10月24日[土]公開 『真夏の夜のジャズ 4K』

真夏の夜のジャズ 4K公式サイト

アメリカ最大級の夏フェスで伝説のミュージシャンたちが魅せる奇跡の音楽ドキュメンタリー。

本作は1958年7月3日から7月6日まで開催された「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」を中心に撮影が行われ、それを1日の夏の夜の出来事としてわずか83分の作品にまとめられました。翌1959年ヴェネチア国際映画祭で招待上映されるや、その大胆な撮影手法や映像の美しさが関係者に衝撃を与えました。音楽と直接関係のないイメージを作品の随所に使用、観客にフォーカスしたシーンやアメリカズカップのヨットシーンなど、まるでビデオクリップのような映像は50年代のアメリカ文化を鮮烈に伝える、単なる音楽ドキュメンタリーにはとどまらない魅力に溢れています。今回上映される4K版は国立フィルム保存委員会が修復をサポートのもと、監督の夫人であるシャナ・スターンと共に制作されました。
本作の監督バート・スターンは、一流企業の広告や有名雑誌の特集など広い分野で活躍する当時ニューヨークで最も人気のある写真家のひとりでした。撮影当時新進気鋭の写真家で、映画は未知の分野だったバート・スターンに白羽の矢を立てたのが、ニューポート・ジャズ・フェスティバルの発起人であるロリラードの夫人・エレインでした。熱狂的なジャズファンであったスターン監督はこれを快諾した、と言われています。本作は新進気鋭の写真家らしい、どこを切り取っても美しい写真のような場面が大きな見どころのひとつです。

伝説のミュージシャン続々登場!
【ルイ・アームストロング】愛称サッチモ。「ポップス」「ジャズの父」とも呼ばれる、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャン。
【セロニアス・モンク】ジャズ界有数の作曲家として、本作の中で演奏される「ブルー・モンク」や「ラウンド・ミッドナイト」など多くの名曲を生み、モダン・ジャズ・ミュージシャンに多大な影響を与えた。
【チャック・ベリー】「ロック界の伝説」「ロックンロールの創造者」と敬われる伝説のミュージシャン。ザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズなど多くのミュージシャンが彼の曲をカバーした。
【アニタ・オデイ】チャーミングなルックスと圧倒的なリズム感の良さ、魅力的な独特のハスキー・ヴォイスでスターとなったシンガー。

そのほか、「世界最高のゴスペル・シンガー」と呼ばれ、本作では圧倒的な迫力でトリを飾ったマヘリア・ジャクソンやスケールの大きな力強い歌唱で「ブルースの女王」と呼ばれた大スターのダイナ・ワシントンなど、伝説のミュージシャンたちが次々と登場します!

製作・監督:バート・スターン
1959年/アメリカ/83分/ドキュメンタリー