7月1日公開「武曲 MUKOKU」

武曲 MUKOKU公式サイト

父の教えに背いた男・研吾。死に魅せられた少年・融。美しき男たちが背負った数奇な宿命が交錯する。実力派の精鋭キャストで描く、激しく熱く燃えさかる闘いの物語。

研吾を演じきったのが、綾野剛。まずは身体から役柄に成りきる彼独自のアプローチで2ヵ月の猛特訓を受け、見事に鍛え上げた肉体を作り出し、本格的な剣の技も身に着けた。融には、第90回キネマ旬報ベスト・テンなどの最優秀新人男優賞を受賞、期待値が急上昇中の新鋭・村上虹郎。クライマックス6分間にわたる、台風の決闘シーンは圧巻。豪雨の中、泥まみれになりながら、竹刀1本でリアルにぶった斬り合う迫力のアクションシーンは、間違いなく綾野剛と村上虹郎の名を、日本映画史に刻むだろう。人気・実力を兼ね備えた日本を代表するキャスト・スタッフによって、激しく熱く燃えさかる闘いをスクリーンに焼きつけた、かつてない渾身の一作がここに誕生した。

 

監督:熊切和嘉『私の男』
原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明

7月8日公開「ローマ法王になる日まで」

ローマ法王になる日まで公式サイト

現ローマ法王の知られざる激動の半生を描く感動のヒューマンドラマ。

コンクラーベ(法王選挙)のためにバチカンを訪れたベルゴリオ枢機卿は、運命の日を前に自身の半生を振り返る――。1960年、ブエノスアイレス。大学で化学を学んでいたホルヘ・マリオ・ベルゴリオは、神に仕えることが自分の道と確信し、イエズス会に入会し35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命される。だがこの時期は、ビデラ軍事政権による独裁政治の時代。多くの市民が反勢力の嫌疑で捕らえられ、ベルゴリオの仲間や友人も、次々と命を奪われていく。この苦難の時代こそが、後にローマ法王に選出されるにベルゴリオの信仰の強さや勇気を、より強固なものにしていった。本作は、一人の心優しきアルゼンチンの青年が、史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長となるまでの激動の半生を、事実に基づき再現した実話の映画化である。

 

監督:ダニエーレ・ルケッティ
出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、セルヒオ・エルナンデス、メルセデス・モラーン

7月8日公開「タレンタイム 優しい歌」

タレンタイム 優しい歌公式サイト

アジアの宝物、今は亡きヤスミン・アフマド監督の最高傑作。8年の時を経て"伝説の映画"がついに待望の劇場公開。

2009年7月25日、51歳で亡くなったヤスミン・アフマド。多民族国家マレーシアの現実を映しだしながらも、多様な人々が混在する世界をそのまま肯定し、あらゆる壁を越えていこうとする作風は国際的にも高く評価され、数々の映画賞を受賞。遺作である本作は、完成後8年間、日本各地で自主上映が続けられ、そのたびに満席続出。多くの人が“心のベストワン”と慈しむ映画です。
ある高校で、音楽コンクール“タレンタイム” が開催される。ピアノの上手な女子学生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カーホウは、成績優秀で歌もギターも上手な転校生ハフィズに成績トップの座を奪われ、わだかまりを感じている。マヘシュの叔父に起きる悲劇、ムルーとの交際に強く反対するマヘシュの母、闘病を続けるハフィズの母。マレー系、インド系、中国系…民族や宗教の違いによる葛藤も抱えながら、彼らはいよいよコンクール当日を迎える……。

 

★2009シネマニラ国際映画祭最優秀東南アジア映画賞★
★2009マレーシア・アカデミー賞最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀助演男優賞・最優秀有望新人賞★
監督・脚本:ヤスミン・アフマド
出演:パメラ・チョン、マヘシュ・ジュガル・キショール ほか

7月8日公開「草原の河」

草原の河公式サイト

日本初のチベット人監督による劇場公開作品。

2015年ベルリン国際映画祭を皮切りに、数々の国際映画祭で賞賛された本作。上海国際映画祭では主演の少女を演じるヤンチェン・ラモ(撮影開始時6歳)がアジア新人賞・最優秀女優賞を最年少で受賞した。
海抜3000メートルを超えるチベット高原で半農半牧の暮らしを営む一家を主人公にした本作は、父親へのわだかまりをいまだ捨てきれない男グルと、その幼い娘ヤンチェン・ラモがやがて生まれてくる赤ん坊に対して抱く葛藤とを重ね合わせて描く。普遍的な物語でありながら、チベット人監督ソンタルジャの美しくも峻烈な映像の力が、驚きにも似た感動ではっと心を呼び覚ます。みずみずしい感動に満ちた一作。

