11月30日[金]公開『Merry Christmas!〜ロンドンに奇跡を起こした男〜』

Merry Christmas! 〜ロンドンに軌跡を起こした男〜公式サイト

ディケンズファミリーの家族愛がクリスマスを生んだ!奇跡の感動ファンタジー

1843年10月、スランプに陥っていた英文学作家のチャールズ・ディケンズ。家族のためにもどうにかベストセラーを生み出したいと思っていた彼は、クリスマスを題材にした小説を書くことを思い付く。出版社との関係も悪化する中、クリスマスシーズンに向けて残された執筆期間はわずか6週間。ディケンズは執筆に没頭しているうちに小説の世界に入り込み、やがて現実と幻想の境目が曖昧になってしまう。「クリスマス・キャロル」の登場人物であるスクルージと3人の幽霊との不思議な出会いを経て、心の奥にしまっていた幼少期の記憶、そして父親との確執といった、自らの問題とも対峙していく。170年以上に渡って愛され続け、幾度も映画化されてきたチャールズ・ディケンズの不朽の名作「クリスマス・キャロル」の物語が、いかにして誕生したのか。その創作過程とディケンズの心の旅を、ユニークかつファンタジー感たっぷりに描き出した。
自身が生み出したキャラクターたちと対話をしながら、新作の執筆に挑む若き日のチャールズ・ディケンズを演じるのは、ディズニー映画『美女と野獣』で脚光を浴び、ドラマ「ダウントン・アビー」「レギオン」などでも絶大な人気を誇るダン・スティーヴンス。彼の前に分身のように現われてインスピレーションを与えるスクルージを、『人生はビギナーズ』のオスカー俳優、クリストファー・プラマーが偏屈でありながらユーモアのある人物として造形した。息子の名声に頼ってばかりいるが、どこか憎めないチャールズの父を『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでもおなじみのジョナサン・プライスが演じている。イギリスの実力派俳優たちの個性豊かな芝居を、ドラマ界でも活躍するバハラット・ナルルーリ監督が見事にまとめ上げた。

監督:バハラット・ナルルーリ
出演:ダン・スティーヴンス、クリストファー・プラマー、ジョナサン・プライス
アメリカ/104分

【超訳 吹替版】

吹替キャスト:小野大輔、市村正親、坂本真綾、江原正士、ほか

本作の吹替版は、事前知識なしで楽しめる、鑑賞者にとって分かりやすい日本語訳となっている!時代背景を知らなくとも、「クリスマス・キャロル」を読んでなくとも問題なし!説明的な和訳を簡略化し、19世紀のイギリスの情勢、「クリスマス・キャロル」の内容も、本編を見るだけで全て理解できる、作品の面白さを充分に引き出す吹替版です!

 

※本作品は吹替版のみの上映