12月14日[土]公開〜映画で旅する自然派ワイン〜『ワイン・コーリング』

映画で旅する自然派ワイン公式サイト

〜映画で旅する自然派ワイン〜
世界を席巻する自然派ワインブーム。それは一過性の流行りではなく体と地球に優しい未来を作るために、今、時代が求めるもの。「映画で旅する自然派ワイン」では、オーガニック大国フランスと、ワインの起源の地・ジョージアから、有機栽培のブドウを使い、添加物を極力使用せずにワインを造る生産者たちの真摯な取り組みと、自然と共に生きるライフスタイルを追った2本の映画をお届け。

 

『ワイン・コーリング』
フランスのワイン界に革命を起こす!注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー。
監督:ブリュノ・ソバール
2018/フランス/90分/ドキュメンタリー

【1週間限定上映:12/14(土)〜12/20(金)】

12月14日[土]公開『第三夫人と髪飾り』

第三夫人と髪飾り公式サイト

スパイク・リー、トラン・アン・ユンなど世界の巨匠が才能を絶賛する新鋭アッシュ・メイフェア監督。タブーに斬り込み、物議と絶賛入り乱れた衝撃のデビュー作。
運命に翻弄された出会いと別れ。東洋の美を湛えるベトナムの秘境に語り継がれてきたある一族のファミリーヒストリー。

監督:アッシュ・メイフェア
出演:トラン・ヌー・イエン・ケー、グエン・フオン・チャー・ミー、マイ・トゥー・フオン
2018/ベトナム/93分/R15+

12月14日[土]公開『宮本から君へ』

宮本から君へ公式サイト

世代を超えて読み継がれる新井英樹の人気漫画を、池松壮亮主演で実写映画化。金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない。熱血営業マン・宮本浩が“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた“極限の人間讃歌エンターテイメント。そして、極限の人間賛歌は、極限の愛の物語へ昇華する――

監督:真利子哲也
原作:新井英樹「宮本から君へ」(百万年書房/太田出版刊)
出演:池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、柄本時生、星田英利、古舘寛治、佐藤二朗、ピエール瀧、松山ケンイチ
2019/日本/129分/R15+

12月14日[土]公開『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』

ロング・ウェイ・ノース公式サイト

シンプルな画風の持つ大胆な表現力――
アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞、TAAF(東京アニメアワードフェスティバル)2016グランプリを受賞!世界27ヵ国目にして待望の日本公開!19世紀ロシア。大好きな祖父が北極探検の途中消息を絶ったことを悩む14歳の少女サーシャ。 地に堕ちた祖父の汚名を晴らすべく一歩を踏み出した少女の行く先には――。

監督:レミ・シャイエ
2015/フランス・デンマーク/81分

■前売券発売中
全国共通鑑賞券1500円
特典:仏版ビジュアル クリアファイル

12月14日[土]公開『ボーダー 二つの世界』

ボーダー 二つの世界公式サイト

第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞!『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者が贈る、切なくも美しい究極の北欧ミステリー。人並外れた嗅覚を持ちながらも醜い容貌のせいで孤独を強いられるティーナが、ある男との出会いにより、人生を変えるような事件に巻き込まれていく。

監督・脚本:アリ・アッバシ
原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『ぼくのエリ 200歳の少女』
出演:エヴァ・メランデル、エーロ・ミロノフ、ほか
2018/スウェーデン・デンマーク/110分/R18+

12月21日[土]公開『ガリーボーイ』

ガリーボーイ公式サイト

路地裏から世界へ。ラップと出会いスラムから抜け出した青年。驚きの実話。インド最大のスラム街ダラヴィに住むムラドは、ラップと出会い人生が一変、ラップバトルで優勝を目指す!その道のりで、親との衝突、友や恋人との絆を通して成長していく。

監督:ゾーヤー・アクタル『慕情のアンソロジー』
出演:ランヴィール・シン『パドマーワト 女神の誕生』、アーリアー・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
2019/インド/154分

12月21日[土]公開『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト公式サイト

世紀の巨篇【オリジナル版】日本初公開!『荒野の用心棒』(1964)『夕陽のガンマン』(1965)『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)で3年連続イタリア年間興収NO.1を記録し、全世界にイタリア製西部劇ブームを巻き起こした巨匠セルジオ・レオーネが、アクションの面白さを極め尽くした前3部作とは大きく方向性を変え、自らの作家性を前面に打ち出した野心作。日本初公開から50年、レオーネ生誕90年、没後30年、遂に2時間45分オリジナル版が日本初公開される。

