6月22日[土]公開『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード公式サイト

ビル・エヴァンス生誕90周年記念公開。「時間をかけた自殺」とも言われた“ジャズピアノの詩人”51年の人生と魂の音楽。

圧倒的な影響と人気を誇るジャズ・ピアニスト ビル・エヴァンス。その出自、キャリアのスタートから人間模様、死の間際までを8年に渡り追った、貴重な証言・映像・写真の記録!その美しい音楽の源は?その裏の悲劇に満ちた人生の真実とは?
トニー・ベネット(ヴォーカル)やジョン・ヘンドリックス(ヴォーカル)ら当時の共演者や、伝説のファースト・トリオ〜死の間際のラスト・トリオのメンバーらがビル・エヴァンスとの出会いや人物像、彼の音楽について証言。インタビューで登場するジム・ホール(2013年逝去)、ポール・モチアン(2011年逝去)、ジョン・ヘンドリックス(2017年逝去)、オリン・キープニュース(2015年逝去)、ボブ・ブルックマイヤー(2011年逝去)、ビリー・テイラー(2010年逝去)など、公開前に鬼籍に入っている出演者も多く、彼らの晩年を捉えた記録映像としても貴重。ビル本人の肉声や映像・写真も多数収録。演奏シーンや仕事のインタビュー、幼少期の愛らしい姿や、麻薬に蝕まれながらも家族を大切にする姿など、貴重なプライベート・ショットの数々は必見。また、ジャズ史に燦然と輝くそのタイトル曲『ワルツ・フォー・デビイ』のモデルとなった姪のデビイら親族も証言者として登場。さらに名盤『ワルツ・フォー・デビイ』で伝説的な演奏を披露し、その翌週25歳で事故死した幻のベーシスト スコット・ラファロら共演者の往時のプライベート写真や恋人のインタビューも収録。薬物依存をはじめ、内縁の妻・兄の自殺など、これまで周知のところでも語られなかったスキャンダルが親族や近いミュージシャンの口から語られるほか、マイルス・バンド在籍時の名盤制作秘話から死の間際の様子までも語られる。

監督:ブルース・スピーゲル
アメリカ/84分/ドキュメンタリー