田中俊介映画祭in長野

田中俊介映画祭

田中俊介映画祭in長野

役者、田中俊介。
 過去作品から最新作まで集めた映画祭!
彼を知らないとは、映画界における損失だ。

 

11月2日(土)より『田中俊介映画祭in長野』を開催!初日、2日目には、アツいトーク盛り沢山のイベントがあります!どうぞお楽しみ。

 

――上映プログラム――

田中俊介映画祭プログラム一覧

――スケジュール――
田中俊介映画祭スケジュール

――チケット・料金――

田中俊介映画祭料金表

 

――開催イベント――

 

@【オープニングトークショー】
『ダブルミンツ』上映&トーク「“役者:田中俊介”とは。その魅力に迫る! 」

■日時
11月2日()上映16:50〜 ※トークは1時間を予定

■ゲスト
白石晃士監督
坪井篤史さん(シネマスコーレ副支配人)

 

A【特別イベント】
『ヒメとモル子』上映&トーク

■日時
11月2日()上映20:00〜

■ゲスト
久保山智夏さん(本作監督・出演)
山本ロザさん(本作監督・出演)
白石晃士監督
坪井篤史さん
井上淳一さん

※『ヒメとモル子』に田中俊介さんは出演しておりません。

 

B【恋クレ応援上映!】
『恋のクレイジーロード』『メイキングオブクレイジーロード』応援上映&トーク

★ゲストが応援上映にも参加!一緒に盛り上がれ!

■日時
11月3日()上映13:30〜 ※トークは1時間を予定

■ゲスト
田中俊介さん
白石晃士監督(本作監督)
久保山智夏さん(本作出演)
坪井篤史さん
[司会] 井上淳一さん

※ゲストは予告なく変更になる場合がございます。

■応援上映について
上映中の行為・使用してよい物の許可・不許可は下記になります。
【OK】声援、コスプレ、サイリウム(ペンライト)、タンバリン、鈴、クラッカー
【NG】紙吹雪、迷惑行為、危険行為、録画・録音機器の使用

 

C【『シェアハウス』トークショー】
『シェアハウス』上映&トーク

■日時
11月3日()上映15:50〜 ※トークは1時間を予定

■ゲスト
田中俊介さん
白石晃士監督
坪井篤史さん
井上淳一さん
[司会] 久保山智夏さん

※ゲストは予告なく変更になる場合がございます。


――イベントのチケットについて――

【チケット販売】
各イベントのチケットは劇場窓口にて販売中。

【料金】
@BCの各イベント:一律1,500円
A『ヒメとモル子』上映&トーク:一律1,000円

※特別興行につき、各種割引サービス・ご招待券はご利用いただけません。


●遠方の方へ
・お電話にてチケット予約を受付します。
・ご予約後の精算、チケットの受け渡しは劇場窓口で行います。
・精算、チケット受け渡しは当日の上映までに余裕を持って済ませてください。
(当日は状況により、精算、チケット受け渡しに時間がかかる場合があります。)
 長野相生座・ロキシー [電話] 026-232-3016
※チケット販売・予約は定数に達し次第、終了となります。 

 

――作品概要――

 

シェアハウス (2016年/日本/49分) [ プログラム A ]

・11/3(日)上映15:50【ゲストトーク付き上映会】
・11/8(金)上映17:50

『シェアハウス』
東京郊外の古びた一軒家で共同生活を営む6人の男女。さまざまな人が暮らす吹き溜まりのような家に新たな入居希望者が現れる。審査のために住人たちは全員でミーティングを開くのだが、事態は紛糾し…。
監督:内田英治
出演:あの、玉田真也、田中俊介、ブライアリー・ロング、矢部太郎、品川祐 他

 

ダブルミンツ (2017年/日本/100分) [ プログラム B ]

・11/2(土)上映16:50【ゲストトーク付き上映会】
・11/6(水)上映19:00

『ダブルミンツ』
中村明日美子のボーイズラブ・コミックを実写化。ある日、壱河光夫の元に「女を殺した―」という電話が掛かる。高圧的な声の主は、同じ「イチカワミツオ」の名を持つ高校時代の同級生、市川光央だった。
監督:内田英治
出演:淵上泰史、田中俊介、須賀健太、川籠石駿平、冨手麻妙 他
(C) 2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C) 中村明日美子/茜新社

 

恋のクレイジーロード (2018年/日本/18分) [ プログラム C ]

・11/3(日)上映13:30【応援上映・ゲストトーク付き上映会】

『恋のクレイジーロード』
田舎の一本道を走るバスを舞台にした短編バイオレンス・ラブコメディー。あるカップルが乗るバスに、シャベルを抱えた女装男が乗り込んでくる。赤信号でも走り続けるよう男は運転手を脅迫し、バスは疾走する。
コピーライトなし
監督:白石晃士
出演:田中俊介、芦名すみれ、宇野祥平、細川佳央、久保山智夏 他

