12月15日[土]公開『ガンジスに還る』

ガンジスに還る公式サイト

インドの聖地「バラナシ」を舞台に、死期を悟った父と、それを見守る家族の旅路。

ある日、不思議な夢を見て自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地「バラナシ」へ行くと家族に宣言する。家族の大反対もよそに、決意を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。施設の仲間と打ち解けながら、残された時間を有意義に過ごそうとするダヤ。はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は次第に父子の関係をゆっくりとほぐしていく。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのか?旅立つ者、見送る者の両方の感情の機微を丁寧に捉え、家族の強い結びつきを映し出した本作。幸福な最期の迎え方とは?家族はどう受け止め看取るのか?誰にでも訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味溢れるタッチで描いた心温まる珠玉の感動作。
ワールドプレミア上映を行ったヴェネチア国際映画祭では、上映後に10分間のスタンディングオべーションが鳴り響いた。さらに、映画評論サイト「ロッテン・トマト」では満足度100%の最高点を打ち出した。主演は『マダム・イン・ニューヨーク』『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』などに出演の、インドを代表する名優 アディル・フセイン。生真面目だが家族思いの息子ラジーヴを繊細に演じている。監督・脚本は弱冠27歳の新鋭監督シュバシシュ・ブティアニ。監督自ら、バラナシに現存する「解脱の家」やそこを訪れた人たちに取材を重ね、物語の骨格が出来上がっていった。

★2016年ヴェネチア国際映画祭ビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フルキニューニ賞★
監督・脚本:シュバシシュ・ブティアニ
出演:アディル・フセイン、ラリット・ベヘル、ギータンジャリ・クルカルニ、パロミ・ゴーシュ
インド/99分

12月15日[土]公開『マイ・プレシャス・リスト』

マイ・プレシャス・リスト公式サイト

『マイ・インターン』プロデューサーが全ての女性に贈る感動作!!

世界中の女性を幸せに導いた映画『マイ・インターン』のプロデューサーが次のヒロインに選んだのは、天才だけどコミュニケーション能力がない屈折女子キャリー。セラビストから渡されたリストに書かれた6つの課題を実行していくことで心の成長を遂げていく、心温まる感動作がまたひとつ誕生した。キャリーを演じるのは、イギリスの新星ベル・パウリー。主演作『ミニー・ゲッツの秘密』がサンダンス映画祭やベルリン国際映画祭で高い評価を受け、自身もゴッサム賞に輝くなど、今最も有望な若手として注目されている女優が、本作でも愛らしい魅力を発揮している。人生迷いっぱなしのキャリーがリストにチャレンジしていく姿は、観る人に”一歩踏み出す勇気”をくれるはず。
ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリーはIQ185、ハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている【コミュ力】ゼロの屈折女子。話し相手はセラピストのペトロフだけ。ある日彼はキャリーにリストを渡し、そこに書かれた6つの課題をクリアするように告げる。半信半疑ながらも、まずは金魚を2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し…と1つずつ項目を実行していくキャリー。そして、人と関わり打ち解けたり傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく。

監督:スーザン・ジョンソン
出演:ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン
アメリカ/98分/PG12

12月15日[土]公開『SOUNDS LIKE SHIT: the story of Hi-STANDARD』

公式サイト

【1週間限定上映:12月15日(土)〜21日(金)】

特別料金:一律2000円 (各種割引・招待券など利用不可)】

今なお進化を続ける日本を代表するパンクバンドHi-STANDARDの栄光と挫折、そして誰もが予想しなかった再始動の裏側に迫ったドキュメンタリー映画

1999年に発表したアルバムが全世界で100万枚以上の売上を記録するなど、当時の若者を中心に多大な影響を与えたパンクバンドHi-STANDARD。パンクカルチャーの先頭に立ってシーンを牽引し、絶大なる人気を誇っていた彼らは2000年、理由を一切公表することなく、突然その活動を止めた。まるで事実かのように吹聴される噂、次第に明らかになるメンバー間の確執…。様々な言葉が一人歩きするなか、ずっと胸に秘めていた想いが3人にはあった。時は流れ、2011年に奇跡の再始動を遂げたのをきっかけに、Hi-STANDARDは2017年、自身初のアリーナツアーを成功させた。そして今、かつて伝説と呼ばれた3人が自身の絶頂とドン底について、圧倒的な演奏シーンやほぼ全編が初公開となる貴重な映像群とともに赤裸々に語る。なぜ我々はHi-STANDARDに青春を捧げたのか、なぜあの3人は今なお輝き続けるのか、その答えはこの作品の中にある。

監督:梅田航
出演:難波章浩、横山健、恒岡章
日本/117分

12月22日[土]公開『斬、』

斬、公式サイト

太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。世界中に熱狂的なファンを持つ塚本晋也が挑む初の時代劇。

『鉄男』『六月の蛇』『KOTOKO』など、海外からも高い評価を受ける塚本晋也。戦争の恐怖をあぶり出した『野火』を経て、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだ。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナルで、その唯一無二の世界館を爆発させた。武士としての本分を果たしたいと思いながらも、刀を抜くことに悩む苦しむ侍を、渾身の力で演じたのは池松壮亮。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』や、『万引き家族』など話題作への出演が続いている。農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』や山田洋次監督作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる娘を凛とした美しさで体現している。共に本作で初めて敬愛する塚本作品への参加を果たした池松と蒼井の演技合戦は圧巻だ。
250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進は、隣人のゆうやその弟・市助たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者たちが村に流れてくる…。

