5月13日[金]公開 『チェチェンへようこそ―ゲイの粛清―』

チェチェンへようこそーゲイの粛清ー

公式サイト

ロシア支配下のチェチェン共和国で国家主導の“ゲイ狩り”が横行している。同性愛者たちは国家警察や自身の家族から拷問を受け、殺害され、社会から抹消されている。それでも決死の国外脱出を試みる彼らと、救出に奔走する活動家たちを追ったドキュメンタリー。

監督は、作家としても受賞歴があり、アカデミー賞ノミネートの経歴を持つデイヴィッド・フランス(『HOW TO SURVIVE A PLAGUE(疫病を生き抜く)』『マーシャ・P・ジョンソンの生と死』)。チェチェン共和国当局によるLGBTQ迫害の犠牲者を救出する活動家たちの中に入り、ゲリラ撮影の手法で彼らが直面する困難と日々の地下活動を撮影。ロシアのチェチェン共和国で現在起こっている人道的危機の驚くべき実態を伝える。
この映画には、助けを求める性的少数者の男性や女性が登場する。彼らは率直に勇気をもって自らの経験を語っている。フランス監督は命の危険に晒された避難者の身元を保護するため、彼らの声を変え、偽名を採用している。また、ディープフェイクの使用法をを更に進化させた「フェイスダブル」を採用している。これはドキュメンタリー映画としては初の試みで、この方法で顔を変えることにより、感情のある印象的な映像が生まれ、避難者らは報復を恐れず語ることができ、彼らの苦境を直接伝える作品となっている。

監督:デイヴィッド・フランス
2020年/アメリカ・イギリス/107分/ドキュメンタリー

【上映】5/13(金)〜5/26(木)

【料金】通常料金