に、長野市で!相生座で!!なんと6本も映画館で見られる幸福!!!ブニュエル大好き映画ファンも、初めてブニュエルを体験する方も、是非この貴重な機会をお見逃しなく!映画好きなら観なきゃ損!

 

 【上映ラインナップ】

 

『昼顔』 9月22日(土)〜9月28日(金)
若く美しい人妻セヴリーヌ。何不自由ない生活の裏で密かに売春を始める〜。24歳若きフランスのスター、カトリーヌ・ドヌーヴを、ブニュエルがやりたい放題に演出。全て受け入れた女優根性に、監督賞賛!ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。
1967年 フランス・イタリア 主演:カトリーヌ・ドヌーヴ

 

『哀しみのトリスターナ』 9月29日(土)〜10月5日(金)
ドヌーヴ=ブニュエルコンビ第2作。早くから両親に先立たれ、母の知人で貴族の男に引き取られたトリスターナ。歪んだ男の愛と、トリスターナの自由への渇望が交錯する哀しき愛憎劇。後年巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督が「ドヌーヴの、あの足!」と大絶賛。
1970年 フランス・イタリア・スペイン 主演:カトリーヌ・ドヌーヴ 

 

『皆殺しの天使』 10月6日(土)〜10月12日(金)
メキシコ時代後期の伝説的傑作。さあパーティが終わった、帰るか〜帰れない??!!ホラー映画真っ青の不条理劇。おいおいどうなってるんだ?これ?の90分。そして衝撃のラスト。カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。
1962年 メキシコ

 

『ビリディアナ』 10月13日(土)〜10月19日(金)
メキシコの名女優シルヴィア・ピナルの出世作にして代表作。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作にして、肝心の製作したスペインで上映禁止になった、いわくありまくりの傑作。尼さんはつらいよ。
1961年 メキシコ・スペイン 主演:シルヴィア・ピナル

 

『砂漠のシモン』 10月20日(土)〜10月26日(金)
実在の修行者「聖人シメオン」の伝説。魅惑的すぎる悪魔の誘惑にシモンは勝てるか?!未完の作品とはいえ、予想外過ぎる結末に騒然。この体験こそブニュエル!ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞。
(中編映画) 1965年 メキシコ 

 

『アンダルシアの犬』 10月20日(土)〜10月26日(金)
ブニュエル記念すべき処女作にして、シュールレアリズム映画の代表作。共同脚本サルバドール・ダリ。飛躍しまくりの映像にあなたはついてこれるか?!映像を志す人、一度は観なきゃいけない必須科目!
(短編無声映画) 1929年 フランス 

 

 【イベント情報】

 

★10月6日(土) トークイベント
「長野市で!相生座で!!ブニュエル作品が6本も見られる幸福!!!〜ルイス・ブニュエル入門編〜」
講演者:久保田純朗(相生座代表)

世界的には映画界の伝説の巨匠として知られているにも関わらず、いま一つ日本での知名度が低い、ルイス・ブニュエルの世界。今上映企画を強烈にプッシュした、当館代表の久保田が、みなさんにわかりやすく解説。もっともっとブニュエルが観たくなる!

 

★10月20日(土) トーク&上映会
「初鑑賞も安心!『アンダルシアの犬』解説つき上映会(おしゃべりOK、一部絶叫OK)」
解説者:久保田純朗(相生座代表)

初企画。面白いけど決して分かり易いとは言えない『アンダルシアの犬』を、解説しながら、おしゃべりしつつの和気藹々の雰囲気で上映する、初鑑賞の方も安心の企画。本上映会を体験した後なら、きっともう一回観たくなる!

 

★イベント参加の方には、ご参加ありがとうプレゼント
「長野市限定!実地調査済み!今、ブニュエル作品を観たいなら〜鑑賞方法を一挙ご紹介!」をお渡しします。