長野郷土史研究会テキストブック「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中

当館売店にて「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中!

 

小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)
「長野のまちと映画館 120年とその未来」

2017年7月、明治30年(1897)7月に千歳座(現在の「長野松竹相生座・長野ロキシー」)で長野県初の活動写真(今の映画)が上映されてから、120年を迎えました。今年は日本の映画興行120周年の年ですが、現在国内で営業している映画館の中で、当時から120年も上映が続いているのは相生座のみです。
現在の長野市域には昭和30年代、20もの映画館がありました。「日本一古い映画館」が残る長野のまちの明治から現在までを、映画館という視点から見つめ直します。長野市以外の長野県内各地の映画館や、全国各地に残る古い木造映画館、映画上映の未来も考察しています。

発行:光竜堂
B5判、64頁
価格:1080円(税込)

【ゲキ×シネTIME】月1回〈劇団☆新感線〉を映画館で上映!!

「演劇×映像」の新感覚エンターテインメント!《ゲキ×シネ》

「演劇×映像」の新感覚エンターテインメント!《ゲキ×シネ》 ゲキ×シネ公式サイト

  

【ゲキ×シネTIME】月1回〈劇団☆新感線〉を映画館で上映!!

 

生の舞台の感動を映像化し、より多くの人に見てほしい、長く残したい。そんな思いが生んだ新しいエンターテインメントスタイル「ゲキ×シネ」。十数台ものカメラワークを駆使し、舞台上のあらゆる瞬間をおさめることに成功、舞台の迫力や臨場感に加え、俳優の細やかな目線や仕草、汗や涙のクローズアップなど、ゲキ×シネならではの魅力も満載。そんなゲキ×シネが、毎月1回映画館で楽しめる《ゲキ×シネTIME》。上映する作品は、劇団☆新感線の話題作!日本オリジナルの王道エンターテインメントと称される傑作群を、この機会にぜひ映画館で体感してください!

 

【鑑賞料金】
■一般:1800円
■ヤングチケット(22歳以下):1000円
■シニア(60歳以上):1000円
■障がい者手帳をお持ちのお客様(同伴者1名まで):1000円

■プレミアム会員:1000円
 ※回数券利用可、但し(招)の記載のある回数券はご利用いただけません。
 ※お誕生月ご招待券ハガキはご利用いただけません。
■メンバーズ会員:1300円
 ※シニア・22歳以下のメンバーズ会員の方は1000円になります。

※特別興行のため、上記以外の割引サービスはございません。

  

『阿修羅城の瞳』 上映:2019/2/21(木)18:30

阿修羅城の瞳2003

恋をすると鬼になる。人と鬼との壮大な恋物語。

ぞくぞくするほどの男の色気を感じさせた市川染五郎と、《阿修羅》に転生する際壮絶な美しさを解き放った天海祐希。まるで歌舞伎のような様式美とエンターテインメントの真髄が掛合わさった唯一無二の本作は、多くの観客を魅了した。

【出演】市川染五郎(現 松本幸四郎) 天海祐希 夏木マリ 高田聖子 橋本じゅん 小市慢太郎 近藤芳正 伊原剛志 他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり
175分/途中休憩ナシ

 

 

 

 

 

『蛮幽鬼』 上映:2019/3/21(木)18:30

蛮幽鬼

連日スタンディングオベーションが巻き起こった、伝説の時代活劇!

『蛮幽鬼』のモチーフとなっているのは、デュマ作の『モンテ・クリスト伯』(巌窟王)。劇団☆新感線の座付き作家である中島かずきが、陰謀渦巻く架空の古代国家を舞台に、繰り返される過ちへと導かれる人間の業を深くえぐり出す壮大な復讐譚として描いた。その終わることのない復讐をめぐる人間ドラマを演出であるいのうえひでのりが、繊細かつダイナミックに大舞台に立ち上げた。ゲキ×シネでは、舞台ではなかなか味わえない俳優たちの細かい表情や、観逃しがちな多くのギミックを、大スクリーンで再発見することができる。

【出演】上川隆也 稲森いずみ 早乙女太一 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 山内圭哉 山本 亨 千葉哲也 堺 雅人 他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり
182分/途中休憩あり

長野相生座・ロキシー会員サービス

☆会員サービスでお得に映画を観よう!

 

★メンバーズ会員(年会費300円 随時募集中!)

 

※詳細・お申込みは劇場窓口にて