長野郷土史研究会テキストブック「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中

当館売店にて「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中!

 

小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)
「長野のまちと映画館 120年とその未来」

2017年7月、明治30年(1897)7月に千歳座(現在の「長野松竹相生座・長野ロキシー」)で長野県初の活動写真(今の映画)が上映されてから、120年を迎えました。今年は日本の映画興行120周年の年ですが、現在国内で営業している映画館の中で、当時から120年も上映が続いているのは相生座のみです。
現在の長野市域には昭和30年代、20もの映画館がありました。「日本一古い映画館」が残る長野のまちの明治から現在までを、映画館という視点から見つめ直します。長野市以外の長野県内各地の映画館や、全国各地に残る古い木造映画館、映画上映の未来も考察しています。

発行:光竜堂
B5判、64頁
価格:1080円(税込)

【ゲキ×シネTIME】月1回〈劇団☆新感線〉を映画館で上映!!

「演劇×映像」の新感覚エンターテインメント!《ゲキ×シネ》

「演劇×映像」の新感覚エンターテインメント!《ゲキ×シネ》 ゲキ×シネ公式サイト

  

【ゲキ×シネTIME】月1回〈劇団☆新感線〉を映画館で上映!!

 

生の舞台の感動を映像化し、より多くの人に見てほしい、長く残したい。そんな思いが生んだ新しいエンターテインメントスタイル「ゲキ×シネ」。十数台ものカメラワークを駆使し、舞台上のあらゆる瞬間をおさめることに成功、舞台の迫力や臨場感に加え、俳優の細やかな目線や仕草、汗や涙のクローズアップなど、ゲキ×シネならではの魅力も満載。そんなゲキ×シネが、毎月1回映画館で楽しめる《ゲキ×シネTIME》。上映する作品は、劇団☆新感線の話題作!日本オリジナルの王道エンターテインメントと称される傑作群を、この機会にぜひ映画館で体感してください!

 

【鑑賞料金】
■一般:1800円
■ヤングチケット(22歳以下):1000円
■シニア(60歳以上):1000円
■障がい者手帳をお持ちのお客様(同伴者1名まで):1000円

■プレミアム会員:1000円
 ※回数券利用可、但し(招)の記載のある回数券はご利用いただけません。
 ※お誕生月ご招待券ハガキはご利用いただけません。
■メンバーズ会員:1300円
 ※シニア・22歳以下のメンバーズ会員の方は1000円になります。

※特別興行のため、上記以外の割引サービスはございません。

  

『薔薇とサムライ』 上映:2017/10/19(木)18:30

薔薇とサムライ

大人気「五右衛門ロック」シリーズ第2弾。天下の大泥棒・古田新太VS最強の女海賊・天海祐希!

舞台は中世ヨーロッパ。五右衛門は女海賊アンヌの用心棒だったが、アンヌが小国の王家継承者だと判明し、期せずして二人は対決することに…!エンターテイメントを愛する人々が熱狂した、これぞ娯楽超大作!アンヌの七変化も見所!

 

【出演】古田新太、天海祐希、浦井健治、山本太郎、神田沙也加、森奈みはる、橋本じゅん、高田聖子、栗根まこと、藤木孝、他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり
197分/途中休憩あり

 

 

 

『髑髏城の七人〜アカドクロ』 上映:2017/11/16(木)18:30

髑髏城の七人〜アカドクロ

ゲキ×シネ第1弾となった記念碑的作品!古田新太主演。重厚で骨太、ドラマ性の強い『アカドクロ』

新感線の代表作である『髑髏城の七人』を、看板役者・古田新太を主演に据え一切無駄がない骨太で重厚な作風に仕上げた。往年の黒沢時代劇のような濃密な世界観で、多くの観客を唸らせた。

 

【出演】古田新太、水野美紀、佐藤仁美、坂井真紀、橋本じゅん、佐藤正宏、山本 亨、梶原 善、他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり
160分/途中休憩あり

 

 

 

 

 

『メタルマクベス』 上映:2017/12/21(木)18:30

メタルマクベス

新感線初のシェイクスピア!ヘヴィメタルサウンドに乗せた、衝撃の《新・マクベス》誕生。

マクベス夫妻を内野聖陽と松たか子が演じ、80年代を生きたメタルバンドとマッドマックス的近未来が交錯するという斬新な構成でエンターテイメント性の高い作品に生まれ変わった、鋼鉄のロック・スペクタクル!

 

【出演】内野聖陽 松 たか子 森山未來 北村有起哉 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 上條恒彦 他
【原作】W・シェイクスピア【作】宮藤官九郎【演出】いのうえひでのり
201分/途中休憩あり

長野相生座・ロキシー会員サービス

☆会員サービスでお得に映画を観よう!

 

★メンバーズ会員(年会費300円 随時募集中!)

 

※詳細・お申込みは劇場窓口にて