2014/11/23「祖谷物語〜おくのひと〜」蔦哲一朗監督舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2014/8/30「父のこころ」谷口監督舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2014/7/26「ぼくたちの家族」石井裕也監督×原作者・早見和真 舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2013/12/8「女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜」祷映監督舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2013/12/7『こまねこ上映会』合田経郎監督舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2013/8/31 映画「立候補」木野内哲也プロデューサー舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2013/6/30「ひまわり〜沖縄は忘れないあの日の空を〜」イベントの様子はブログに掲載中 

2013/5/25「カンタ!ティモール」渡辺一枝さん×広田奈津子監督のトークショーの様子はブログに掲載中  

2013/5/13<大映・特撮&スペクタクル>森本純一郎トークイベントの様子はブログに掲載中   

2013/4/12「横道世之介」沖田修一監督舞台挨拶の様子はブログに掲載中   

2012/12/2 「オロ」舞台挨拶の様子はブログに掲載中

2012/10/14 ウルトラマン スペシャルトークショーの様子はブログに掲載中

「いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜」舞台挨拶の様子はブログに掲載中

「ちづる」舞台挨拶の様子はブログに掲載中

「ほかいびと 伊那の井月」舞台挨拶の様子はブログに掲載中

「沈黙の春を生きて」坂田監督初日舞台挨拶のご報告

11月26日(土)
長野ロキシーにて坂田雅子監督による初日舞台挨拶が行われました!


『沈黙の春を生きて』がついに公開初日を迎えました。

急に冷え込みが厳しくなってきたにも関わらず、この公開を祝福するかのような快晴の一日となりました。この日は、沢山の方が劇場にお越し下さいました。
各回上映後、坂田雅子監督が舞台挨拶を行いましたので、ご紹介致します。

----------------------------------------

坂田監督舞台挨拶.jpg

本日はご来場頂きありがとうございます。
こんなに大勢の皆さまにおこしいただきまして、本当にありがとうございます。長野県出身の私ですが、現在はこちらにいないのでこの映画を通じて、長野に来れる機会があり、嬉しく思っております。

2003年に、夫のフォトジャーナリストのグレッグが肝臓がんで亡くなりました。その原因は、兵役中にベトナム戦争で浴びた枯葉剤ではないかと疑われました。最愛の夫の死があまりに辛くて、何かをしていないとどうしようもない。すがるような気持ちで思い立ったのが、枯葉剤に関するドキュメンタリー映画を作ることでした。とはいえ、映画制作は未経験だったものですから、仕事を続けつつ、アメリカで映画制作のワークショップに参加し、基礎を学びました。

 

 

 

坂田監督舞台挨拶A.jpg

 

そして2004年、枯葉剤の被害者たちに会うためベトナムへ。最初は、重い障がいをもつ彼らの容貌に衝撃を受けました。でも接してみると、みんなかわいくて人懐こい、普通の子どもであることに気付きました。家族も、過酷な運命の中にあって労わり合い、愛情にあふれていました。行く前は、さぞ気が滅入る旅になるだろうと覚悟していましたが、感動で胸が詰まる場面も多く、撮影を通して、徐々に私は癒されていったのです。


枯葉剤の写真集を手がけていたフォトジャーナリストの友人などの協力を得て、2007年、『花はどこへいった』は完成しました。世界各地で話題を呼び、数々の国際的な映画賞を受賞し、今現在も世界で上映されております。政治的意図はなく、個人的な理由で始めた映画制作でしたが、その過程で、社会の多くの問題に目を開かされました。被害者が置かれている過酷な状況を世界に伝えたい、という想いも強くなりました。

 

『花はどこへいった』が出来上がって、私の中では何かひとつの区切りがついたように思い、「これからは何か他の事をしようと」考えたのですが、上映や講演を続けるうちに、再三ベトナムの被害者を訪問する機会がありました。そして、まだ、物語は終わっていないということに気づいたのです。

私は枯葉剤の問題をもっと広い脈絡でとらえる必要を感じました。 自分の身近から出た、等身大の問題だったのですが、それをより歴史的、政治的な視点から捉えることによって、より広範囲の観客に訴える作品を作りたかったのです。

枯葉剤について調べている中で、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』が、ケネディー大統領が枯葉剤散布を認めた1961年にほぼ書き上げられていたこと、また大統領が、この本が出版されるやいなや、アメリカでの農薬の使用を危惧し、科学者の委員会を設置したことを知りました。ところが、同時にベトナムでの枯葉剤の散布はどんどん増えていったのです。この符号に私は偶然ではないものを感じ、その理由を突き止めたいと思いました。アメリカでのマーケットを失った農薬製造会社が、アジアでの軍事的使用を思いついたのではないか、と。その証拠は見つかりませんでしたが、調べていくうちに『沈黙の春』と枯葉剤によってもたらされた環境と人間の破壊がまさにレイチェル・カーソンが50年前に予言していたものだと気づきました。

この50年の間に私たちは何を学んだのだろう。50年前の間違いが今このような悲劇を生んでいるということは、今、私たちが気づかずにしていることで50年後の世代に大変な厄災を残すことになることがあるのではないか、ということを訴えたくて『沈黙の春を生きて』という題名にしました。

 

 

坂田監督舞台挨拶B.jpg

ところが映画の完成を間近にした3月11日、あの大震災がおこり、レイチェル・カーソンの警告は、より厳しい形で、今、ここにある、現実となってしまいました。

今、私たちはかつてない試練の時を迎えています。枯葉剤、ダイオキシン、戦争だけでなく、自然,災害、原発と私たちの周りには問題が山積しています。その中で一人一人がどう生きていくのかが、これまでになく問われていると思います。この映画はその中のほんの一部の物語かもしれません。でもそれはより大きな物語に続いていくものだと思います。本日は本当にありがとうございました。