 

★上海国際映画祭アジア新人賞・最優秀女優賞★
監督・脚本:ソンタルジャ
出演:ヤンチェン・ラモ、ルンゼン・ドルマ、グル・ツェテン

7月8日公開「セールスマン」

セールスマン公式サイト

本年度アカデミー賞外国語映画賞受賞!世界が待ち望んだイランの名匠アスガー・ファルハディ監督の新たなる傑作。

アスガー・ファルハディ監督と主演女優タラネ・アリドゥスティが、トランプ政権による入国制限命令への抗議のため、アカデミー賞授賞式へのボイコットを表明したことで連日ニュース報道され、世界の注目を集めた『セールスマン』。その渦中、見事外国語映画賞を受賞し、国境や信教を超えて作品が高く評価されたことに世界中が胸を熱くした。今や世界的に最も新作が待ち望まれるフィルムメーカーのひとりアスガー・ファルハディ。『彼女が消えた浜辺』でベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いたのち、『別離』では再びベルリンにて金熊賞と銀熊賞(男優賞、女優賞)の主要3部門を独占し、アカデミー賞の外国語映画賞を受賞。さらにカンヌ国際映画祭に出品された 『ある過去の行方』では、ベレニス・ベジョに女優賞をもたらした。緻密にして繊細な脚本と緊迫感あふれる語り口は、世界中から絶大な支持を獲得している。
教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し、俳優としても活動している仲の良い夫婦。ある日、エマッドの留守中に、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。警察に通報して犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。やがて犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だとわかるが…その行く手に待ち受けていた意外な真実とは―。事件をきっかけにゆるやかに理性をかき乱されていく夫婦の葛藤を軸に、登場人物たちの思惑がスリリングに絡み合う心理サスペンス。

 

★本年度アカデミー賞外国語映画賞受賞★
★第69回カンヌ国際映画祭脚本賞&男優賞W受賞★
監督・脚本:アスガー・ファルハディ
出演:シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ

7月15日公開「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」

ターシャ・テューダー 静かな水の物語公式サイト

アメリカを代表する絵本作家ターシャ・テューダー。花と動物に囲まれたユーモアたっぷりのライフスタイルと心に沁みる言葉の数々を映し出した永久保存版ドキュメンタリー。

アメリカを代表する絵本作家として70年間活躍、子育てを終えた56歳の時にバーモント州の山奥に建てた18世紀風の農家で、自然に寄り添いながら1人暮しを続けたターシャ・テューダー。「アメリカのコテージガーデンの手本」となる美しい庭を作り、世界中の人々を魅了するターシャの魅力を解き明かすドキュメンタリーが映画化。生誕100周年に当たる2015年より、ターシャの生き方や暮らしを紹介する展覧会が日本全国で開催。そのクライマックスとして、10年間に渡り撮影されたライブラリー映像に加え、これまで撮影が許されなかったプライベート映像や現在のテューダー家を捉えた<完全版>が映画となってスクリーンに甦る。

 

監督:松谷光絵
出演:ターシャ・テューダー、セス・テューダー、ウィンズロー・テューダー、エイミー・テューダー ほか

7月15日公開「しゃぼん玉」

しゃぼん玉公式サイト

■初日東伸児監督舞台挨拶決定!
7月15日(土)10:30の回上映後、舞台挨拶

TVシリーズ「相棒」で監督を務めてきた東伸児の劇場初監督作品。原作は、直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』(新潮文庫刊)。親に見捨てられ、通り魔や強盗傷害を繰り返す無軌道な若者が、逃亡先で偶然出会った老婆や村の人々の愛情によって失くした感情を取り戻していく。血の繋がりを越えた絆と、人間の再生を描いた感動傑作。

親に見捨てられ、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマを助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、 伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。そして10年ぶりに村に帰ってきた美知との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。「今まで諦めていた人生をやり直したい」――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。

 

脚本・監督:東伸児
原作:乃南アサ『しゃぼん玉』(新潮文庫刊)
出演:林遣都、藤井美菜、相島一之、綿引勝彦、市原悦子

7月15日公開「20センチュリー・ウーマン」

20センチュリー・ウーマン公式サイト

自身の父親を題材にした前作『人生はビギナーズ』が絶賛されたマイク・ミルズ監督が、今度は自身の母親をテーマに本作を制作、本年度アカデミー賞では初めて脚本賞にノミネートされた。アネット・ベニングを主演に、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグという世代の異なる人気女優が豪華共演。15歳の反抗期の少年と自由奔放なシングルマザーの親子と、2人を助ける個性的な女性たちとの、ひと夏の物語をユーモアを交えて爽やかに描く。
1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシアは、思春期を迎える息子ジェイミーの教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビーと、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人未満の関係、ジェリーに「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いをする。15歳のジェイミーと彼女たちの特別な夏がはじまった。

 

★本年度アカデミー賞脚本賞ノミネート
★第74回ゴールデングローブ賞作品賞・主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)ノミネート
監督・脚本:マイク・ミルズ
出演:アネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグ、ルーカス・ジェイド・ズマン、ビリークラダップ

[PG12]

7月22日公開「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ公式サイト

イタリア発のダークヒーロー・エンタテインメント!