 

ゼニガタ (2018年/日本/111分) [ プログラム D ]

・11/2(土)上映14:30
・11/5(火)上映19:00

『ゼニガタ』
表向きは居酒屋経営者。だが裏では10日で3割の暴利で金を貸し付け、激しい取り立てで債務者を追い込む闇金屋。居酒屋「銭形」を訪れる人々の運命と金への欲望と恐怖、金の魔力に取り付かれたアウトローたちを描く。
監督:綾部真弥
出演:大谷亮平、小林且弥、佐津川愛美、田中俊介、安達祐実、升毅、渋川清彦 他
(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会

 

ツチノコの夜 <from『ジャンクション29』>(2018年/日本) [ プログラム E ]

・11/4(月)上映12:40
・11/6(水)上映16:50

『ツチノコの夜』
30歳を目前にした29歳の若者たちの青春群像劇で4作のオムニバスから成る『ジャンクション29』より。親のすねをかじりながら自主映画制作を続ける青年が、高校の同窓会でずっと片思いしていた女性と再会する。
監督:ウエダアツシ、山田晃久
出演:田中俊介、本多力、佐藤玲、菅原大吉 他
(C) 2019「ジャンクション29」製作委員会

 

ドグマン (2018年/日本/4分) [ プログラム E ]

・11/4(月)上映12:40
・11/6(水)上映16:50

『ドグマン』
酒井麻衣監督による「ゲスの極み乙女。」のMV。「情報の操作」をテーマに制作。テレビドラマ「ブラックスキャンダル」の主題歌として書き下ろされた楽曲で、バンドメンバーも出演する。
監督:酒井麻衣
出演:ゲスの極み乙女。、小川紗良、田中俊介

 

デッドエンドの思い出 (2018年/韓国・日本/90分) [ プログラム F ]

・11/4(月)上映16:15
・11/7(木)上映17:10

『デッドエンドの思い出』
よしもとばななの小説を日韓共同製作で映画化。遠距離恋愛中の恋人を追いかけて韓国から名古屋へやってきたユミ。だが信頼していた彼に裏切られ、さまよっていた街でカフェ&ゲストハウス「エンドポイント」に辿り着く。
監督:チェ・ヒョンヨン
出演:スヨン、田中俊介、ペ・ヌリ、アン、ボヒョン、ドン・ヒョンベ 他
(c)2018「Memories of a Dead End」FILM Partners

 

デッドエンドの思い出 〜ビハインド・ザ・シーン 17日間の記録
(2019年/日本/66分) [ プログラム G ]

・11/7(木)上映19:00

映画『デッドエンドの思い出』の撮影期間中のキャストやスタッフたちをつぶさに捉えたドキュメンタリー。

  

Cosmic Blue Ver.1 Cosmic Blue Ver.2 [ プログラム H ]

・11/4(月)上映13:40
・11/6(水)上映17:45

『Cosmic Blue』
短編映画『VERY FANCY』で監督デビューした女優・柳英里紗による監督第2弾作品『Cosmic Blue』。2019年7月に名古屋シネマスコーレで開催された「第3回柳英里紗映画祭」のために再編集を施したニューバージョンも制作。『Cosmic Blue Ver.1』『Cosmic Blue Ver.2』としてまとめて上映。
監督:柳英里紗
出演:三浦貴大、小川あん、清水あいり、空美、橘美緒、田中俊介、橋野純平

 

mama (2019年/日本/36分) [ プログラム I ]

・11/4(月)上映15:00
・11/8(金)上映19:00

『mama』
現在89歳になる伝説のゲイボーイ、吉野寿雄。今は中川運河沿いにあるバーで働く吉野ママのもと俳優の田中俊介、トランスジェンダーのゆしん、たけうち亜美がママの戦前、戦後のゲイの歴史を引き出していく。
監督:はるな愛
脚本:いとう菜のは
出演:吉野寿雄、田中俊介、ゆしん、たけうち亜美

 

※【特別イベント】上映作品 [ プログラム J ]
ヒメとモル子 (2018年/日本/25分)

・11/2(土)上映20:00【ゲストトーク付き上映会】

『ヒメとモル子』
山本ロザ、久保山智夏W監督・主演作品。 30手前。彼氏なし。男を求めて毎晩飲み明かす。パリピの“干物女”、ヒメとモル子。男に飢えた女たちが、夏を取り戻すべく目指した場所は……。しぶとく足掻く!ヒメとモル子の“干物街道”がはじまる!!!!
監督・脚本・主演:山本ロザ、久保山智夏
出演:荒井希、山内英彦、Manyu、杉宮匡紀、高橋信二朗