9月9日[金]公開 『ぜんぶ、ボクのせい』

ぜんぶボクのせい

公式サイト

現代社会の中で愛と希望を渇望する少年の行方は― 鮮烈なラストに心揺さぶる衝撃作が誕生!

児童養護施設で暮らす優太は、施設にも学校にも馴染めず母親と暮らしたいと願っていた。ある日、ついに施設を抜け出した優太は母親の家を探し当てるが、そこに優太の居場所はなかった。行くあてもなく街をさまよう優太は、海岸に停めた軽トラで寝泊まりをしているホームレスの坂本に出会い、廃品回収の仕事を手伝うことに。そして、坂本のもとに時々顔を出す女子高生の詩織に心惹かれていくが、そんな穏やかな日々もある事件によって終わりを告げる―。

近年、社会問題を取りあげながら、そこで懸命に生きようとする子供達の姿を見つめた描いた作品が話題を呼んできた。そして今、力強い語り口と鮮烈な映像で少年と孤独を抱えた人々の交流を描いた『ぜんぶ、ボクのせい』が誕生。監督・脚本を手掛けたのは、秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした『Noise ノイズ』が国内外の映画祭で話題を呼んだ松本優作。主演は『とんび』でスクリーン・デビューを果たし、2作目の本作で主演の座を射止めた白鳥晴都。ヒロインは『ある船頭の話』で注目を集める川島鈴遥。そして、若手二人を支えるのは唯一無二の存在で多彩な活躍をみせるオダギリジョー。その他、松本まりか、若葉竜也、仲野太賀、木竜麻生、駿河太郎ら多彩なキャストが参加し骨太な人間ドラマを生み出している。

監督・脚本:松本優作
出演:白鳥晴都、川島鈴遥、松本まりか、若葉竜也、仲野太賀、木竜麻生、駿河太郎、オダギリジョー
2022年/日本/121分/PG12

【上映】9/9(金)〜9/22(木)

【料金】通常料金