10月3日[土]公開 『8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-』

8日で死んだ怪獣の12日の物語公式サイト

5月20日から12日間配信された動画が映画になって劇場に登場!

SNSにて樋口真嗣監督ら5人の監督が発動した「カプセル怪獣計画」の番外編であり、全編ほぼリモートで撮影された本作。主人公のサトウタクミを演じるのは、ミニシアターパークの活動などを通して積極的にミニシアターを支援している斎藤工。俳優としてだけでなく、監督やプロデュースまでもこなすそのバイタリティをリモート撮影という特殊な状況下でも発揮し、主演を務めます。そして、のんが演じるのは、通販で宇宙人を買ったという丸戸のん。「この役を演じられるのはのんしかいない」という岩井監督からのラブコールに応え、岩井組に初参加します。サトウタクミの先輩オカモトソウを演じるのは武井壮。そして、話題作への出演が続く穂志もえかがYouTuber“もえかす”を演じ、これまでとは違った一面を見せます。個性豊かな岩井組初参加の面々に加え、原案の樋口真嗣も登場し、フィクションなのにドキュメンタリーのようなちょっと不思議で優しい世界へと導いてくれます。世界中が今も直面している新型コロナウイルスとの戦い。このような状況下だからこその岩井俊二のクリエイティブ力が光る、2020年の今を切り取る作品がここに誕生しました。

通販サイトでコロナと戦ってくれるというカプセル怪獣を買ったサトウタクミ。毎日怪獣の成長を配信しているタクミの元には、色々な人から連絡がくる。果たしてタクミはきちんと怪獣を育てることができるのか?そして、この怪獣はコロナをやっつけてくれるのか?

脚本・監督・造形:岩井俊二
原案:樋口真嗣
出演:斎藤工、のん、武井壮、穂志もえか、樋口真嗣
2020年/日本/88分