7月3日[土]公開 『なんのちゃんの第二次世界大戦』

なんのちゃんの第二次世界大戦

公式サイト

平成生まれの監督が描く、現代人と太平洋戦争との距離感に触れる新感覚の映画体験

本作品は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、ある人物の過去を改竄しようとする市長と、それに反対する戦犯遺族の物語。登場人物が、バラバラの思惑で対立し錯綜していく様は、フィクションでありながらも現代社会“そのもの”をあぶり出す。平成生まれの監督が描く、現代と戦争の不透明な距離感を表現した他にはない作品が誕生した。
主人公の市長を演じるのは、数々の作品に出演している名バイプレーヤー・吹越満。記念館設立に反対する一家には、大方斐紗子、北香那、西山真来が出演。また現地オーディションで選ばれた西めぐみが新人ながら怪演。オール淡路島ロケを慣行し、キャストの8割は現地住人が演じた。監督は新鋭・河合健監督。

脚本・監督:河合健
出演:吹越満、大方斐紗子、北香那、西めぐみ、西山真来、橋睦子
2020年/日本/112分

【上映】7/3(土)〜7/16(金)

【料金】通常料金

【前売券】特別ご鑑賞券:1300円

【イベント】トークイベント

公開初日に、河合健監督と長野出身の映画アドバイザー ミヤザキタケルさんのトークイベントを開催!

■日時
2021年7月3日(土)15:20の回上映後、トークイベント

※イベント上映回は招待券不可。

■ゲスト
河合健監督
ミヤザキタケルさん(映画アドバイザー)

■入場者制限
定員:80名

■注意事項
・新型コロナウィルス感染予防対策を行います。
・ご来館前の検温、ご自身の体調を確認のうえ、発熱や咳などの症状がある場合はご来館をお控えください。
・ご来場のお客様はマスクの着用をお願いします。
・新型コロナの状況により、急遽内容を変更する場合があります。

■予約受付あり
イベント参加のご予約できます。
・劇場窓口 または お電話 からご予約下さい。
・ご予約の際は、お名前とご連絡先をお伝え下さい。

長野相生座・ロキシー[TEL 026-232-3016]