4月27日[土]公開『サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所』

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所公式サイト

ニューヨーク、真夜中の教会。性別(ジェンダー)に迷う青年の<旅立ち>をミュージカルタッチで描く、感動の実話!

全く無名だった監督と主演にもかかわらず、いきなり映画批評サイトRotten Tomatoesで92%(2018.11.1現在)をたたき出し、海外の映画祭で数々の優秀賞に輝いた注目作!デイモン・カーダシス監督が、ボランティアを務めていた教会で実施していた“サタデーナイト・チャーチ”(LGBTQの方々への支援プログラム)での実体験と、綿密なリサーチをもとに、ニューヨークのLGBTQの人々と社会問題に焦点をあてた。主役のユリシーズを熱演したのは、ブロードウェイの若手俳優ユカ・カイン。友人役には、人気海外ドラマ「Pose/ポーズ」で主演を務めるMJ・ロドリゲス他、トランスジェンダーの俳優たちが抜擢された。主人公と仲間たち、そして家族の想いが重なりあう時、言葉では伝えきれない熱い感情が、歌やダンスとなって溢れ出す。夢を探し求める全ての観客の心に、勇気と感動を刻む魂のエンターテインメント!
ニューヨークのブロンクスに暮らす青年・ユリシーズは父親の死をきっかけに「美しくなりたい」という思いを抑えられずにいた。ある夜、ストリートで出会ったトランスジェンダーのグループに「土曜の夜の教会(サタデーナイト・チャーチ)」へと誘われる。そこには静かで厳格な昼間の教会とは異なり、ダンスや音楽を楽しみながら、同じ境遇の仲間と語らう場として開放されていた。学校でも家庭でも孤立していたユリシーズは、その自由な雰囲気に夢中になりながら、少しずつ自分を解放してゆく。ところが、家族にハイヒールを見つけられ、自分の存在そのものを否定されてしまう。言えを追い出され街を彷徨うユリシーズに、人生を変える数々の出来事が待ち受けていた―。

監督・脚本:デイモン・カーダシス
出演:ユカ・カイン、マーゴット・ビンガム、レジーナ・テイラー、MJ・ロドリゲス、インドゥヤ・ムーア、ケイト・ボーンスタイン
アメリカ/82分/PG12