10月26日[土]公開『帰れない二人』

帰れない二人公式サイト

ジャ・ジャンクー監督の人生を映し出した集大成。総移動距離7,700km! 21世紀中国を背景に描き出す、17年におよぶ愛の物語。

31歳の若さで初めてカンヌのコンペに選出された『青の稲妻』(02)。ヴェネチアでサプライズ上映され、金獅子賞(グランプリ)に輝いた『長江哀歌(エレジー)』(06)。ターニングポイントとなった2作を踏襲しつつ進化させた『帰れない二人』は、ジャ・ジャンクーの5作品目となるカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作。「皮肉と華麗さを兼ね備えたロマンチックなフィルム・ノワール。ジャ・ジャンクーは中国の偉大な映画作家だ」とテレラマ誌は本作を絶賛、ル・モンド紙、ポジティフ誌が最高点をつけた。。「私が歩んできた48年間の人生を使って、歴史的にも激動の変化を経験した現代中国を舞台にラブストーリーを描きたいと思った」と語るジャ・ジャンクーの想いが世界に届いたのだ。主人公チャオを演じるのはジャ・ジャンクー監督作品のミューズ、チャオ・タオ。もうひとりの主人公ビンには、『薄氷の殺人』(14)でベルリン国際映画祭銀熊賞(主演男優賞)を中国人俳優で初めて受賞したリャオ・ファン。また、シュー・ジェン、フォン・シャオガン、ディアオ・イーナン、チャン・イーバイら中国を代表する監督たちが俳優として物語の脇を固めるのも一興だ。
山西省の都市・大同。チャオはヤクザ者の恋人ビンと共に、彼女らなりの幸せを夢見ていた。ある日、ビンは路上でチンピラに襲われるが、チャオが発砲し一命をとりとめる。5年後、出所したチャオは長江のほとりの古都・奉節へビンを訪ねるが、彼には新たな恋人がいた。チャオは世界で最も内地にある大都市・ウルムチを目指す。そして2017年がやってくる―。

監督・脚本:ジャ・ジャンクー
出演:チャオ・タオ、リャオ・ファン、シュー・ジェン、キャスパー・リャン、フォン・シャオガン、ディアオ・イーナン、チャン・イーバイ、ドン・ズージェン
2018/中国・フランス/135分