 

---------------------------------------- 

坂田監督舞台挨拶C.jpg

坂田監督は、2011年に、枯葉剤被害を受けたベトナムの子どもたちのための奨学金基金「希望の種」を立ち上げました。枯葉剤被害者を支援するベトナムの非政府組織(NGO)と協力し、経済的な理由で専門教育を受けられない被害児童に、奨学金を支給しようというものです。「必要なのは経済的援助だけではありません。多くの人たちが子どもたちの苦境を知り、助けたいと手を差し伸べてくれていることを彼らが実感するだけでも、大きな力になるのです。援助できる子どもの数はわずかですが、小さな種もいずれ大木に育つと信じています」。

 

★上映期間中(12月9日まで)、劇場ロビーにも募金箱を設置しております。ぜひとも皆さまのご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

「こまつやソウル・キッチン@相生座」開催レポート(20110608)

2011年6月8日(水)に、ご予約いただいた先着30名の皆さまを限定に、”こまつや ソウル・キッチン”を開催いたしました。会場は、普段はあまり開放しない相生座劇場の2階席。1階席に比べると、割と広く伸び伸びとしたスペースでの映画鑑賞になります。 

 フードパーティー開始の20分前より、ドリンクの提供でご協力いただいているサントリーのKさんがアペロールの準備。リキュールにオレンジジュースを注ぎ、人数分ご用意しています。   

アペロール準備.jpg

パーティー準備.jpg

 さすがは、プロのKさん。ちょっぴり緊張しながらも時間近くになると、ものすごい速さでコップにドリンクを注いでおります。

 

事務所で準備.jpg

当館スタッフの尾崎も、この日のために劇場でご好評いただいている「オレンジケーキ」をご用意いたしました。事務所カウンターにて。

 

こまつやさん準備@.jpg

ここは、20時ちょっと前の様子。暗闇の中、料理を運んだこまつやさんは、お料理の最後の仕上げをしています。

こまつやさん準備A.jpg

 

料理並ぶ.jpg

15皿?のお料理がテーブルに並びました!さあこれより、フードパーティーの始まりです!

こまつやオーナーの廣政さん御挨拶.jpg 

劇場マネージャーの田上 挨拶の後、こまつやの廣政さんより、一言いただきました。今回の企画は、お友達のいらっしゃる水戸に、ミニシアター系の映画館がないこと。そして、長野のまちに、当館のような映画館があることは貴重なことで、以前より応援したいという思いをお持ちになっていたこと。また、何か料理関係の映画があればタイアップしてみたかったこと。そして、そのタイミングで「ソウル・キッチン」という作品に出会い、タイアップが実現したとお話くださいました。


田上乾杯.jpg

事前に準備していたアペロールやソフトドリンクを片手に、はじまりはじまり〜。僭越ながら、田上が乾杯の音頭をとらせていただきました。

フードパーティーはじまりまじまり.jpg 

そして、気になるお料理はこんな感じです・・・

お料理@.jpg

お料理Aパスタ.jpg

お料理B.jpg

ポテトや魚のフライ、パスタ、ローズマーリーやにんにくの効いたソーセージなどなど。趣向を凝らした料理ばかりです。もちろん、この映画のレシピ本などありませんので、廣政さんは何十回、何百回とネットの動画を見て研究し、こまつや風にアレンジしてくださったのです。

お料理C.jpg

お料理D.jpg

ドリンクスペース?.jpg

ドリンクは、ビールやワインなども揃ってました。

お料理E.jpg

お料理F.jpg

ドリンク2.jpg

お料理G.jpg

お料理I.jpg

お料理J.jpg

下から@.jpg

飲食中A.jpg

オレンジケーキA.jpg

飲食中@.jpg

会場が劇場のため、一方向を向いて食べるという感じは、客観的に見て不思議な感じがします。このイベントにご参加いただいたみなさまは、お友達やご夫婦、カップル、お一人で参加された方など。語りながら、食べる方もいらっしゃれば、黙々と食に集中される方などさまざまです。でも、この狭い空間でご飲食を楽しみに参加されるいる様子は、しあわせそのものでした。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

「祝の島(ほうりのしま)」纐纈監督初日舞台挨拶のご報告

舞台挨拶.jpg

「祝の島」公開初日、7/16(土)に長野ロキシーにて監督の纐纈(はなぶさ)あやさんによる舞台挨拶が行われました。 この「祝の島」の上映に、各回それぞれ60人ほどの方にお越しいただきました。

瀬戸内海に浮かぶ山口県上関町祝島。人々は海と大地がもたらす豊かな恵みに支えられ、何代にもわたって明るく大らかに暮らしてきた。

この島の対岸に原子力発電所の計画が持ち上がったのは1982年のこと。島民は大切な海を守るために約30年にわたって反対運動を続けている。映画「祝の島」は、島の人々の暮らしを約2年にわたって丹念に追い続けたドキュメンタリー作品。

 舞台挨拶4.jpg                 

絆を結ぶのが人間であれば、壊してしまうのも人間。

この映画は、命のお話し。

「祝島(いわいしま)の生活をみて、原発のあるなしに関わらず、自分たちの暮らし、そして周りとの関係を今一度考えるきっかけになれば、人間がどう命をつないでいくのか、何を大切にしていくのかをきっかけになれば。」と纐纈監督は話されていました。

 

 

 

舞台挨拶2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台挨拶3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台挨拶5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舞台挨拶6.jpg

 

ご覧頂いた方一人一人に、丁寧に真っ直ぐに、向かい合い、笑顔で話されていました。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

「祝の島」は、7月29日までの上映です。一人でも多くの皆さまのお越しをお待ちしております。