そこにいた女 《長野市出身女優 清瀬やえこさん 上映&イベント開催》

そこにいた女 《長野市出身女優 清瀬やえこさん 上映&イベント開催》

そこにいた女 《長野市出身女優 清瀬やえこさん 上映&イベント開催》

 

地元長野出身の映画人を応援する相生座が、今イチ推し! 今後期待の女優、清瀬やえこさんを特集します。 清瀬さんは、長野県長野市出身。『カメラを止めるな!』(2017)の上田慎一郎監督作品『スペシャルアクターズ』(19)でメインキャストとして強烈な印象を残しましたが、過去にも『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』シリーズ、『超・悪人』(11)『貞子vs伽椰子』(16)『不能犯』(18)等々、ホラー映画の鬼才白石晃士監督作品への出演。 『紙の月』(14)、『愛しのアイリーン』(18)などの話題作にも多数出演しております。主演作も多く、今年は『岬の兄妹』(18)の片山慎三監督の最新作『そこにいた男』(20)に主演として抜擢されました。 またNHKの朝ドラ『エール』にも出演! テレビに舞台にと活躍の場を広げております。知らなかった方も実は結構清瀬さんを観ているのです。 まさに  〜そこにいた女〜  清瀬さん。 役どころは、ホラー、サスペンスの血まみれヤバイ女性から、ほんわか店員のお姉さんまで実に多彩。 どの役でも役への没入度、発するエネルギーが凄いです。 地元長野市出身で、こんな女優さんがいたのだ!という発見が嬉しいですよね。 そんな清瀬さんワールドを堪能出来る全くタイプの違う最新2作品を上映&ご本人登場のイベントを開催します。 地元の方なら、この機会に是非知って欲しい、応援して欲しい、そんな女優さんです。


【清瀬やえこさん プロフィール】

清瀬やえこさん

清瀬やえこ

 「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督の新作映画「スペシャルアクターズ」に清水八枝子役で出演。映画『超・悪人』(11)、『鳥を見て!』(12)、『SeeYou』(12)、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」(12・15)、『紙の月』(14)、『貞子VS伽子』(16)「愛しのアイリーン」(18)、舞台『光の祭典』主演(19)など、数多くの作品に出演。またMOOSICLAB2012・2013・2017で女優賞を受賞している。

 

 【上映作品】

『スペシャルアクターズ』
上映期間:10/24(土)〜10/30(金)

スペシャルアクターズ『カメラを止めるな!』旋風で、2018年度の日本映画界ならびに世界中の映画祭を席巻した上田慎一郎監督の劇場長編映画第2弾。『スペシャルアクターズ』はまたもやワークショップで発掘した、個性豊かなノンスター俳優たち15人と抜群のチームワークを見せる快作に仕上がった!『カメラを止めるな!』を彷彿させる二転三転する予測不能な展開と溢れる映画愛。今回も、チームで何かを成し遂げようとする大人たちの健闘ぶりに、上田監督の不器用な表現者たちへの果てしない愛と優しい眼差しを感じるに違いない!

監督・脚本・編集・宣伝プロデューサー:上田慎一郎
出演:大澤数人、河野宏紀、富士たくや、北浦愛、上田耀介、清瀬やえこ、仁後亜由美、淡梨、三月達也、櫻井麻七、川口貴弘、南久松真奈、津上理奈、小川未祐、原野拓巳、広瀬圭祐、宮島三郎、山下一世
2019/日本/109分

 

 清瀬さんは、メインキャスト「演じ過ぎる女」こと清水八枝子役が強烈です。上田監督作品らしい、強めな面白キャラクターだらけの中、清瀬さんの存在感は凄いですよね。歯止めの効かないちょいとヤバメな眼鏡お姉さん。清瀬さんを止めるな!(いや止めて笑)です。作品としても『カメ止め』に負けない本当に楽しい作品ですので、まだ見ていない方は是非観て欲しいですね。    <相生座代表コメント>

 

 『そこにいた男』  ★長野先行上映★
上映期間:10/31(土)〜11/6(金)

そこにいた男『岬の兄妹』片山慎三監督の新作短編映画。
深夜、とあるマンション内のエレベーターホールで血だらけの女・紗希が座り込んでいる。煙草を吸いながらスマホで誰かに電話している。その横には、意識朦朧とした血まみれの男・翔が倒れている。その光景にカメラを向ける住人ら、慌ただしく無線を飛ばす警官たち。取調室、二人の刑事と虚ろな目をした紗希がいる。柔和で悲しげな表情を浮かべながら、翔との関係を話し出す。ふたりの出会いは2年前にさかのぼる。映画製作のスタッフで下働きをしていた紗希は、撮影現場で俳優の翔に出会う。連絡先を交換し、ほどなくしてふたりは、体の関係を持つまでになる。紗希は翔を愛し、借金を重ね、番組の製作費を盗んでまで翔に身も心も捧げていた。だが、そんな翔に「もう一人の女」の影が…。事件に至るまでの全貌が明らかになるとき、女たちの狂った「純愛のかたち」を知ることになる…。

監督:片山慎三
脚本:岨手由貴子
出演:清瀬やえこ、安井秀和、中村映里子、水口早香、松浦祐也、ほか
企画製作・配給:株式会社CRG
2020年/日本/33分/R15+

※『そこにいた男』は特別料金になります。
一般:1300円 / 会員:1000円 / 大学・専門学生:1000円
[各種割引サービス利用可]

 

 清瀬さん最新主演作。『スペシャルアクターズ』とは、また全然違ったダークで危険な魅力。あの衝撃作『岬の兄妹』の片山慎三監督の最新作です。清瀬さんといえば、一連の白石晃士監督作品他様々な作品で演じられたような、一触即発の危険をはらんだ、時には「血まみれ女優」な側面も魅力ですが、本作ではその本領が遺憾なく発揮されました。まさに痛〜い切れ味抜群の短編作品です。脚本は、同じく長野市出身で『グッド・ストライプス』(15)で相生座にゲストで来ていただいた映画監督の岨手由貴子さん。そういう意味では長野市先行上映にふさわしい作品ですね。  <相生座代表コメント>


【イベント】

 

@ 『スペシャルアクターズ』トークイベント

■日時
2020年10月24日(土)13:30の回 上映後

■ゲスト
来場ゲスト:清瀬やえこさん
オンライン参加:上田慎一郎監督

 

 A 『そこにいた男』トークイベント

■日時
2020年10月31日(土)19:00の回 上映後

■ゲスト
来場ゲスト:清瀬やえこさん
オンライン参加:岨手由貴子さん、片山慎三監督

 

 【各イベントについて】

■料金
『スペシャルアクターズ』

通常料金
※各種割引・会員サービス利用可。
※ご招待券、株主券などはご利用いただけません。

『そこにいた男』
一般:1300円 / 会員:1000円 / 大学・専門学生:1000円
※各種割引・会員サービス利用可。
※ご招待券、株主券などはご利用いただけません。

■入場者制限
定員:80名
※座席は、前後左右1席の間隔を設けて販売します。

■注意事項
・新型コロナウィルス感染予防対策を行います。
・ご来館前の検温、ご自身の体調を確認のうえ、発熱や咳などの症状がある場合はご来館をお控えください。
・ご来場のお客様はマスクの着用をお願いします。
・新型コロナの状況により、急遽内容を変更する場合があります。

■予約受付あり
イベント参加のご予約できます。
・劇場窓口 または お電話 からご予約下さい。
・ご予約の際は、お名前とご連絡先をお伝え下さい。

長野相生座・ロキシー[TEL 026-232-3016]