7月20日[土]公開『神と共に 第二章:因と縁』

神と共に 第二章:因と縁公式サイト

第一章で語られなかった全ての謎が解き明かされる。知られざる地獄をめぐる、ファンタジー・アクション!

『神と共に 第一章:罪と罰』の興奮と感動に満ちたラスト・シーンのその後を描く『神と共に 第二章:因と縁』は、3人の使者が身を投じる新たな冒険の物語。前作では奇想に富んだビジュアルの7つの地獄と、最新VFXを駆使したファンタジー&アクションが観る者を夢中にさせたが、今回はその趣向を受け継ぎつつ、このうえなく予測不可能にしてドラマチックなストーリーが重層的に展開していく。抜群のチームワークで3人の使者を演じるハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギに加え、キム・ドンウク、EXOのD.O.ことド・ギョンス、イ・ジョンジェといった主要キャストが前作に続いて出演。そして『新感染 ファイナル・エクスプレス』で人情味あふれる愛妻家の中年男サンファを演じ、日本でも多くのファンを獲得したマ・ドンソクが新たに参戦するのも見逃せない。
1000年間で48人を転生させた3人の使者は、あとひとり生まれ変わらせれば、彼ら自身も新しい生を得ることができる。冥界の使者カンニムがすべてを懸けて新たに弁護を務めるのは、消防士ジャホンの弟スホン。兵役中の誤射で命を落とし、怨霊となったスホンの“無念の死”を証明するのが彼のミッションだ。しかしスホンを連れて地獄めぐりを繰り広げるカンニム、閻魔大王の命を受けて下界に降りたヘウォンメクとドクチュンの行く手には、謎に包まれた彼らの“前世”が立ちはだかる。3人の使者を結びつけた1000年前の“因縁”それは、想像を絶するほど衝撃的なものだった。はたして3人はあまりにも残酷なその宿命を乗り越えられるのか―。

監督:キム・ヨンファ
出演:ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、マ・ドンソク、キム・ドンウク、イ・ジョンジェ、D.O.(EXO)
韓国/141分

■前売券発売中■
●神と共に 第二章:因と縁
ムビチケカード 1400円
特典:地獄クリアファイル

7月20日[土]公開『マルリナの明日』

マルリナの明日公式サイト

インドネシアの荒野から放つ超痛快“ナシゴレン・ウェスタン”!

インドネシアの若き女性監督が、この上ない映画愛をあふれさせながら、前代未聞の雰囲気を全編にまとわせ、全く新しい〈闘うヒロイン〉を生み出した!インドネシアの流儀で貫かれた、ひとりの女性の闘いの物語は、さりげないユーモアも織り交ぜた会心の娯楽活劇として、カンヌをはじめ世界各国の映画祭で賞賛の嵐!まさに、異色の傑作エンタテイメントともいうべき、インドネシア流西部劇=“ナシゴレン・ウェスタン”!
夫と子どもを亡くし、荒野の一軒家で暮らす天涯孤独のマルリナ。突然、彼女のすべてを奪おうとする7人の強盗団に襲われた。暴行を受けながらも、次々と強盗団を倒し、首領マルクスの首を刎ねて窮地から脱出。自らの正当防衛を証明するため、たった一人で、警察署へと向かう。だが、強盗団の残党達はマルクスの復讐を誓って、彼女の跡を追い始めていた…。

