9月28日[土]公開『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』

HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ公式サイト

『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフル・ボーイ』ティモシー・シャラメ主演。気鋭の映画製作スタジオA24が贈る 甘く、切なく、美しく、スリリングなひと夏の青春。

アカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』や女優グレタ・ガーウィグの初監督作『レディ・バード』など次々に話題作を世に送り出し、気鋭の映画製作スタジオとして脚光を浴びているA24が贈る、今最も輝いている若手俳優ティモシー・シャラメが主演の青春映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』。監督はこの作品で長編デビューを果たしたイライジャ・バイナム。マサチューセッツ州出身の彼は地元の大学に在学中に出会った二人の若者にインスパイアされて23歳のときに書いた本作の脚本が高く評価され、映画制作の経験がないにも関わらず、監督に抜擢された。
1991年、最愛の父の死の痛手から抜け出せないダニエル・ミドルトンは、叔母の家で夏を過ごすため、マサチューセッツ州の東端にある海辺の小さな町ケープコッドにやってくる。美しい海浜でのバカンスを求めてやってくる都会人とも地元民とも馴染めないダニエルは、地元ではワルで有名なハンター・ストロベリーとつるむようになる。複雑な家庭の事情を抱えているハンターだが、妹のマッケイラを守ることには命をかけていた。「妹には近寄るな」とのハンターの言葉に怯えながらも、ダニエルは町で一番の美女マッケイラと密かに逢瀬を重ねるようになる。秘密のデート、初めてのキス、ダニエルにとって心から自分を解放できるひとときだった。だが、ダニエルのきらめくような一瞬の夏は、最大級のハリケーンの到来とともに、劇的な結末を迎えることになる。

監督・脚本:イライジャ・バイナム
出演:ティモシー・シャラメ、マイカ・モンロー、アレックス・ロー、ウィリアム・フィクナー
2018/アメリカ/107分/PG12

■前売券発売中
ムビチケカード1400円
特典:特製ステッカー