監督・脚本・撮影・編集・製作:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
日本/80分/PG12

12月22日[土]公開『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛公式サイト

17世紀のオランダ絵画から生まれた、ミステリアスな愛と人生の物語。

「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という原作者の思いから生まれたベストセラー小説を『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック監督と『恋に落ちたシェイクスピア』でアカデミー賞を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化。ソフィアを演じたアリシア・ヴィキャンデルは「真珠飾りの少女」をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた女性を体現している。若く美しい画家のヤンには『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。そのほかクリストフ・ヴァルツ、ジュディ・デンチなどのオスカー俳優たちが名優の称号にふさわしい演技で観る者を物語へと引き込む。
17
世紀オランダ。人々は、投資や収集に熱をあげており、なかでも絵画とチューリップが2大ブームだった。希少な品種の球根一個が邸宅一軒分に値したといわれる世界最古のバブル経済「チューリップバブル」がピークを迎えていた。親子のように年の離れた、裕福なコルネリスと結婚したソフィア。二人の間に燃えるような愛はなかったが、孤児となり修道院で育った彼女にとって、それは初めて味わう豊かで安定した暮らしだった。夫は優しく特に不満もなかったが、彼が切望する跡継ぎができないことが、唯一の悩みだった。そんな中、夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアが、恋におちるのに時間はかからなかった。若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、ある計画を思いつく。しかし、ヤンが二人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、運命が狂いはじめる。

監督:ジャスティン・チャドウィック
原作:デボラ・モガー(「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」「プライドと偏見」)
出演:アリシア・ヴィキャンデル、デイン・デハーン、ジュディ・デンチ、クリストフ・ヴァルツ
アメリカ・イギリス/105分/R15+

12月22日[土]公開『バーフバリ 伝説誕生 <完全版>』

バーフバリ 伝説誕生 <完全版>公式サイト

「バーフバリ」伝説はここから始まった!完全版ついに公開!

壮大なスケールで描かれる伝説の戦士バーフバリの愛と復讐の物語「バーフバリ」2部作の前編「伝説誕生」の完全版【オリジナル・テルグ語版】。2017年に上映されたインターナショナル版に、ミュージカルシーン「マノハリ」などのシーンが追加され、上映時間は21分長い159分になる。

監督・脚本:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、タマンナー、ラムヤ・クリシュナ
インド/159分/R15+

12月29日[土]公開『ファイティン!』

ファイティン!公式サイト

韓国のマッチョスター マ・ドンソク最強の主演映画降臨!50センチの上腕筋パワーが放つ感動の「絆」の物語。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』で注目され、『犯罪都市』では主演を演じるなど、個性的かつマッチョな風貌で人気上昇中のマ・ドンソク。彼がシルベスター・スタローン主演の『オーバー・ザ・トップ』以来、本格的アームレスリング映画の主演を演じた感動の腕相撲アクション・ドラマが『ファイティン!』である。本年5月に韓国で公開されるや、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に次ぎ初登場第二位でスタートし、動員100万人を記録。腕周り50cmの上腕筋パワーの闘いだけでなく、存在を知らなかった妹とその子供たちとの交流が「絆」となって、クライマックスに大きな感動を呼ぶ作品になっている。
子供の頃にアメリカへ養子に出されたものの、孤独な人生を送って来たマークは、1度はアームレスリングのチャンピオンを目指していた。だが、八百長疑惑をかけられて除名され、今はクラブの用心棒をしている。ある日、自称スポーツエージェントのジンギが現れ、口車に乗せられたマークは韓国に戻って再びアームレスリングの世界に身を委ねて行く。実母のことを知りたくなったマークが住む家を訪ねると、そこには初めて存在を知った妹スジンとその子供たちが住んでいた。一方、ジンギはサラ金とスポーツ賭博を営むチャンス社長にスポンサーを頼もうとするが、彼の条件はマークが八百長できるかどうかだった…。

監督・脚本:キム・ヨンワン
出演:マ・ドンソク、クォン・ユル、ハン・イェリ、チェ・スンフン、オク・イェリン、カン・シニョ、ヤン・ヒョンミン、イ・ギュホ
韓国/108分

12月29日[土]公開『家へ帰ろう』

家へ帰ろう公式サイト

世界中から大絶賛!観客賞総ナメの感動作!

アルゼンチンに住む88歳の仕立屋アブラハムは、施設に入れようとしている家族から逃れ、ポーランドへと向かうための旅に出る。目的は、70年前にホロコーストから命を救ってくれた親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すこと。飛行機で隣り合わせた青年、マドリッドのホテルの女主人。パリからドイツを通らずポーランドへ列車で訪れることができないか、と四苦八苦していたアブラハムを助けるドイツ人の歴史学者など、旅の途中で出会う人たちは、アブラハムの力になろうと自然体で受け入れ、手助けをする。たどり着いた場所は、70年前と同じ佇まいをしていた。アブラハムの人生最後の旅に人と人が繋ぐ“奇跡”が訪れようとしていた。
本作は、アトランタ、マイアミ、プンタデルエステ、SKIPシティ国際Dシネマなど、日本を含む世界各国の国際映画祭で観客賞を受賞。監督・脚本を手掛けたパブロ・ソラルスは本作が長編映画の監督2本目で、自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得、自身のアイデンティティーを確認するために避けて通れないテーマを感動のロードムービーとして結実させた。

監督・脚本:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ポラズ、ユリア・ベアホルト、マルティン・ピロヤンスキー
スペイン・アルゼンチン/93分