10月19日[金]公開『ハナレイ・ベイ』

ハナレイ・ベイ公式サイト

作家・村上春樹の短編集「東京奇譚集」の一編を映画化。これは、<人生で一番大切な人>に会いたくなる希望の物語。

時代に刻まれる名作・話題作を発表し続ける作家、村上春樹。単行本と文庫本あわせ累計70万部を超えるロングセラー『東京奇譚集』の一篇である「ハナレイ・ベイ」は、ファンの間で村上文学史上屈指の名作として語られており、この度待望の実写映画化となる。
シングルマザーのサチは、息子のタカシがハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知らされる。大好きだったサーフィン中に大きなサメに襲われ死んだという。彼女は、彼が命を落としたハナレイ・ベイへ向かい、海辺近くの大きな木の下で読書をして過ごした。毎年、この「行為」は続いた。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある日、サチは2人の若い日本人サーファーと出会う。無邪気にサーフィンを楽しむ2人の若者に、19歳で亡くなった息子の姿を重ねていくサチ。そんな時、2人からある話を耳にする。「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」と…。サチは決意する。もう一度、息子に会うために―。
主人公のサチを演じるのは、主演から脇役まで目覚ましい活躍をみせ、今最も輝く女優の一人である吉田羊。サチの息子タカシには、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。監督は『トイレのピエタ』が批評家から絶賛され、日本映画界の新鋭として期待される松永大司。

 

監督・脚本・編集:松永大司
原作:村上春樹「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類

■PG12

10月20日[土]公開『劇場版 のんのんびより』

劇場版 のんのんびより ばけーしょん公式サイト

TVアニメシリーズ第1期・第2期ともに「にゃんぱすー!」の掛け声で一大旋風を巻き起こした脱力系田舎ライフコメディ「のんのんびより」が待望の劇場アニメ化!

「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでます。ある日、デパートの福引で特賞の沖縄への旅行券を当てた「旭丘分校」の面々。夏休みを利用して、皆で沖縄に行く事になるのですが……。
穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっとして、心があたたかくなる。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常の中の非日常に会いにきてください。

 

キャスト:宮内れんげ、一条蛍、越谷夏海、越谷小鞠、宮内一穂、ほか
監督:川面真也
脚本:吉田玲子

 

■入場者プレゼント

●第1弾
キャラクターデザイン・大塚 舞描きおろしミニ色紙(ランダム全4種)
配布期間:10/20(土)〜10/26(金)

●第2弾
原作・あっとかき描きおろしコミックつきすぺしゃるぶっくれっと(32P)
配布期間:10/27(土)〜11/2(金)

※入場者おひとりにつき1個、先着順にて配布いたします。
※数量限定のため、無くなり次第配布終了。

10月20日[土]公開『判決、ふたつの希望』

判決、ふたつの希望公式サイト

圧倒的な驚きと感動に満ちた前代未聞の法廷劇

クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つレバノン出身ジアド・ドゥエイリ監督最新作。監督の実体験をもとにした、どこの国でも起こりうる“ささいな口論”が国家を揺るがす法廷劇にまで発展していく物語は、本国で爆発的な大ヒットを記録。さらに世界中を感動の渦に巻き込み第74回ベネチア国際映画祭では主演のひとりカメル・エル=バシャがパレスチナ人初の男優賞を受賞。第90回アカデミー賞ではレバノン史上初となる外国語映画賞ノミネートの快挙を成し遂げた。法廷で次々と明かされていく衝撃の真実と主人公たちが背負った紛争や民族、政治、宗教といった複雑で繊細な問題。忌まわしい過去ゆえに対立する者同士は決してわかり合えないのか。歴史の悲劇を教訓として、新たな一歩を踏み出すことはできないのか。万国共通の今そこにある問題を提起しながらも、個人それぞれの尊厳や赦しといった普遍的なテーマを追求したドラマは、観る者の心を深く揺さぶってやまない。
レバノンの首都ベイルート。キリスト教徒のトニーとパレスチナ難民のヤーセルとの間に起きたささいな口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに法廷へと持ち込まれる。両者の弁護士が論戦を繰り広げるなか、この衝突をメディアが大々的に報じたことから事態は国全土を震撼させる騒乱へと発展していく…。

 

★第74回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞★
監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ

10月20日[土]公開『沖縄スパイ戦史』

沖縄スパイ戦史公式サイト

ふたりのジャーナリストが迫った沖縄戦の最も深い闇。明かされる陸軍中野学校の「秘密戦」とは?

