『アジアの純真』一日限りの特別上映(脚本・井上淳一さんのティーチイン付き)

アジアの純真

反韓嫌韓ヘイトをぶっ飛ばせ!魂の長野初上映!
『アジアの純真』一日限りの特別上映
脚本・井上淳一さんのティーチインあり!

本作は、北朝鮮バッシングに沸く2002年を舞台にした在日朝鮮人少女と日本人少年の青春映画だ。反韓嫌韓ヘイトの蔓延する今、この映画を題材に、何が出来るかを考えたい。このままでいいはずはない。「アジア」の「純真」はどこにあるのか?

――井上淳一(本作脚本)

【日時】
11月3日(日) 上映10:30〜 / トーク12:15〜

【料金】
前売券:1000円
当日券:通常料金
※各種割引サービスご利用いただけます。
※ご招待券はご利用いただけません。

 

『アジアの純真』

チンピラに姉を殺された負けん気の強い在日朝鮮人少女が、姉の殺害を目撃していた気が弱い日本人の高校生と出会い、怒りに満ちた感情の赴くままに復讐の旅に出るロードムービー。『小森生活向上クラブ』などの片嶋一貴が監督を務め、少年少女のいびつな逃避行を全編モノクローム映像と哀切感に満ちたピアノの音色をバックに描く。主人公の少女を、『悪人』の韓英恵が熱演。数々の映画祭で物議を醸した過激なテーマが圧倒的。
北朝鮮による日本人拉致事件で、日本が北朝鮮に対する憎しみに満ちていた2002年秋、日本人のチンピラに姉を殺された在日朝鮮人の少女と、殺害現場に居合わせたものの助けなかった日本人の高校生が出会う。二人は、力が及ばなかった自分たちをのろい、第2次世界大戦時の毒ガスをリュックに入れ自転車に乗って復讐の旅に出る。

監督:片嶋一貴
脚本:井上淳一(『大地を受け継ぐ』監督/『止められるか、俺たちを』脚本)
出演:韓英恵、笠井しげ、黒田耕平、丸尾九一郎、川田希、パク・ソヒ、白井良明(ムーンライダース)、若松孝二

2009年/108分/モノクロ/PG12

※ブルーレイ上映

(c)2009 PURE ASIAN PROJECT