★緊急上映 『REVOLUTION+1』 9月27日[火]21:30〜

REVOLUTION+1

【上映】9/27(火)のみ 21:30〜 ※1回限定上映

【料金】一般1,300円/シニア・学生・会員1,000円

※招待券、ポイントなどでの無料鑑賞は不可。

 

■チケット予約あり
お電話にてチケットのご予約を承ります。(当日精算)
ご予約の際は、お名前とご連絡先をお伝え下さい。
長野相生座・ロキシー[TEL 026-232-3016] 

 

日本が誇る稀代のシュールレアリスト・足立正生監督最新作。国葬の日に乾坤一擲の緊急上映!描くは、安倍晋三元首相暗殺犯の山上徹也容疑者。

足立正生監督の6年ぶり新作は、8月末に密かにクランクインし、8日間の撮影、怒涛の編集作業に突入、クランクインから一月後には公開する。映画が持つ本来の荒々しいスピード感を83歳の監督が、取り戻した。既に、海外にも伝わり、各国のシネアストが多くの注目と期待を集めてゆくことになるだろう。

描くは、安倍晋三元首相暗殺犯の山上徹也容疑者。

事件直後から企画、3日で脚本を書き、目指す公開日は、9月27日、まさしく国葬の日。この国は、安保法制や共謀罪がそうであったように、安倍晋三氏の国葬も強行されるに違いないだろう。民意をも無視を決め込み、国会は機能を停止し、ジャーナリズムも頼りなく、そのような状況下、足立正生は、再び、映画の持つ創造力と荒々しいスピードを取り戻す。

山上容疑者の犯行を人はテロと呼び、民主主義への最大の挑戦と呼んだ。しかし、それは本質をついているだろうか。豈図らんや彼の行動は、自民党のみならず日本の政治家と統一教会の尋常ならざる癒着ぶり、保守を標榜する政党の爛熟の果ての退廃ぶりが公に晒された。この映画はもちろん、その是非を問うものではない。しかし、シングルマザー、宗教二世、派遣労働と、この国の貧困を体現してきた一人の男が自分と対極にある一人の男を暗殺する、それに至る過程を描くことで、この国に決定的に欠けているものを知らしめることになるのではないだろうか。脚本は『止められるか、俺たちを』の井上淳一と足立の共作。撮影は間賢治。主演は『連合赤軍 あさま山荘への道程』『止め俺』のタモト清嵐。製作は、数々のライブハウスを経営するロフトプロジェクト。国葬の日を中心に、東京・大阪のロフト系列ライブハウス他、各地ミニシアターで緊急公開される。

 

 【足立正生(監督)コメント】 
映画はもともと、作り手の創造力と観客の想像力の闘争の場として存在する。つまり、観て貰うことでしか存在しない。 従って、作り手の側は、観客に楽しく面白がって貰えれば、成功したと安心したり、してやったりと自慢できる。しかし、厄介なのは、観客が面白いか面白くないかを決めるのは、私の想像力の境界を遥かに越えた観客の気分による判断だ。それは凄いし怖い話だ。だから、私は作り手としていつも怯えきって、自分の創造力を、観客の想像力を挑発するために集中し、勝負を挑むことにしている。今回の作品の主人公は、私の想像を超える事件を実行した者だ。そうであるならば、私も主人公が示した想像力に挑発され、喜んで対決することを選んだ。果たして、「これは面白い!」と言って貰えるものになったのだろうか。不幸にも、それは、私の決定権から一番遠い地点に答えが出るのを待つしかないのである。その分、ワクワクしながら上映出来るのを待っている。

 

【井上淳一(企画・脚本)コメント】 
安倍晋三が暗殺された日にすぐ足立正生さんに電話した。「昔の若松プロなら、二日で脚本書いて、一週間後に撮影して、二ヶ月後には上映してましたよね」と。さすがに二日で脚本は書けず、愚図愚図していたら、国葬が発表された。そこで一気に火がついた。若松孝二さんは「映画を武器に世界と闘う」と。ならば、山上徹也容疑者の映画を作って、国葬の日に上映しよう。それが映画を生業としている我々の意思表示だ。志を同じくする仲間が集まり、突貫工事で撮影は終わった。本当にこの短期間で映画が作れるなんて。あとは観るに堪える映画になっているかどうか。国葬の日、ロフトとミニシアターでお待ちしています。

 

【タモト清嵐:(山上徹也役)コメント】
誰かがやるなら 自分がやりたかった
一人の男を 自分なりの考えで
自分なりの答えで
映画というものを通して
世間に突きつけたいっていうところはあります

 

出演:タモト清嵐 ほか
監督:足立正生
脚本:井上淳一、足立正生
撮影:間賢治

 

※緊急上映につき映画は制作途中のものになります。本公開は年末〜来年を予定しています。