10月15日[金]公開 『モロッコ、彼女たちの朝』

モロッコ、彼女たちの朝

公式サイト

モロッコの異国情緒と甘い香りが包み込む、始まりの物語。

カサブランカのメディナ(旧市街)で、女手ひとつでパン屋を営むアブラと、その扉をノックした未婚の妊婦サミア。孤独を抱えていたふたりだったが、丁寧に捏ね紡ぐパン作りが心を繋ぎ、やがて互いの人生に光をもたらしてゆく。モロッコの伝統的なパンや焼き菓子、幾何学模様が美しいインテリアやアラビア音楽が誘う異国情緒とともに、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたという質感豊かな色彩と光で、親密なドラマを描き出す。
新星マリヤム・トゥザニ監督が、過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに作り上げた本作。2019年のカンヌを皮切りに世界中の映画祭で喝采を浴び、現在までにアメリカ、フランス、ドイツなど欧米を中心に公開。女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選ばれるなど、長編デビュー作ながら快進撃が続いている。主演を務めたのは、『灼熱の魂』のルブナ・アザバルと日本初紹介のニスリン・エラディ。

監督・脚本:マリヤム・トゥザニ
出演:ルブナ・アザバル、ニスリン・エラディ
2019年/モロッコ・フランス・ベルギー/101分

【上映】10/15(金)〜10/28(木)

【料金】通常料金