8月11日(日)1日限定 上映会&トークイベント
『原田要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年』

公式サイト

【上映】8/11(日) 10:00~*上映後トークイベント

【料金】一般:1,600円/シニア:1,000円/大学・専門学生:1,000円/高校生以下:800円

※各種割引サービス利用可

2017年/日本/86分/ドキュメンタリー

【監督】宮尾哲雄

【語り】檀ふみ

【製作】戦争体験を継承する会

 

戦争とは何か?戦争の実相を後世に伝えようと、亡くなる直前まで語り続けた原田要さんの生涯と人間像を描いたドキュメンタリー。

太平洋戦争中、日本海軍の主力戦闘機「ゼロ戦」に搭乗し、多くの敵機を撃墜した名パイロット原田要。「殺さなければ殺される」―その思いで必死に戦い抜いた。戦後は幼児教育に情熱を注いだ一方、自らの戦争体験を後世に伝えることを使命とし、平和や命の尊さを訴えつづけた。波乱に満ちた原田要の生涯を通して、あの戦争とは、あの時代とは何だったのかを改めて問い直す。

丸山貢一さん

宮尾哲雄監督

■日時

8月11日(日)10:00の回 上映後トークイベント

(映画上映 10:00~ | トークイベント 11:30~12:30)

■トークテーマ

戦争とメディア~目を閉ざされないために~

■ゲスト

丸山貢一さん(信濃毎日新聞社・論説顧問)

1955年上田市生まれ。1979年、信濃毎日新聞社入社。大町支局、軽井沢支局などを経て編集局報道部デスクに。長野本社編集局報道部長、文化部長、松本本社報道部長を歴任し、2012年10月から論説委員、2014年4月から9年間、論説主幹。1面コラム「斜面」、1面評論などを執筆した。現在は論説顧問として毎月第1日曜日にコラム「この地から」を執筆している。1999年、高齢者介護の現実をルポし社会保障の未来を探った連載企画「介護のあした」のデスクを務め、日本新聞協会賞受賞。

宮尾哲雄監督

1950年長野県須坂市出身。フリーディレクター。元NBS長野放送報道局長。記者やディレクターとしてドキュメンタリー番組を制作。代表作は「よみがえれ諏訪湖」「聴診器を温めて」「われに短歌ありき」など。日本民間放送連盟賞、ギャラクシー賞など受賞歴多数。

 

■予約受付あり

 イベント参加のご予約できます。

 ・劇場窓口 または お電話 からご予約下さい。

 ・ご予約の際は、お名前とご連絡先をお伝え下さい。

 長野相生座・ロキシー[TEL 026-232-3016]

長野相生座・ロキシーSNS

長野相生座・ロキシー

住所

〒380-0833
長野県長野市権堂町2255

アクセス

当館は権堂アーケード通り中央にあります。

★ 電車
・ 長野電鉄 「権堂駅」 にて下車 徒歩約3分
・ JR長野駅より徒歩15分

★ バス
JR長野駅より
・ 長電バス 「権堂入口」 にて下車。劇場まで徒歩3分
・ ぐるりん号 
・ 川中島バス (長野駅より、路線10・16・17を推奨)

★ 車
・ 須坂・長野東インター 車で約15分