10月27日[土]公開『タリーと私の秘密の時間』

タリーと私の秘密の時間公式サイト

かつて夢見た未来とは違う今にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー

「わたし、ひとに頼れないの」―仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきたマーロだが、3人目の子供が生まれて、ついに心が折れてしまう。そんな彼女のもとに、夜だけのベビーシッターがやって来る。彼女の名前はタリー、年上のマーロにタメグチで、ファッションやメイクもイマドキ女子だが、仕事ぶりはパーフェクト。荒れ放題だった家はたちまち片付き、何よりマーロが笑顔と元気を取り戻し、夫のドリューも大満足だ。さらにタリーは、マーロが一人で抱え続けてきた悩みの相談にのり、見事に解決してくれる。だが、タリーは何があっても夜明け前に姿を消し、自分の身の上は決して語らない。果たして彼女は、昼間は何をしているのか?マーロの前に現れた本当の目的とは─?
マーロに扮するのは、『モンスター』でアカデミー賞を獲得したシャーリーズ・セロン。マーロの救世主となる謎だらけのタリーには、『ブレードランナー 2049』で鮮烈なインパクトを残したマッケンジー・デイヴィス。監督は、『JUNO/ジュノ』、『マイレージ、マイライフ』で、アカデミー賞に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン。前作同様、ほろ苦い運命に直面した人々が、光の射す方へと歩き出す姿を描くが、本作ではさらにラストに驚きの仕掛けが用意されている。目の覚めるエンディングに向かって、シンディ・ローパーやヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどの大ヒットナンバーも、ドラマティックな展開を予感させる。タリーの謎が解ける時、もうひとつの物語が立ち上がり、観る者の心もケアしてくれる、ミステリアスなヒューマン・ドラマ。  

 

監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス