11月24日[土]公開『国家主義の誘惑』

国家主義の誘惑公式サイト

国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、新造語を連発し、嘘を通す。日本社会の“いま”を浮き彫りにしたフランス発ドキュメンタリー。

明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように熟成されてきたのか。世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、 国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘う政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは。

監督:渡辺謙一
フランス/54分