4月24日[土]公開 『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』

日本人の忘れもの公式サイト

戦後75年目の残留――。生き別れた者が伝える、日本という国の今。

フィリピンには太平洋戦争以前、3万人を擁する豊かな日本人移民 社会が存在した。敗戦を境に日本人の父親と生き別れたことから今も無国籍状態に置かれているフィリピン残留日本人2世たちがいる。中国東北部の日本の植民地・満州国に敗戦を機に置き去りにされ た子どもたち。戦後30余年を経て日本に帰国するも、言葉の壁による差別と貧困の果てに日本政府を訴えた中国残留孤児たちがいる。
映画『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』は、2つの国の残留者たち、 そして彼らを救おうとする市民たちの活躍を描きながら、私たちが生きる"日本という国の今"を浮き彫りにしてゆく。国民の保護者である国家には残留者たちに果たすべき使命がある。 日本人の忘れものとは何か?戦後75年目。日本政府は救済に動き出すのか――!?

脚本・監督:小原浩靖
ナレーター:加賀美幸子
2020年/日本/98分/ドキュメンタリー