75年に日本で放送開始、79年にイタリアでも放送されて大人気を呼んだ永井豪原作によるアニメ「鋼鉄ジーグ」。本作は、少年時代から日本アニメの大ファンだったガブリエーレ・マイネッティ監督が、40年近く経った今もなお、イタリア人の心の中に深く刻まれるその「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにして生み出した、イタリア映画初の本格的ダークヒーロー・エンタテインメント。
舞台は、テロの脅威に晒される現代のローマ郊外。裏街道を歩く孤独なチンピラ エンツォはふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るために正義に目覚めていくことになる。アレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを、アニメの主人公 司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕う。そんな二人の前に、悪の組織のリーダー ジンガロが立ち塞がる…。

 

★2016年イタリア・アカデミー賞最多16部門ノミネート・最多7部門受賞★
監督・製作・音楽:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア、イレニア・パストレッリ、ルカ・マリネッリステファノ・アンブロジ

[PG12]

7月22日公開「笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ」

笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ公式サイト

日本初の女性報道写真家と伝説のジャーナリスト。女と男。カメラとペン。二人の生き方を見つめた希望のドキュメンタリー映画。

2014年4月。まもなく100歳を迎える二人が対面するシーンから始まる。同じ時代を生きてきた、笹本恒子とむのたけじ。笹本は日本初の女性報道写真家であり、むのは孤高にして伝説のジャーナリストだ。その日、出会いの記念にと笹本が赤いバラを贈ると、むのは「赤いバラが好き。いのちを表す花だ」と目を輝かせて笑った。そしてカメラは、100歳を超えてなお現役で活躍する二人の、いのちの輝きとその秘訣に深く迫っていく。
監督は、NHKのディレクターとしてドキュメンタリー番組「がん宣告」「シルクロード」「チベット死者の書」などで数々の賞を受賞、大ヒット作『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』で知られる河邑厚徳。本作では、むののペンと笹本の写真を交錯させながら、二人の証言を通して激しく揺れ動いた時代の人間ドラマを描きだした。

 

監督・脚本:河邑厚徳
出演:笹本恒子、むのたけじ
語り:谷原章介

7月29日公開「原田要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」

原田要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年公式サイト

■初日舞台挨拶

【前売券発売中】
前売券:1300円(税込)

太平洋戦争中、日本海軍の主力戦闘機「ゼロ戦」に搭乗し、多くの敵機を撃墜した名パイロット原田要。「殺さなければ殺される」―その思いで必死に戦い抜いた。戦後は幼児教育に情熱を注いだ一方、自らの戦争体験を後世に伝えることを使命とし、平和や命の尊さを訴えつづけた。波乱に満ちた原田要の生涯を通して、あの戦争とは、あの時代とは何だったのかを改めて問い直す。

 

監督:宮尾哲雄
語り:檀ふみ

7月29日公開「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ公式サイト

【前売券発売中】
全国共通特別鑑賞券:1400円(税込)
特典:オリジナルコルクコースター(数量限定)

[主演]マイケル・キートン×[監督]ジョン・リー・ハンコック
誰もが知っている“マクドナルド”の誰も知らない誕生のウラが暴かれる!野心と胃袋を刺激する実話。

世界最強のハンバーガー帝国を創った男、レイ・クロック。現マクドナルド・コーポレーションを設立し、マクドナルドのフランチャイズを展開して、世界最大のファーストフードチェーンを作り上げた立志伝中の人物として、多くの起業家たちからリスペクトされ、絶大な影響を与え続けている。そんなレイが成功の足がかりをつかんだのは、52歳のときだった。ずっと成功を夢見て諦めきれずにいたレイが、どのようにして50代で成功の階段を上り始め、10億ドル規模の巨大企業を築き上げることを可能にしていったのか?今、誰もが知っているマクドナルドの、誰も知らない誕生のウラが暴かれる―。

 

監督:ジョン・リー・ハンコック『しあわせの隠れ場所』『ウォルト・ディズニーの約束』
出演:マイケル・キートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン、パトリック・ウィルソン、B・J・ノヴァク、リンダ・カーデリーニ