新型コロナウィルス感染予防対策の取り組みとお客様へのお願い

いつも当館をご愛顧いただきありがとうございます。

ご来場いただくお客様におかれましては、新型コロナウィルス感染予防につきまして、以下の取り組みをご理解頂くとともに、ご協力をお願い申し上げます。

 

【お客様へのお願い】

・マスクの着用を必ずお願いします。
・ご入場の際には手指アルコール消毒液をご利用ください。
・窓口・売店では間隔を空けてお並び下さい。
・各上映は座席および、入場者数を制限して上映します。
 指定の座席のみのご利用をお願いします。
 制限にあたり、上映開始後のご入場はご遠慮下さいますようお願いします。
・咳エチケットへのご協力をお願いします。
・体調に不安のある方は、ご来場をお控え頂きますようお願いします。
・上記以外に状況に応じて新型コロナウィルス感染防止のため、スタッフよりお客様へアナウンスを行う場合やご入場をお断りする場合がございます。指示に従っていただきますようお願いします。

 

【新型コロナウィルス感染防止対策】

・お客様と従業員の感染予防のため、劇場スタッフはマスク・手袋を着用します。
・定期的な消毒作業を行います。
・各上映は座席間隔をあけ、入場者数を制限して上映します。
・上映中も場内の換気を行います。
・接触機会を減らすため、当面の間、販売パンフレットの見本の設置は中止します。

 

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

 

2020年5月7日 長野相生座・ロキシー

『いただきます、ここは発行の楽園』前売券ご購入の方へ

『いただきます、ここは発行の楽園』の上映期間中での劇場休館にともない、前売券未使用のお客様につきましては、払戻しをいたします。また本作に関しましては、再上映をいたします。(なお、今年度中の再映を目指しておりますが現段階では未定です。ご了承ください。)その際にも前売券をご使用いただけますので、ご鑑賞予定の場合はそのまま大切にお持ちください。払戻しご希望の方は、お手持ちのチケットを劇場窓口までお持ちください。払戻しの受付は、営業再開後を予定しております。

メンバーズ会員・プレミアム会員の各種有効期限の延長のお知らせ

会員の各種有効期限につきまして、下記のとおり延長いたします。

 

・メンバーズ会員・プレミアム会員のポイント有効期限
【有効期限最終利用日から1年  →  1年半に延長

 

・プレミアム会員のご招待券「バースデーカード」(旧サービス)の有効期限
【有効期限2020年3月〜6月までの「バースデーカード」 →  2020年8月まで延長

プレミアム会員の募集・移行・更新の受付期間延長と回数券の有効期限延長のお知らせ

・新型コロナウィルスの影響による現状を考慮しまして、本年度のプレミアム会員の募集及びメンバーズ会員からプレミアム会員への移行、現プレミアム会員様の更新につきまして、各受付終了期日を4月末までのところを、5月末まで延長いたします。また、状況をみまして再延長する場合もございます。

・回数券につきましては、既にご購入されている回数券も含めまして有効期限半年のところを1年間に延長いたします。

【新型コロナウイルス感染症の影響に伴うイベント・公開作品の中止・延期のお知らせ】

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う中止・延期のお知らせ

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、下記のイベントや作品は中止、または延期とさせていただきます。
お楽しみにされている皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。 

 

【イベント】

●『いただきます ここは、発酵の楽園』舞台挨拶&対談トークイベント
【延期 延期後の開催日は未定です。】

●『スペシャルアクターズ』トークイベント
【延期 延期後の開催日は未定です。】

●『ディープロジック』舞台あいさつ
【延期 延期後の開催日は未定です。】

 

【営業再開後、再上映予定の作品】

●『いただきます ここは、発酵の楽園』【上映日:9月12日〜9月25日

●『スペシャルアクターズ』【上映日:未定】

●『私の知らないわたしの素顔』【上映日:7月11日〜7月24日

 

 

【公開延期作品】

●『his』【上映日:6月20日〜7月3日

●『子どもたちをよろしく』【上映日:6月20日〜7月10日

●『娘は戦場で生まれた』【上映日:6月20日〜7月3日

●『ビッグ・リトル・ファーム』【上映日:8月29日〜9月11日

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』上映日:7月4日〜7月17日

●『母との約束、250通の手紙』【上映日:8月1日〜8月14日

●『スケアリーストーリーズ 怖い本』【上映日:7月4日〜7月17日

『チア・アップ!』【上映日:8月15日〜8月28日

●『HOKUSAI』【上映日:未定】

●『街の上で』【上映日:未定】

●『一度も撃ってません』【上映日:9月12日〜9月25日

●『ディープロジック』【上映日:未定】

●『中島みゆき 夜会 VOL.20「リトル・トーキョー」−劇場版−』【上映日:7月23日〜

●『子供はわかってあげない』【上映日:未定】

ゲキ×シネ『髑髏城の七人』2020冬の陣

ゲキ×シネ『髑髏城の七人』2020冬の陣

上映を延期しておりました【ゲキ×シネ『髑髏城の七人』2020冬の陣】での「アオドクロ」「Season月<下弦の月>」「アカドクロ」「Season極(修羅天魔)」の4作品につきまして、延期後の上映日が決定しました。

