3月2日[土]公開『モダン・ラブ』

モダン・ラブ公式サイト

■初日舞台挨拶開催!
3月2日(土)上映15:30
※上映後舞台挨拶
■ゲスト
福島拓哉監督
園部貴一さん(出演)
田中秀樹さん(「モダン・ラブ」音響監督、長野出身)

東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で絶賛、全国公開された『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉による、8年ぶりのオリジナル長編作品。

PFF入選作『TIME IS ON MY SIDE』、水戸短編映像祭審査員奨励賞『JAM』を経て01年『PRISM』で衝撃のデビューを果たし、鬼才・俊英・インディペンデントの雄など、その独自の活動から様々な言葉で形容される映画監督・福島拓哉。16年にはドイツでのワールドプレミアを経て短編ながら劇場公開された『LEGACY TIME』に合わせて「ESCAPE FROM THIS FUCKIN WORLD」と題した傑作選15本の特集上映が組まれるなど、「都市と記憶」「現実と非現実」をテーマに90年代から20年以上に渡る活動が、インディペンデントシーンで支持され続けている。
最新作『モダン・ラブ』は、先述の特集上映の盛り上がりを受け新企画として立ち上げられた。愛する恋人を失った女性の孤独と葛藤、その先にある新たな心の揺らぎ。常にテーマの軸にある東京を舞台にしつつも、地方ロケや独立問題で世界中の注目を集めるスペイン・カタルーニャ州でのロケを敢行。福島監督の得意とするサイコ・ファンタジー作品であり、心に刺さる痛々しい青春映画である。主演はラジオドラマ 『NISSAN あ、安部礼司』や、つかこうへい作品など演劇界で大注目の稲村梓。前作『LEACY TIME』での好演から本作主演に抜擢され、パラレルワールドを行き来する“一人三役”の難役を見事に演じている。相手役には福島作品常連の高橋卓郎。他に川瀬陽太、草野康太ら日本映画に欠かせない俳優陣が脇を固め、ロックバンド・The John‘s Guerrillaのボーカリスト・今村怜央が物語の鍵を握る重要なキャラクターを演じている。SFかつ哲学的、予測不能の奇想天外な物語が「真実の愛とは何か」を投げかける、見たこともないエンターテインメント作品が誕生した。

監督・脚本:福島拓哉
出演:稲村梓、高橋卓郎、芳野正朝、今村怜央、佐藤睦、ヤン・イメリック、川瀬陽太、町山博彦、大木雄高、園部貴一、草野康太
日本/115分

■前売券発売中
全国共通特別鑑賞券:1500円
特典:エンディング曲のフリーダウンロードQRコード付きポストカード
(ポストカードは2種類のデザインからお好きな方を1枚)