1月26日[土]公開『十年 Ten Years Japan』

十年 Ten Years Japan公式サイト

■初日舞台挨拶開催決定!
・1/26(土)上映12:30〜
※上映後舞台挨拶
・登壇者:水野詠子さん(プロデューサー・長野市出身)、ジェイソン・グレイさん(プロデューサー)

【1週間限定上映】

高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制― 5人の新鋭監督が、今の未来を見つめる

香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を基に新鋭監督達が自国の抱える問題点を軸に10年後の社会・人間を描く、日本、タイ、台湾の国際共同プロジェクト。釜山国際映画祭2017での制作発表以来、世界中のメディアから注目されアピチャッポン・ウィーラセタクン(『ブンミおじさんの森』)が監督として参加したタイ版が第71回カンヌ国際映画祭で特別招待作品として選出されるなど、世界中から注目されている本プロジェクト。日本版のエグゼクティブプロデューサー・是枝裕和監督の最終ジャッジのもと脚本のクオリティ、オリジナリティ、将来性を重視して選ばれた5人の新鋭監督たちが描く“5つの未来”を通じて今、日本が抱えている問題、これからの私たちの未来が鮮明に見えてくる。

 

『PLAN75』 早川千絵監督(『ナイアガラ』)× 川口覚
高齢化問題を解決するために、75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度『PLAN75』。公務員の伊丹は、貧しい老人達を相手に"死のプラン"の勧誘にあたっている。一方、出産を間近に控えた妻・佐紀は認知症の母親を抱え途方に暮れていた。

『いたずら同盟』 木下雄介監督(『水の花』)× 國村隼
AIによる道徳教育に管理された国家戦略IT特区の小学校。AIシステム"プロミス"に従いさえすれば、子供達は苦しむことがない日常を過ごすことができた。ある日、用務員の重田が世話をする老馬にプロミスから殺処分の判断が下され、反抗する亮太はいたずらを画策する。

『DATA』 津野愛監督(監督デビュー)× 杉咲花
母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を、父に内緒で手に入れた女子高生の舞花。幼馴染の隼人に協力してもらい、データを基に母の実像を結ぶことに喜びを感じていたが、ある知られざる一面を見つけてしまい…。

『その空気は見えない』 藤村明世監督(『見栄を張る』)× 池脇千鶴
放射能による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ。「地上の世界は危険」という母の教えを守り、地下の暮らしに何の疑問も持たずにいたが、友人のカエデから地上の話を聞き、まだ見ぬ世界へ強い憧れを抱くようになり…。

『美しい国』 石川慶監督(『愚行録』)× 太賀
徴兵制が施工された日本。広告代理店の社員・渡邊は、徴兵制の公示キャンペーンを担当している。ある日、ポスターデザインを一新するという防衛省の意向を、ベテランデザイナー・天達に伝えるという大役を先輩社員に振られてしまい…。

 

エグゼクティブプロデューサー:是枝裕和
『PLAN75』監督・脚本:早川千絵 / 出演:川口覚、山田キヌヲ、牧口元美、美谷和枝
『いたずら同盟』監督・脚本:木下雄介 / 出演:國村隼、大川星哉、辻村羽来、中野龍
『DATA』監督・脚本:津野愛 / 出演:杉咲花、田中哲司、前田旺志郎、三浦誠己
『その空気は見えない』監督・脚本:藤村明世 / 出演:池脇千鶴、三田りりや、田畑志真
『美しい国』監督・脚本:石川慶 / 出演:太賀、木野花
日本/99分