4月公開作品

「ねことじいちゃん」
上映中〜5/3

ねことじいちゃん

動物写真家・岩合光昭初監督!累計発行部数35万部を超える大人気コミック「ねことじいちゃん」が待望の実写映画化。岩合監督にしか撮れない猫たちの表情や島の美しい風景とともに、そこに暮らす人々をユーモラスかつ繊細に描いた愛しい物語。主人公の大吉さんには岩合監督からの「志の輔さんしか考えられない」と熱烈オファーを受けた落語家・立川志の輔。

------------

「22年目の記憶」
上映中〜4/26

22年目の記憶

ソル・ギョング×パク・ヘイル、韓国演技派キャスト達が魅せる感動必至の衝撃作。1972年、南北首脳会談に備え、北朝鮮の最高指導者、金日成(キム・イルソン)の代役オーディションで抜擢されたある男とその息子を物語。

------------

「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」
上映中〜4/26

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

ミニスカート、ボブ・ヘアー、そしてロックンロール。初めて若者たちによって未来が作られた60年代イギリス。今なお世界に影響を与えるUKストリートカルチャー“スウィンキング・ロンドン”の誕生と熱狂を、『バットマン』シリーズや『グランドフィナーレ』などで活躍する英国の名優マイケル・ケインをナビゲーターに、貴重なアーカイブ映像と楽曲満載で描くドキュメンタリー。

------------

「ゴッズ・オウン・カントリー」[R15+]
上映中〜4/26

ゴッズ・オウン・カントリー

サンダンス映画祭監督賞、ベルリン国際映画祭パノラマ部門テディ賞、英国インディペンデント映画賞作品賞受賞など、名だたる映画祭を席巻。映画批評家サイトRotten Tomatoesで99%FRESHを獲得した傑作。愛の生まれる瞬間を壮大な映像美で綴ったラブストーリー。

------------

「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」[R15+]
上映中〜5/3

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て

常識破りの長回し撮影による、驚異の全篇ハイテンション![一時停止]・[巻き戻し]ができない映画館だから、この映画体験はクセになる!ラブホテルを舞台に繰り広げる圧倒的な会話の応酬とギリギリの緊張感。エロチックでポップでサスペンスフルでコミカルでサプライズな、かつてない日本映画。出演:三上博史、酒井若菜、波岡一喜、三浦萌、ほか。

------------

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
上映中〜5/10

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

アカデミー賞ノミネート女優シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビーによる、16世紀を生きたふたりの女王の激しくも華麗な物語。0歳でスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアート。隣国イングランドを統治する女王エリザベスT世。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄されていくのだった…。

------------

「THE GUILTY ギルティ」
上映中〜5/3

THE GUILTY ギルティ

「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながらも、予測不可能な展開で観る者を圧倒させ、サンダンス映画祭観客賞受賞!世界中の映画祭で観客賞を総なめの話題作。緊急通報指令室のオペレーターのアスガーは、今まさに誘拐されているという女性自身からの通報を受ける。電話から微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

------------

「誰がために憲法はある」
4/27〜5/3

誰がために憲法はある

芸人・松元ヒロの一人語り「憲法くん」を名優・渡辺美佐子が鎮魂の意を込めて演じる!原爆朗読劇を続けるベテラン女優陣が語る戦後、未来へ託す思いとは―。『大地を受け継ぐ』の井上淳一監督による、すべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー。

------------

「サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所」[PG12]
4/27〜5/10

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所

全く無名だった監督と主演にもかかわらず、映画批評サイトRotten Tomatoesで92%をたたき出し、海外の映画祭で数々の優秀賞に輝いた注目作!性別(ジェンダー)に迷う青年の旅立ちをミュージカルタッチで描く感動の実話。

------------

「劇場版 幼女戦記」[PG12]
4/27〜5/10

劇場版 幼女戦記

シリーズ累計400万部突破!カルロ・ゼンの戦記ファンタジー小説を原作にしたアニメ「幼女戦記」の劇場版。統一暦1926年。ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる、帝国軍第二〇三航空魔導大隊は、南方大陸にて共和国軍残党を相手取る戦役を征す。凱旋休暇を期待していた彼らだが、本国で待ち受けていたのは、参謀本部の特命であった。時を同じく、連邦内部に連合王国主導の多国籍義勇軍が足を踏み入れる。敵の敵は、親愛なる友。国家理性に導かれ、数奇な運命をたどる彼らの中には、一人の少女がいた。メアリー・スー准尉。父を殺した帝国に対する正義を求め、彼女は銃を取る。