3月7日[土]公開『福島は語る』

福島は語る公式サイト

★第93回キネマ旬報ベスト・テン/文化映画第2位

震災で追われた人びと。それぞれに違った涙の色がある。いまを生きるすべての人たちへ、分断された私たちが綴り続ける14のメッセージ。
東日本大震災から8年になる。2020年の東京オリンピックを前に日本中が浮き足立つなか、フクシマは「終わったこと」として忘れ去られようとしている。しかし、原発事故による放射能汚染で故郷や住処を追われ、生業を失い、家族離散を強いられ、将来への希望を奪われた十数万人の被災者たちの傷は癒えることなく、膿み、疼き続けている。その被災者たちが心底に鬱積した深い思いを吐露した。100人を超える証言者の中から選び抜いた14の”福島の声”を、いま日本に住むすべての人に届ける。

監督・撮影・編集: 土井敏邦(『沈黙を破る』『異国に生きる』『飯舘村』)
2018/日本/170分/ドキュメンタリー

■舞台挨拶決定!

3/7(土)より上映の『福島は語る』の土井敏邦監督による舞台挨拶が3/12(木)の上映後に決定しました。是非、この機会にご来場ください。

【日時】
2020年3月12日(木) 12:40〜 上映終了後

【ゲスト】
土井敏邦監督

【会場】
長野ロキシー2
※全席自由席

【料金】
窓口通常料金
※各種割引サービス適用、招待券不可