3月27日[土]公開 『恋するけだもの』

恋するけだもの公式サイト

田中俊介・宇野祥平W主演×白石晃士監督。西部劇タッチのバイオレンスアクション青春群像ラブストーリー!

2018年5月公開のバイオレンス・ラブコメディ『恋のクレイジーロード』。18分の短編で自主製作にも関わらず、濃密な面白さが話題となり、各地で上映が続くロングランを記録。それが今回長編『恋するけだもの』としてリブートされ、恋も狂気もバイオレンスも超・パワーアップ、ポップな装いで復活!主人公・宙也役には前作に続き田中俊介が2つの人格を見事に演じ分け、クライマックスには身体能力を活かしたキレの良いアクションを魅せる。そしてこちらも前作に続き、唯一無二の個性を発揮する宇野祥平が女装男・江野祥平役を怪演!白石監督×宇野祥平による“江野祥平もの(出演時の同じ役名)”の久々の長編でもある。白石晃士5年ぶりのオリジナル長編は、ハグレ者たちが絡み合う、ポップで凶暴でカラフルで純粋な西部劇タッチのラブストーリー。誰も見たことがない新たな娯楽映画の誕生を目撃せよ!
過去を隠して田舎町の工務店で働きはじめた宙也。内気な彼は過去を語らず、クセのある仕事の同僚たちから日常的に暴力を振るわれていた。町では最近、こんな都市伝説が語られていた。“男が道を歩いていると、関西弁の女装男から「つき合って」と声をかけられ、断ると殺される”。ある日、宙也に同僚の栞が「一緒に逃げよう」と持ちかけ、好意を寄せ合っていた二人は町外れのスナックで会う約束をする。だが工務店の社長と部下はそれに気づく。緊張が高まるなか女装男が現れ事態は急変。それぞれの恋が暴走し、ぶつかり合い、血しぶき舞うラブストーリーが幕を開ける!

監督・脚本:白石晃士
出演:田中俊介、宇野祥平、上のしおり、木村知貴、細川佳央、大迫茂生、久保山智夏、金子鈴幸
2020年/日本/86分

■前売券発売中■
全国共通特別鑑賞券:1400円