ゲキ×シネ 最新作 『髑髏城の七人』花鳥風月極 上映決定!

ゲキ×シネ『髑髏城の七人』花鳥風月極 公式サイト

2017年3月から1年3ヶ月にわたり、花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)・極(『修羅天魔』)と5シーズン6作品に分けロングラン上演された劇団☆新感線の『髑髏城の七人』。作品ごとに集まった日本を代表する豪華キャストに加え、日本初の360°回転シアター「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として上演された事でも話題を集め、全6作品累計55万人を動員した人気舞台が、演劇の映像を映画館で楽しむ 《ゲキ×シネ》 の最新作としてついに登場!今回上映される『髑髏城の七人』の《ゲキ×シネ》版では、作品ごとに映像版の監督を擁立、映像はスクリーン向けに新たに編集、音声も劇場向けにリミックスされています。すでに実施されたライブビューイングや放送とは一味違う、洗練されたクオリティと臨場感溢れる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができます。今年39周年を迎える劇団☆新感線。その活躍をぜひ映画館でもお楽しみください!

 

髑髏城の七人 Season花

(c)TBS/ヴィレッヂ

『髑髏城の七人 Season花』

七年ごとに再演を繰り返す劇団☆新感線の代表作の一つ『髑髏城の七人』。
2017年3月から1年3ヶ月にわたり、花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)・極(『修羅天魔』)と5シーズン6作品に分けロングラン上演され話題となりました。その第一弾となったSeason花が、ついにゲキ×シネで登場!新劇場、新演出、新キャストで新たな伝説が誕生する!

【出演】小栗旬 / 山本耕史 / 成河 / りょう 青木崇高 清野菜名 / 近藤芳正 / 古田新太 他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり

■鑑賞料金
価格:一律2,000円(税込)
※特別興行につき、各種割引、招待券や無料鑑賞券等はご利用いただけません。

■上映スケジュール
2019/3/23(土) 〜 2019/3/29(金)

【上映時間】
3/23(土)13:30〜16:40
3/24(日)13:30〜16:40

3/25(月)18:30〜21:40
3/26(火)18:30〜21:40
3/27(水)18:30〜21:40
3/28(木)18:30〜21:40
3/29(金)18:30〜21:40

 

 ―――――――――――――――

『髑髏城の七人 Season鳥』

 

敵は関東髑髏党・鉄騎兵二万。滾る怒りよ――大いなる宙を舞え!
阿部サダヲを筆頭に、劇団☆新感線に複数回出演している、いわゆる“準劇団員”と呼ばれる役者が数多く参加している《鳥》。歌と踊りの要素を強化して、派手にショーアップした『髑髏城の七人』が登場!

【出演】阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一 / 松雪泰子 / 粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月 /梶原善 / 池田成志 他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり

■上映スケジュール
2019/4/27(土) 〜 2019/5/3(金)

長野郷土史研究会テキストブック「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中

当館売店にて「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中!

 

小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)
「長野のまちと映画館 120年とその未来」

2017年7月、明治30年(1897)7月に千歳座(現在の「長野松竹相生座・長野ロキシー」)で長野県初の活動写真(今の映画)が上映されてから、120年を迎えました。今年は日本の映画興行120周年の年ですが、現在国内で営業している映画館の中で、当時から120年も上映が続いているのは相生座のみです。
現在の長野市域には昭和30年代、20もの映画館がありました。「日本一古い映画館」が残る長野のまちの明治から現在までを、映画館という視点から見つめ直します。長野市以外の長野県内各地の映画館や、全国各地に残る古い木造映画館、映画上映の未来も考察しています。

発行:光竜堂
B5判、64頁
価格:1080円(税込)

【ゲキ×シネTIME】月1回〈劇団☆新感線〉を映画館で上映!!

「演劇×映像」の新感覚エンターテインメント!《ゲキ×シネ》

「演劇×映像」の新感覚エンターテインメント!《ゲキ×シネ》 ゲキ×シネ公式サイト

  

【ゲキ×シネTIME】月1回〈劇団☆新感線〉を映画館で上映!!

 

生の舞台の感動を映像化し、より多くの人に見てほしい、長く残したい。そんな思いが生んだ新しいエンターテインメントスタイル「ゲキ×シネ」。十数台ものカメラワークを駆使し、舞台上のあらゆる瞬間をおさめることに成功、舞台の迫力や臨場感に加え、俳優の細やかな目線や仕草、汗や涙のクローズアップなど、ゲキ×シネならではの魅力も満載。そんなゲキ×シネが、毎月1回映画館で楽しめる《ゲキ×シネTIME》。上映する作品は、劇団☆新感線の話題作!日本オリジナルの王道エンターテインメントと称される傑作群を、この機会にぜひ映画館で体感してください!