第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む20万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。1944年の晩夏、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは…。
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。

 

監督:三上智恵、大矢英代

10月27日[土]公開『止められるか、俺たちを』

止められるか、俺たちを公式サイト
■公開記念関連イベント
★10/27.28 初日・2日目舞台挨拶開催
ゲスト:井上淳一さん(本作脚本)
★11/4(日)『ゆけゆけ二度目の処女』上映&トークショー開催
ゲスト:高間賢治さん(撮影監督)×井上淳一さん(映画監督/本作脚本)

◆劇場リピーター特典:復刻版『女学生ゲリラ』特製ポストカード(数量限定)

1969年、若松プロダクション。こんなにも命懸けで、こんなにもバカで愛おしい時間が、本物の映画を作っていた。

1969年、原宿のセントラルアパートに"若松プロダクション"はあった。当時33歳の若松孝二が作り出すピンク映画は若者たちを熱狂させ、時代の先端を駆け抜けていた。本作は、21歳で"若松プロダクション"の門を叩いた吉積めぐみの目を通して、若松孝二と共に映画、青春、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を描く、青春群像劇!
2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。いまや日本映画界を牽引する俊英・白石和彌監督が、師匠若松孝二が時代と共に駆け抜けた若き日を描きだす。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作『止められるか、俺たちを』は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾となる。主演は、若松プロ初参戦となる門脇麦。日本映画界に欠かせない存在として多くの作品に出演し、白石組には『サニー/32』に続いての参加になる。白石監督がその佇まいから 吉積めぐみ役を熱望し、「健康的な雰囲気と60年代に纏っていそうなアンニュイな雰囲気が同居する不思議な魅力が、青春時代の誰しもが持ち得て感じる蹉跌を表現している」と、絶賛した演技で観る者を魅了する。晩年の若松組常連で、映画・ドラマで唯一無二の存在感で観る者を惹きつける井浦新が若松孝二役を熱演。こんな若松プロ、こんな青春、誰も観たことない!

 

監督:白石和彌
出演:門脇麦、井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐、満島真之介、渋川清彦、音尾琢真/高岡蒼佑/高良健吾/寺島しのぶ/奥田瑛二

■前売券発売中
全国共通鑑賞券:1,500円
特典:オリジナルポストカード
※特典は無くなり次第、終了となります。

10月27日[土]公開『タリーと私の秘密の時間』

タリーと私の秘密の時間公式サイト

かつて夢見た未来とは違う今にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー

「わたし、ひとに頼れないの」―仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきたマーロだが、3人目の子供が生まれて、ついに心が折れてしまう。そんな彼女のもとに、夜だけのベビーシッターがやって来る。彼女の名前はタリー、年上のマーロにタメグチで、ファッションやメイクもイマドキ女子だが、仕事ぶりはパーフェクト。荒れ放題だった家はたちまち片付き、何よりマーロが笑顔と元気を取り戻し、夫のドリューも大満足だ。さらにタリーは、マーロが一人で抱え続けてきた悩みの相談にのり、見事に解決してくれる。だが、タリーは何があっても夜明け前に姿を消し、自分の身の上は決して語らない。果たして彼女は、昼間は何をしているのか?マーロの前に現れた本当の目的とは─?
マーロに扮するのは、『モンスター』でアカデミー賞を獲得したシャーリーズ・セロン。マーロの救世主となる謎だらけのタリーには、『ブレードランナー 2049』で鮮烈なインパクトを残したマッケンジー・デイヴィス。監督は、『JUNO/ジュノ』、『マイレージ、マイライフ』で、アカデミー賞に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン。前作同様、ほろ苦い運命に直面した人々が、光の射す方へと歩き出す姿を描くが、本作ではさらにラストに驚きの仕掛けが用意されている。目の覚めるエンディングに向かって、シンディ・ローパーやヴェルヴェット・アンダーグラウンドなどの大ヒットナンバーも、ドラマティックな展開を予感させる。タリーの謎が解ける時、もうひとつの物語が立ち上がり、観る者の心もケアしてくれる、ミステリアスなヒューマン・ドラマ。  

 

監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス