10月28日[金]公開 『親密な他人』

親密な他人

公式サイト

黒沢あすか×神尾楓珠  中村真夕監督最新作。
人間の本質に迫る珠玉の心理サスペンス。

『六月の蛇』、『冷たい熱帯魚』はじめ数々の映画・ドラマで鮮烈な存在感を示してきた黒沢あすか、待望の主演作。相手役は、注目の若手俳優・神尾楓珠。映画『彼女が好きなものは』、TVドラマ『顔だけ先生』など、主演作とはまた違った魅力を開花させている。監督は、ドラマとドキュメンタリーの境界を越え、常に斬新な映画を作り続ける中村真夕。劇映画『ハリヨの夏』で監督デビュー、その後ドキュメンタリー映画『ナオトひとりっきり』『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』など、独特の視線で現代社会の影を見つめ、国内外映画祭でも高い評価を受ける監督が、初のサスペンス映画に挑戦した話題作。

行方不明になった最愛の息子・心平の帰りを待つシングルマザーの恵。ある日、彼女の前に息子の消息を知っていると言う20歳の謎の青年・雄二から電話が入る。呼び出された恵は、雄二から心平の持ち物を渡される。怪訝に思いながらも、マンガ喫茶に寝泊まりしているという雄二を、恵は自宅に招き入れる。やがて二人は親子のような、恋人のような不思議な関係になっていく。しかし雄二には隠された目的が、また恵には誰にも言えない秘密があった。だまし、だまされた果てに見えてくる驚愕の真実とは‥。

監督:中村真夕
出演:黒沢あすか、神尾楓珠、上村侑、尚玄、佐野史郎、丘みつ子
2021年/日本/96分

【上映】10/28(金)〜11/3(木)

【料金】通常料金

【イベント】舞台挨拶開催

『親密な他人』舞台挨拶

 

■日時 10月29日(土)14:50の回 上映後、舞台挨拶

 ※イベント上映回は招待券不可。

 

■ゲスト 中村真夕監督

中村真夕監督

16歳で単身、ロンドンに留学。ロンドン大学を卒業後、ニューヨークに渡る。コロンビア大学大学院を卒業後、ニューヨーク大学大学院で映画を学ぶ。アメリカの永住権を持ち、今も東京とニューヨークを行き来して暮らす。2006年、高良健吾の映画デビュー作、「ハリヨの夏」で監督デビュー。釜山国際映画祭コンペティション部門に招待される。2011年、浜松の日系ブラジル人の若者たちを追ったドキュメンタリー映画「孤独なツバメたちデカセギの子どもに生まれて」を監督。2014年、福島の原発20キロ圏内にたった一人で残り、動物たちと暮す男性を追ったドキュメンタリー映画「ナオトひとりっきり」を監督。2015年モントリオール世界映画祭に招待され、全国公開される。続編「ナオトいまもひとりっきり2020」は2021年山形国際ドキュメンタリー映画祭「ともにある2021」部門で上映される。

脚本協力作品としては第45回エミー賞ノミネート作品「東京裁判」 (NHK)29年度芸術祭参加作品がある。最新作のドキュメンタリー映画「愛国者に気をつけろ!鈴木邦男」は2020年の2月にポレポレ東中野で異例の2週間連日満席記録を更新した。2022年には三本の作品、劇映画「親密な他人」、劇映画「ワタシの中の彼女」、ドキュメンタリー映画「ナオトいまも、ひとりっきり2022」が公開予定。

 

■注意事項
 ・新型コロナウィルス感染予防対策を行います。
 ・ご来館前の検温、ご自身の体調を確認のうえ、発熱や咳などの症状がある場合はご来館をお控えください。
 ・ご来場のお客様はマスクの着用をお願いします。
 ・新型コロナの状況により、急遽内容を変更する場合があります。

 

■予約受付あり
 イベント参加のご予約できます。
 ・劇場窓口 または お電話 からご予約下さい。
 ・ご予約の際は、お名前とご連絡先をお伝え下さい。

 長野相生座・ロキシー[TEL 026-232-3016]