監督・原案・脚本:セルジオ・レオーネ
原案:ベルナルド・ベルトルッチ、ダリオ・アルジェント
出演:クラウディア・カルディナーレ、ヘンリー・フォンダ、ジェイソン・ロバーズ、チャールズ・ブロンソン、ガブリエレ・フェルゼッティ
1968年/イタリア・アメリカ/165分/初公開時邦題:『ウエスタン』

12月21日[土]公開『永遠の門 ゴッホの見た未来』

永遠の門 ゴッホの見た未来公式サイト

自身も画家でもある『潜水服は蝶の夢を見る』のジュリアン・シュナーベル監督が、自然界の色と光という無限のパレットを自在に操り、スクリーンというカンバスに、ゴッホが見た〈夢〉を再現。ゴッホが見た世界が、あなたの魂を解放する、圧倒的感動体験。

監督・脚本:ジュリアン・シュナーベル
出演:ウィレム・デフォー、ルパート・フレンド、マッツ・ミケルセン、オスカー・アイザック、マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ
2018/イギリス・フランス・アメリカ/112分

12月21日[土]公開 相生座名画特集48【寅さん特集 第9弾】

寅さん特集9当館毎年恒例の【寅さん特集】。今回は「男はつらいよ」第17作〜第20作の上映になります。新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』とあわせて、「男はつらいよ」50年の歩みをスクリーンでお楽しみください。

 

特集詳細はこちらをご覧ください。
相生座名画特集48【寅さん特集 第9弾】
http://www.naganoaioiza.com/article/16190491.html

12月27日[金]公開『男はつらいよ お帰り 寅さん』

『男はつらいよ お帰り 寅さん』公式サイト

かつて日本中を笑いと涙で包み、国民的人気を誇った映画シリーズ『男はつらいよ』。日本中を旅する主人公・車寅次郎、通称“寅さん”が、故郷の柴又に戻ってきては、家族や恋したマドンナを巻き込み、騒ぎを起こす。破天荒で、変わり者で、自由奔放。でも、その暖かく優しい人柄に誰もが魅了され、愛され続けた―― そして、第一作の公開から50周年となる2019年、第50作の最新作『男はつらいよお帰り寅さん』が誕生する。それは、新撮された登場人物たちの”今”を描く映像と、4Kデジタル修復されて蘇る寅さんのシリーズ映像が見事に紡ぎ合う、新たなる『男はつらいよ』の物語。

監督:山田洋次
出演:渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、桜田ひより、北山雅康、カンニング竹山、濱田マリ、出川哲朗、松野太紀、林家たま平、立川志らく、小林稔侍、笹野高史、橋爪功
2019/日本/116分

■中学生以下100円鑑賞キャンペーン実施!

対象者:中学生以下(3歳〜中学生以下に限る)
料金:100円(税込)
※保護者同伴の有無は問わず(=中学生以下の方だけの鑑賞でも100円)
※他優待券、割引券制度などとの併用は不可

12月28日[土]公開『最初の晩餐』

最初の晩餐公式サイト

染谷将太×戸田恵梨香×窪塚洋介×斉藤由貴×永瀬正敏。日本映画界の実力派が夢の競演!
父が亡くなった。通夜の夜、母が仕出し屋を突然キャンセルし、出した「通夜ぶるまい」は目玉焼き。みんなが戸惑う中、次々と出てくる料理。それは1冊のノートに残された父の思い出の味。父との時間が蘇り、家族も知らなかった秘密が浮き彫りになっていく……。メインロケ地:上田市。

監督・脚本・編集:常盤司郎
出演:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏 ほか
2019/日本/127分

■初日舞台挨拶開催!

本作の公開を記念して初日に舞台挨拶付き上映が決定!皆様のご来場を心よりお待ちしております。


【日時】
12月28日(土)上映13:00〜
※上映後、舞台あいさつ
【ゲスト】
常盤司郎 監督
【料金】
通常料金

※各種割引サービス利用可、招待券不可。

12月28日[土]公開『ベル・カント とらわれのアリア』

ベル・カント とらわれのアリア公式サイト

Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝くベストセラー小説を日米豪華キャスト〈ジュリアン・ムーア×渡辺謙×加瀬亮〉で映画化。世界的なオペラ歌手の歌が、認め合ってはならない者たちを結びつける感動の人間ドラマ。

監督:ポール・ワイツ
出演:ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮、クリストファー・ランバート、セバスチャン・コッホ、テノッチ・ウエルタ、マリア・メルセデス・コロイ
2017/アメリカ/101分