 

【鑑賞料金】
■一般:1800円
■ヤングチケット(22歳以下):1000円
■シニア(60歳以上):1000円
■障がい者手帳をお持ちのお客様(同伴者1名まで):1000円

■プレミアム会員:1000円
 ※回数券利用可、但し(招)の記載のある回数券はご利用いただけません。
 ※お誕生月ご招待券ハガキはご利用いただけません。
■メンバーズ会員:1300円
 ※シニア・22歳以下のメンバーズ会員の方は1000円になります。

※特別興行のため、上記以外の割引サービスはございません。

  

『蛮幽鬼』 上映:2019/3/21(木)18:30

蛮幽鬼

連日スタンディングオベーションが巻き起こった、伝説の時代活劇!

『蛮幽鬼』のモチーフとなっているのは、デュマ作の『モンテ・クリスト伯』(巌窟王)。劇団☆新感線の座付き作家である中島かずきが、陰謀渦巻く架空の古代国家を舞台に、繰り返される過ちへと導かれる人間の業を深くえぐり出す壮大な復讐譚として描いた。その終わることのない復讐をめぐる人間ドラマを演出であるいのうえひでのりが、繊細かつダイナミックに大舞台に立ち上げた。ゲキ×シネでは、舞台ではなかなか味わえない俳優たちの細かい表情や、観逃しがちな多くのギミックを、大スクリーンで再発見することができる。

【出演】上川隆也 稲森いずみ 早乙女太一 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 山内圭哉 山本 亨 千葉哲也 堺 雅人 他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり
182分/途中休憩あり

 

―――――――――――――――――――――――

 

ゲキ×シネ『髑髏城の七人』花鳥風月極 公式サイト

2017年3月から1年3ヶ月にわたり、花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)・極(『修羅天魔』)と5シーズン6作品に分けロングラン上演された劇団☆新感線の『髑髏城の七人』。作品ごとに集まった日本を代表する豪華キャストに加え、日本初の360°回転シアター「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として上演された事でも話題を集め、全6作品累計55万人を動員した人気舞台が、演劇の映像を映画館で楽しむ 《ゲキ×シネ》 の最新作としてついに登場!今回上映される『髑髏城の七人』の《ゲキ×シネ》版では、作品ごとに映像版の監督を擁立、映像はスクリーン向けに新たに編集、音声も劇場向けにリミックスされています。すでに実施されたライブビューイングや放送とは一味違う、洗練されたクオリティと臨場感溢れる映像を、映画館の大スクリーン&高音質で体感することができます。今年39周年を迎える劇団☆新感線。その活躍をぜひ映画館でもお楽しみください!

 

髑髏城の七人 Season花

(c)TBS/ヴィレッヂ

『髑髏城の七人 Season花』

七年ごとに再演を繰り返す劇団☆新感線の代表作の一つ『髑髏城の七人』。
2017年3月から1年3ヶ月にわたり、花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)・極(『修羅天魔』)と5シーズン6作品に分けロングラン上演され話題となりました。その第一弾となったSeason花が、ついにゲキ×シネで登場!新劇場、新演出、新キャストで新たな伝説が誕生する!

【出演】小栗旬 / 山本耕史 / 成河 / りょう 青木崇高 清野菜名 / 近藤芳正 / 古田新太 他
【作】中島かずき【演出】いのうえひでのり

■鑑賞料金
価格:¥2,000(税込)
※特別興行料金につき、各種割引、招待券や無料鑑賞券等は適用不可。

■上映スケジュール
2019/3/23(土) 〜 2019/3/29(金)

長野相生座・ロキシー会員サービス

☆会員サービスでお得に映画を観よう!

 

★2019年度プレミアム会員募集中!
・入会時費用2000円(入会金1500円+年会費500円)
※プレミアム会員入会受付は4月30日まで
 
★メンバーズ会員(年会費300円 随時募集中!)

 
★メンバーズ会員からプレミアム会員への移行も受け付けております。
対象:2019年2月28日時点でメンバーズ会員の方
※移行・プレミアム会員入会時に掛かる費用はご利用状況によって異なります。
※移行受付は4月30日まで
 
 
※詳細お問い合わせ・お申込みは劇場スタッフまで