監督:モーリー・スリヤ
出演:マーシャ・ティモシー
インドネシア・フランス・マレーシア・タイ合作/95分

7月20日[土]公開『氷上の王、ジョン・カリー』

氷上の王、ジョン・カリー公式サイト

「スケート界のヌレエフ」と評された美しき金メダリストの栄光と孤独

アイススケートをメジャースポーツへと押し上げ、さらに芸術の領域にまで昇華させた伝説の英国人スケーター、ジョン・カリー。彼はバレエのメソッドを取り入れた演技で、1976年インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得する。しかし、マスコミが真っ先に伝えたのは、表に出るはずのなかった彼のセクシュアリティだった。同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることが公表されたメダリストの存在は、世界中を驚かせ論争を巻き起こす。しかし、彼は華麗な滑りで多くの人を魅了し続け、現在の日本人スケーターにも影響を与えている。映画はアスリートとしてのカリーだけでなく、栄光の裏にあった深い孤独、自ら立ち上げたカンパニーでの新たな挑戦、そして彼を蝕んでゆく病魔AIDSとの闘いを、貴重なパフォーマンス映像と、本人、家族や友人、スケート関係者へのインタビューで明らかにしていく。新たに発掘された、ホームビデオで撮影された彼の最高傑作『ムーンスケート』について監督のジェイムス・エルスキンは「どんなスケートより美しく心を打たれた。これをみて感動を覚えない人はいないだろう」と語っている。これは、時代に翻弄され不当な扱いを受けながらも、屈することなく高みを目指し、人を遠ざけながらも愛に飢え、滑り、踊り続けた男の物語。

監督:ジェイムス・エルスキン
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ
イギリス/89分/ドキュメンタリー

7月27日[土]公開『山懐に抱かれて』

山懐に抱かれて公式サイト

美しくも厳しい岩手の自然を背景に、酪農大家族の24年を綴った長編ドキュメンタリー。

岩手県下閉伊郡田野畑村に暮らす、5男2女・9人の酪農大家族。一家が営むのは、一年を通して山に牛を完全放牧し、大地に生えるシバと自前で栽培する牧草だけを餌に牛を育てる“山地酪農”。自然の営みのなかから生み出される、その理想の酪農の実現を胸に、大学卒業後この地に移住した父・公雄は、山を切り開き、シバを植え、牧場を育ててきました。プレハブの家でのランプ生活が続くなか授かった7人の子どもたちは、父の背中を追うように牧場を元気にかけまわり、手伝いをし、すくすくと育っていきます。夏には冬のための草を刈り、秋にはヤマナシの木に登ってその実をオヤツに、冬にはみんなで薪を拾い、春には仔牛が生まれる…四季の風景に彩られ、休むことのない牧場の暮らし。一方、自然とともに歩む“山地酪農”ゆえの課題は、次々と一家の暮らしの前に立ちはだかります。限りある乳量、広さに応じて決まっている牛の頭数、販売価格の調整…ジレンマと闘いながら試行錯誤を繰り返す日々は続きます。みんなで囲む楽しい食卓、周囲の支え、成長した子どもたちと頑なな父との衝突と葛藤、そして仲間とともに踏み出したプライベートブランド《田野畑山地酪農牛乳》設立への挑戦、第二牧場への夢―。山懐に抱かれて、365日24時間“いのち”と向き合いながら、愛情いっぱいに育まれるその営みを大切に綴りました。
24年もの年月を丹念に追ったのは、ながきにわたり地域に根ざした放送を続けてきた地元“テレビ岩手”。これまで、県内および日本テレビ系列『NNNドキュメント』で放送を重ね、数々の賞を受賞してきたこの人気TVドキュメンタリーシリーズを、開局50周年を記念して映画化・公開することに決めました。

監督・プロデューサー:遠藤隆
ナレーション:室井滋
日本/103分/ドキュメンタリー

7月27日[土]公開『アメリカン・アニマルズ』

アメリカン・アニマルズ公式サイト

ケンタッキー州の大学図書館に眠る時価12億円を超えるヴィンテージ本を狙った事件。まさかの実話。ホンモノの犯人たちが劇中に登場する新時代のリアル・クライム・エンタテインメント。

2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学の図書館で窃盗事件が起こった。標的は図書館に貯蔵された時価1200万ドルの価値があるジョン・ジェームズ・オーデュボンの画集「アメリカの鳥類」。なんと犯人は大学生4人組だった。何一つ不自由のないはずの中流階級出身の彼らは何故犯罪に手を染めたのか?何が彼らを突き動かしたのか?アメリカ犯罪史上最も大胆不敵なこの強盗事件の結末は―。
衝撃の実話の映画化を手掛けたのは、ドキュメンタリー映画『The Imposter』で英国アカデミー賞最優秀デビュー賞を受賞し、長編ドラマとしては本作が初監督作品となるバート・レイトン。事件を起こした本人たちを劇中に登場させ、ドキュメンタリーとドラマのハイブリットにスタイリッシュな映像、音楽を盛りこみ、センセーショナルな作品を誕生させた。そして、このかつてない物語に挑むのは今大注目の実力派若手俳優たち。『X-MEN』で一躍有名になったエヴァン・ピーターズ。『ダンケルク』『聖なる鹿殺し』で唯一無二の存在感を見せつけたバリー・コーガン。そして『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』のブレイク・ジェナーに、Netflix のシリーズ『トラベラーズ』のジャレッド・アブラハムソン。登場人物たちの不安定な心とアドレナリンに満ちた姿を演じる。

