3月7日[土]公開『漫画誕生』

漫画誕生公式サイト

日本初の漫画家「北沢楽天」。漫画を世に遺した男、その人生の答えとは――
日本人で初めて漫画家として成功し、初めての印税契約、初の定期連載、漫画家のプロダクション化、カラー漫画雑誌の発行など現在の漫画業界の礎を築いた北沢楽天。明治・大正・昭和と移りゆく激動の時代のなか、彼が描き続けた漫画は、手塚治虫や長谷川町子など後年の人気漫画家にも大きな影響を与えた。海外でも絶大な人気を誇った“日本初の漫画家”の知られざる生涯が、いまスクリーンで明かされる。

監督:大木萠
出演:イッセー尾形、篠原ともえ、稲荷卓央、橋爪遼、森田哲矢(さらば青春の光)、東ブクロ(さらば青春の光)、とみやまあゆみ、新井美羽、緒方賢一、モロ師岡
声の出演:清水マリ、山口勝平、三遊亭楽生、さいたまんぞう
2018/日本/118分

■前売券発売中
全国共通特別鑑賞券1200円
特典:ポストカード(※特典は数量限定)

 

■初日舞台挨拶開催

3/7(土)より上映の『漫画誕生』に出演の稲荷卓央さん、瓜生真之助さん、大木萠監督による初日舞台挨拶が決定しました。是非、この機会にご来場ください。

【日時】
2020年3月7日(土) 10:00〜 上映終了後

【ゲスト】
稲荷卓央さん(検閲官・古賀役)、
瓜生真之助さん(宮武外骨役・長野県在住)
大木萠監督

【会場】
長野ロキシー2
※全席自由席

【料金】
窓口通常料金
※各種割引サービス適用、招待券不可

 

【ゲストプロフィール】
稲荷卓央【検閲官・古賀役】
1970年生まれ、北海道出身。91年劇団唐組に入団。以来、15年春公演までの全作品にほぼ主演として出演し、唐十郎作品における重要な立役、情けなくもユーモラスな役が注目を集める。唐組の他に映画、ドラマ、他劇団への出演も多数。主な作品に、映画『ガラスの使途』(04/金守珍監督)、『アゲイン』(14/大森寿美男監督)、『名前』(18/戸田彬弘監督)、大河ドラマ『真田丸』(16/NHK)、ドラマW『獄の棘』(17/WOWOW)、連続テレビ小説『なつぞら』(19/NHK)、舞台『密会』(14/日澤雄介演出)、舞台『嗤うカナブン』(18/柄本明演出)などがある。

瓜生真之助【宮武外骨役】
1984年生まれ、福岡県出身・岡山県育ち。主な出演作は『歯まん』(18/岡部哲也監督)、短編『マンドリンの女』(18/白石和彌監督)、『息衝く』(17/木村文洋監督)、『断食芸人』(16/足立正生監督)、『新しき民』(15/山崎樹一郎監督)など。出演したTOYOTA TV-CMがオンエア中。

大木 萠【監督】
1986年生まれ、北海道北見市出身。バラエティ番組のADを経て、『犀の角』(09/井土紀州監督)に助監督として参加。その後、短編オムニバス企画「桃まつり〜うそ〜」(10)にて、『代理人会議』を共同監督。12年に完全自主制作による『花火思想』を監督・プロデュース。14年に東京、大阪、京都、名古屋で公開、イベント再上映も行った。キネマ旬報2016年10月下旬号の特集では、今後の活躍が期待される監督の一人として取り上げられた。