7月8日[金]公開 『光復』公開記念 【宮澤美保&深川栄洋 特集上映】

『光復』公開記念 宮澤美保&深川栄洋 特集上映

 

長野ロケ作品『光復』の公開を記念して、主演の宮澤美保さん&深川栄洋監督の過去作品を大特集! 上映作品は、宮澤さんのデビュー作と主演2作品。(主演作『苺の破片』は貴重な35mmフィルム上映!) そして、深川監督過去作は監督の原点に迫る作品をセレクト。監督が「恥ずかしい」と言いつつ提供してくれたデビュー前の自主映画作品も上映。二人の新作『光復』と併せてお楽しみください。

 

【上映スケジュール】
  7/8(金)15:10『白夜行』
  7/9(土)19:00『お元気ですか?』
7/10(日)15:10『真木栗ノ穴』
7/11(月)15:10『櫻の園』
7/12(火)15:10『ジャイアントナキムシ』『自転車とハイヒール』(自主映画2本立て)
7/13(水)15:10『苺の破片』
7/14(木)15:10『真木栗ノ穴』
7/15(金)[時間未定]『お元気ですか?』
7/16(土)[時間未定]『白夜行』
7/17(日)[時間未定]『櫻の園』 ※トークイベント予定
7/18(月)[時間未定]『苺の破片』 ※トークイベント予定
7/19(火)[時間未定]『真木栗ノ穴』
7/20(水)[時間未定]『白夜行』
7/21(木)[時間未定]『苺の破片』


【料金】
一般:1500円/シニア:1200円/大学生以下・小人:1000円
*前売券:1作品1200円/回数券(3回券)3000円

 

300_『光復』公開記念 宮澤美保&深川栄洋 特集上映ウラ*クリック拡大表示*

 

【上映作品】

 
宮澤美保 主演・出演作品

 
◆『櫻の園』 *デビュー作
吉田秋生原作の同名漫画を映画化。毎年創立記念日にチェーホフの「櫻の園」を上演する女子高演劇部を舞台に、それに携わる少女たちの開演までの2時間の出来事を描く。
監督:中原俊
脚本:じんのひろあき
出演:中島ひろ子、つみきみほ、白島晴代、宮澤美保、梶原阿貴
1990年/日本/96分

 

◆『苺の破片(いちごのかけら)』 *主演作

『櫻の園』の宮澤美保と梶原阿貴の2人が書いていた脚本に「スカイハイ」の漫画家・高橋ツトムが共鳴し、中原俊との共同監督で実現した人間ドラマ。
監督:中原俊、高橋ツトム
出演:宮澤美保、梶原阿貴、余貴美子、カルーセル麻紀、押尾学、木村佳乃
2005年/日本/91分 ※35mmフィルム上映

 

◆『お元気ですか?』 *主演作
旅先から知り合いに電話を掛け続ける主人公・冴子。彼女が取り続ける不可思議な行動は、やがて哀しみの涙によって浄化され、見る者に感動をもたらしていく、10人との電話でつづる命の物語。『櫻の園』で快活な演劇部員を好演した宮澤美保が、さわやかさはそのままに、一見穏やかな佇まいの中に大人の女性としての繊細な心情を切々と、そして美しく体現していく。
監督・脚本:室賀厚
出演:宮澤美保、丸山隼人、加藤藍子、田中俊、菅田俊、長谷直美
2016年/日本/87分

 

深川栄洋 監督作品

 
◆『ジャイアントナキムシ』
童貞の谷口は、友人・青田の同棲相手・伸子に一目惚れしてしまう。伸子は重症のインポで仕事をしない青田を養っていたが、実は売春をしてお金を稼いでいた・・・。性的なコンプレックスを持つ男女3人の、セックスのない浮遊する三角関係とその顛末を描いた作品。PFFアワード2000入選。
監督・脚本・編集:深川栄洋
出演:渡辺竜太、大坪裕美、深川栄洋、村上寿
1999年/日本/55分

 

◆『自転車とハイヒール』
小学生の典彦はウソを隠すために、またウソをつく。自転車を持っていないことが友達にばれないように・・・。大人になった典彦は偶然に小学生時代の友人の博之に出会い、彼のアパートに行く羽目に。そこには同棲相手のしのぶがいた・・・。ねじれを残したまま大人になった彼らを、ユーモアあふれる会話とともに、時にシュールに時に温かく描かれた深川監督の初劇場公開作品。PFFアワード2001入選。第2回TAMA NEW WAVEコンペティション・フィルム部門グランプリ。
監督・脚本:深川栄洋
出演:吉井信興、八木正純、磯部美香、宮本和也、山崎峻
2000年/日本/60分

 

◆『真木栗ノ穴』
女流作家・山本亜紀子による異色の小説「穴」を原作に、西島秀俊主演で映画化。独特な小説世界に、鮮烈さとユーモア、匂い立つエロティシズムを加え、江戸川乱歩や夢野久作、京極夏彦を彷彿とさせる「昭和モダン」の薫りがたちこめる、摩訶不思議な魅惑の物語。
監督:深川栄洋
脚本:深川栄洋、小沼雄一
出演:西島秀俊、粟田麗、木下あゆ美、キムラ緑子、北村有起哉、田中哲司、利重剛
2008年/日本/110分/PG12

 

◆『白夜行』
東野圭吾のミステリー小説を主演に堀北真希を迎え映画化。密室の廃墟で、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は容疑者の死亡によって一応解決を見る。しかし、担当刑事の笹垣(船越英一郎)だけは腑に落ちない。加害者の娘で、子供とは思えない美しさを放つ少女・雪穂(堀北真希)と、被害者の息子で、どこか暗い目をした物静かな少年・亮司(高良健吾)の姿がいつまでも目蓋の裏を去らないのだ。やがて、成長した二人の周辺で不可解な事件が立て続けに起こり、意外な関係が姿を現し始める・・・。
監督:深川栄洋
脚本:深川栄洋、入江信吾、山本あかり
出演:堀北真希、高良健吾、船越英一郎
2011年/日本/149分