監督・脚本:バート・レイトン
出演:エヴァン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、ジャレッド・アブラハムソン
アメリカ・イギリス/116分

7月27日[土]公開『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

シシリアン・ゴースト・ストーリー公式サイト

1993年、シチリアで実際に起きた誘拐事件から紡いだ少年少女の美しくも切ない幻想的なラブストーリー

シチリアの小さな村にある森のはずれで、13歳の少年ジュゼッペが突然、姿を消した。思いを寄せていた同級生のルナは、謎だらけの失踪を受け入れられず、なぜか周囲の大人たちが口をつぐむなか、懸命に彼の行方と失踪事件の真相を追う。そして、不思議な湖にある入り口から、彼を飲み込んでしまった闇の世界へと下ってゆく。彼女をこの世界に戻せるのは、二人の不滅の愛だけ―。美しいシチリアの自然の風景とともに描かれる、人間の残酷さ、純粋な心の強さ。1993年にシチリアで起きた凄惨な事件が紡ぐ、美しくも切ない幻想的な恋物語が誕生した。
2017年カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出され、イタリア・アカデミー賞脚色賞をはじめ、イタリアの主要映画賞を多数受賞。批評家の評価も高く、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは94%の大絶賛!監督・脚本は、デビュー作『狼は暗闇の天使』が2013年カンヌ国際映画祭批評家週間でグランプリに輝いたファビオ・グラッサドニアとアントニオ・ピアッツァのコンビが務める。また、撮影を『グレートビューティー/追憶のローマ』のルカ・ビガッツィが担当し、シチリアの光と闇を驚異的で豊かな映像で映し出し、魔法にかけられたような幻想的な世界へと観客を誘う。

監督・脚本:ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ
出演:ユリア・イェドリコヴスカ、ガエターノ・フェルナンデス、ヴィンチェンツォ・アマート、サビーネ・ティモテオ
イタリア・フランス・スイス/123分/R15+

7月27日[土]公開『パドマーワト 女神の誕生』

パドマーワト公式サイト

16世紀に生み出されたインド古来の伝記“パドマーワト”に描かれた愛と誇りの物語が、500年の時を超えて、インド映画史上最大級の製作費を費やした究極の映像美で蘇る!

13世紀末、西インドの小国、メーワール王国の妃となった絶世の美女、パドマーワティを巡り、夫である国王ラタン・シンの誇りを重んじる高潔さと、北インド一帯を席巻する強大な軍事力で、全てを手中にする事に執念を燃やすイスラム教国の王、アラーウッディーンの野望が火花を散らす。天下に轟くその美貌が巻き起こした一国の存亡の危機に、聡明なパドマーワティの下した決断とは?
一国の運命を変えるほどの美貌と、聡明な決断力で、やがて神格化されていくパドマーワティに、「トリプルX:再起動」でハリウッド進出も果たした、インド映画界で最も高額な出演料が噂されるトップ女優、ディーピカー・パードゥコーン。溢れる野心と凶暴性の中に、頂点に立つ王の孤独も垣間見せるアラーウッディーンにランヴィール・シン。一族の誇りを重んじ、いかなる窮地にも高潔さを失わないラージプート族の王、ラタン・シンにシャーヒド・カプール。ボリウッドのいまを代表する3人のスターが、それぞれの信念が交差する神話を思わせる重厚な演技合戦を繰り広げる。監督に、日本でも公開された「ミモラ -心のままに-」など、美しい映像が高い評価を受ける巨匠、サンジャイ・リーラ・バンサーリー。インド映画史上最大級の製作費33億円を費やし、壮麗な宮廷、絢爛豪華な衣装、大軍勢によるスペクタクルな合戦など、細部まで計算し尽くされた映像美で描く、めくるめく歴史絵巻。インド映画史を塗り替えた映像体験が、遂に日本にやってくる!

監督:サンジャイ・リーラ・バンサーリー
出演:ディーピカー・パードゥコーン、ランヴィール・シン、シャーヒド・カプール、アディティ・ラーオ・ハイダリー
インド/164分