5月25日[土]公開『山猫 4K修復版』

山猫 4K修復版公式サイト

第16回(1963年)カンヌ国際映画祭で最高賞に輝いた、イタリアの至宝ルキーノ・ヴィスコンティの不朽の名作

イタリア王国誕生の夜明け、ヴィスコンティの分身とも言える、シチリアを統治するサリーナ侯爵の滅びゆく美学を描いた一大巨編。先ごろ引退を宣言したアラン・ドロンをはじめ、バート・ランカスター、クラウディア・カルディナーレなど豪華キャストに加え、撮影に36日間をかけたといわれる大舞踏会シーンなど、伝説のエピソードに彩られた映像の世界遺産とも呼べる作品。
1860年、イタリアは近代国家に統一される歴史的変革のときを迎えていた。山猫の紋章でしられるシチリアの名門貴族サリーナ公爵にもその波は押し寄せていた。貴族社会が終わりを告げる日が目前に迫りながらも公爵の優雅さは何ら変わることはなかった。一方、公爵が息子たちよりも目をかけている甥のタンクレディは革命軍に参加、時代の変化に機敏に適応。さらに新興ブルジョワジーの絶世の美女アンジェリカと出会い、身分違いでありながらも公爵の計らいで婚約へとこぎつける。そして、2人の婚約が発表され、またアンジェリカの社交界デビューとなる舞踏会、公爵は彼女の誘いでワルツを踊る。この流麗なダンスこそが新しい時代の幕開けを告げるものであり、サリーナ公爵のひとつの役目が終わったときでもあった…。

監督:ルキーノ・ヴィスコティ
出演:バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ、ほか
1963年/イタリア・フランス/186分

■鑑賞料金
特別興行につき、1800円均一

5月25日[土]公開『ともしび』

ともしび公式サイト

第74回ヴェネチア国際映画祭主演女優賞(シャーロット・ランプリング)受賞!ひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマ。

ベルギーのある小さな都市。アンナとその夫は、慎ましやかに過ごしていたが、夫が犯したある罪により、その生活はわずかに歯車が狂い始める。やがてそれは見て見ぬふりが出来ないほどに、大きな狂いを生じていくのだった…。
本作は第74回ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞したシャーロット・ランプリングの最新作である。今やランプリングは、ヨーロッパ映画のみならずハリウッドの大作にも出演し、数多の欧米のスターたちからも最大級のリスペクトを受けている稀有な存在だ。とりわけ、失踪した夫の幻影に憑りつかれた人妻を演じた『まぼろし』が一大転機となり、本格派女優としての新境地を拓いたことは記憶に新しい。近年では、『さざなみ』や『ベロニカとの記憶』などの作品で、老境にさしかかった女性の陰影深い心象風景を見事に表現し、その唯一無二な存在感は圧倒的である。
『ともしび』は、老境に入って、ささやかで平穏な日常、家族との結びつきを根こそぎ奪い取られてしまったヒロインが、絶望の淵から生還し、ふたたび“生きなおす”決意を遂げる感動的なドラマである。そこには、40代で鬱病に苛まれ、さらには精神疾患で姉を喪い、二度目の夫とは彼の不倫が原因で離婚するなど、私生活において決して平坦ではなかったシャーロット・ランプリングという大女優の実人生が色濃く反映されているのは間違いなかろう。

★第74回ヴェネチア国際映画祭主演女優賞(シャーロット・ランプリング)★
監督・脚本:アンドレア・パラオロ
出演:シャーロット・ランプリング、アンドレ・ウィルム
フランス・イタリア・ベルギー/93分

5月25日[土]公開『おっさんのケーフェイ』

おっさんのケーフェイ公式サイト

プロレス×映画のタッグマッチ70分一本勝負いよいよ開幕!

プロレスを通して、嘘と本当が混ざり合う瞬間を描いた『おっさんのケーフェイ』。監督は虚実入り混じるフェイクドキュメンタリー『あの娘はサブカルチャーが好き』の谷口恒平で、本作が長編第1作目となる。主演は、『ローリング』『菊とギロチン』など日本映画に欠かせない存在となった川瀬陽太。第13回CO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の助成企画に選ばれ、大阪を拠点に活動する道頓堀プロレスの全面協力を得て完成した。国内外の映画祭で、観客がおっさんと子供の姿に笑い、涙し、拍手を送った熱血エンターテイメントがついに劇場公開!
将来の夢が見つからない小学生のヒロト。ある日、覆面レスラー“ダイナマイトウルフ”のプロレスを観て、初めて夢中になれるものを見つける。河川敷で一人プロレス特訓をする“謎のおっさん”坂田がウルフのマスクを持っていることを知ったヒロトは、坂田からプロレスを教わることに。プロレスに魅了されていくヒロトであったが、友人から「やられるって分かっててなんでロープで跳ね返るん?」と問われ、言い返すことができない。そんな中、ダイナマイトウルフ政界進出のニュースが町を駆け巡る。プロレスに真実はあるのか?そして、坂田の正体は?

監督:谷口恒平
出演:川瀬陽太、松田優佑、赤城、小林陽翔、埜田進、神保舜莉紋、松浦祐也、山下りな、冨宅飛駈、空牙、スペル・デルフィン
日本/71分

 

■初日舞台挨拶開催
谷口恒平監督による初日舞台挨拶開催決定!

【日時】
5月25日(土)
上映13:10より
※上映後、舞台挨拶

【ゲスト】
谷口恒平監督

【鑑賞料金】
通常料金
※各種割引・会員サービス利用可