2月1日[土]公開『少女は夜明けに夢をみる』

少女は夜明けに夢をみる公式サイト

第66回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門アムネスティ国際映画賞受賞。イランの少女更生施設――残酷な世界で、愛を乞う叫びに心震えるドキュメンタリー。家族に裏切られ、社会に絶望してもなお、家族の愛を求め、社会で生きていかざるを得ない少女たち。レバノンのスラム街の少年を描いて話題となった『存在のない子供たち』同様、「見えない存在」として、疎外されてきた彼女たちの心の嗚咽が問いかける。少女たちの罪の深さと、人間の罪深さとを――。

監督:メヘルダード・オスコウイ
2016/イラン/76分/ドキュメンタリー