11月24日[土]公開『遊星からの物体X<デジタル・リマスター版>』

遊星からの物体X<デジタル・リマスター版>公式サイト
■初日イベント開催決定!! 11月24日(土)18:30より
『祝デジリマ化36年ぶり再上映記念企画〜遊星からの物体X絶叫上映会〜おまえは既に取り憑かれている!?』

SFホラーの至宝!ジョン・カーペンター監督の最高傑作が鮮やかに甦る!!

南極基地に現れた恐怖の宇宙生物と隊員たちの死闘を描くSFホラー『遊星からの物体X』。世界的に熱狂的な人気を誇り、後進のクリエーターに多大な影響を与えてきたジョン・カーペンター監督の最高傑作が、36年ぶりにスクリーンで甦る!
10万年前に宇宙より飛来し、氷漬けになっていた未知の生命体が永い眠りから解き放たれ人類へと襲い掛かる。人間の体内に侵略し擬態をする“物体X”は、次々と姿を変え南極基地内に潜入。やがて疑心暗鬼に陥った隊員たちは死と隣り合わせの混乱の一夜を迎える。
『ハロウィン』、『ニューヨーク1997』、『ゼイリブ』など数々のSF、ホラーの名作で知られる巨匠ジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作『遊星よりの物体X』をリメイク。カーペンター作品の常連で、監督と親交の深いカート・ラッセルが宇宙生物に立ち向かうヘリ操縦士を主演し、『バックドラフト』『エグゼクティブ・デシジョン』などハリウッドの第一線へと躍進するきっかけとなった。宇宙生物の造型を手掛けたのは当時弱冠22歳のロブ・ボッティン。イタリアの名匠エンニオ・モリコーネが音楽を担当した。

監督:ジョン・カーペンター
出演:カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー、T・K・カーター、デヴィッド・クレノン、キース・デヴィッド
1982年/アメリカ/109分/PG12