3月2日[土]公開『マチルダ 禁断の恋』

マチルダ 禁断の恋公式サイト

滅びゆく帝政ロシア。最後の皇帝ニコライ2世と、伝説のバレリーナとの<恋>と<情事>を描いた究極の恋愛映画。

ゴールデン・グローブ賞ノミネート、アカデミー賞外国語賞ロシア代表選出などでロシアが世界に誇る気鋭の監督、アレクセイ・ウチーチェリの一大抒情詩『マチルダ 禁断の恋』。ロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世と、マリインスキー・バレエ団の伝説のプリマとして謳われたマチルダ・クシェシンスカヤとの決して許されない恋を描く。ロシア国内では「聖人」として神格化されているニコライ2世の禁断の恋とセックスを描いた本作。作品をめぐり、皇帝の名誉を傷つけるとして賛否両論が飛び交い、ウチーチェリ監督を尊敬しているプーチン大統領が参戦したり、上映館の放火を警告するキリスト教過激派組織も登場するほど。さらに安全上の理由で俳優たちはプレミア上映会を欠席するという事態にまで発展した。この実話に基づく物語は、ロシア全土を巻き込んだセンセーショナルな話題作となった。主演のニコライ2世役にドイツを代表する実力派俳優で、『ブルーム・オブ・イエスタデイ』『パーソナル・ショッパー』などのラース・アイディンガー、マチルダ役には、ポーランド出身の新進気鋭の女優『ゆれる人魚』のミハリナ・オルシャンスカ、恋のライバル・ヴォロンツォフ役には、ロシア映画界で人気NO.1のダニーラ・コズロフシキーが挑む。さらに、世界屈指のオーケストラ指揮者でマリインスキー劇場芸術監督兼総裁のワレリー・ゲルギエフが音楽監督を務め国際色豊かなキャスト&スタッフがロシア一代絵巻の世界観を創り上げる。
1890年台後半のサンクトペテルブルク。ロシア王位継承者であるニコライ2世は、世界的に有名なバレリーナのマチルダを一目見た瞬間恋に落ちる。燃え上がる彼らの恋は、ロシア国内で賛否両論を巻きおこし国を揺るがすほどの一大ロマンスとなる。父の死、王位継承、政略結婚、外国勢力の隆盛―そして滅びゆくロシア帝国と共に2人の情熱的な恋は引き裂かれようとしていた―。

監督:アレクセイ・ウチーチェリ
出演:ラース・アイディンガー、ミハリナ・オルシャンスカ
ロシア/108分