6月10日[金]公開 『アンネ・フランクと旅する日記』

アンネ・フランクと旅する日記

公式サイト

2022年に出版から75周年を迎えた、不朽の名作「アンネの日記」。アンネの“空想の友達”キティーが、紡がれることのなかった日記の【その先】を求めて、現代のアムステルダムに舞い降りる!

ユネスコの「世界で最も読まれた10冊」のうちの1冊にあげられた「アンネの日記」。これまで幾度となく映像、舞台化されてきたが、本作はアニメーションでしか表現し得ないアプローチで、アンネ・フランクの生涯を、彼女が生み出したキティーの視点でたどっていく。監督は、アニメーション映画として初めてアカデミー賞〈外国語映画賞〉にノミネートされ、ゴールデングローブ賞を受賞した『戦場でワルツを』のアリ・フォルマン。「アンネの日記」をもとにイマジネーションと遊び心に満ちた現代のパートを新に創出、ふたりの少女の姿を等身大に瑞々しく描いた。

現代のオランダ・アムステルダム。激しい嵐の夜、博物館に保管されているオリジナル版「アンネの日記」に異変が起きた。突然、文字がクルクルと動き始めて、キティーが姿を現したのだ!時空を飛び越えたことに気づかないキティーだったが、日記を開くと過去へさかのぼってアンネと再会を果たし、日記から手を離すとそこには現代の風景が広がっていた。目の前から消えてしまったアンネを探して、キティーは街を疾走する……。

監督・脚本:アリ・フォルマン
原案:「アンネの日記」(ユネスコ「世界記憶遺産」2009年登録)
声の出演:ルビー・ストークス、エミリー・キャリー
2021年/ベルギー・フランス・ルクセンブルク・オランダ・イスラエル/99分

【上映】6/10(金)〜6/23(木)

【料金】通常料金