【上映日程】

6/15(月)18:30 「アオドクロ」
6/18(木) 18:30 「Season月<下弦の月>」
7/6(月)18:30 「アカドクロ」
7/9(木) 18:30 「Season極(修羅天魔)」 

 

【料金】
「Season月<下弦の月>」「Season極(修羅天魔)」:2000円
「アオドクロ」「アカドクロ」:1800円
※特別興行につき、各種割引・招待券などは適応不可。

  

髑髏城の七人〜アオドクロ

「アオドクロ歌舞伎役者・市川染五郎と劇団☆新感線のコラボ≪InouekabukiShochiku-mix≫第4弾として、2004年秋に東京・日生劇場で上演され話題となった舞台。
『髑髏城の七人〜アオドクロ』は、ファット&ゴージャス。歌や踊りを交えたド派手な舞台はまさに新感線エンターテインメントの集大成(いのうえ氏コメントより)となった。

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:市川染五郎(現 松本幸四郎) 鈴木 杏 池内博之 ラサール石井 高田聖子 三宅弘城 粟根まこと 高杉 亘 川原和久 佐藤アツヒロ 他

 

 

髑髏城の七人 Season月《下弦の月》

「下弦の月劇団☆新感線としても初挑戦となる2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入した『髑髏城の七人』Season月。演劇界をこれから背負っていくであろうキラ星のごとき若手注目株を中心に小劇場出身の通好みの俳優も顔を揃える絶妙なキャスティング!“下弦の月”チームには宮野真守、鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大、羽野晶紀、千葉哲也が出演。

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:宮野真守 鈴木拡樹 廣瀬智紀 木村了 松岡広大 / 羽野晶紀 / 千葉哲也 他

 


髑髏城の七人〜アカドクロ

「アカドクロ

“いのうえ歌舞伎”の代表作として挙げられることの多い『髑髏城の七人』。1990年の初演以降7年毎に再演をくり返し、そのつど劇団☆新感線のターニングポイントと重なり合うことで半ば伝説と化した。2004年には春にアカドクロ(主演・古田新太)、秋にアオドクロ(主演・市川染五郎)と題して、同タイトル・同作家・同演出家により、キャストのみ替えての二公演春秋連続上演を行い、業界を超えて話題を呼んだ。

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太 水野美紀 佐藤仁美 坂井真紀 橋本じゅん 佐藤正宏 山本 亨 梶原 善 他

 

 

修羅天魔 〜髑髏城の七人 Season極

「修羅天魔『髑髏城の七人』花鳥風月極の最後を飾る完全新作となる“もう一つの『髑髏城の七人』”が登場!『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もう一つの『髑髏城の七人』”……その名も『修羅天魔』。
地獄極楽紙一重。戦乱の世を制するは天空を舞う魔王か、血にまみれて大地を這う修羅の女か。

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:天海祐希 / 福士誠治 竜星涼 清水くるみ / 三宅弘城 山本亨 梶原善 / 古田新太 他

 

 

ゲキ×シネ公式サイト

会員サービスのご案内

☆会員サービスでお得に映画を観よう!☆

 

当館の会員サービスは【メンバーズ会員】【プレミアム会員】の2種類になります。

※詳細のお問合わせ・お申込みは劇場スタッフまで

 


 

【メンバーズ会員】

年会費:300円

募集期間:随時募集

 

●鑑賞料金割引

当日券 一般:1400円
当日券 学生:1100円
当日券 シニア:1100円

※特別興行作品などは、会員割引の対象外になる場合があります。

 

●ポイントサービス
・当日券の料金の5%がポイントで貯まります。
(前売券や物販などのご購入は対象外です。)

・1000ポイントで映画鑑賞が1回無料になります。
・周辺駐車場の駐車券提示で30ポイント加算されます。

※特別興行は、ポイントサービス対象外になる場合がございます。

 


 

【プレミアム会員】

会員内容

年会費:500円

入会金:2000円(初回入会時のみ)

募集期間:3月・4月 5月末まで


●鑑賞料金割引

当日券:1100円

回数券(6枚綴り):6000円 ※有効期限:ご購入から半年

※特別興行作品などは、会員割引・回数券の対象外になる場合があります。

 

●ポイントサービス
・当日券の料金の5%がポイントで貯まります。
(前売券や物販などのご購入は対象外です。)
(回数券はご使用時に1枚で1000円分のポイントが貯まります。)

・1000ポイントで映画鑑賞が1回無料になります。
・周辺駐車場の駐車券提示で30ポイント加算されます。

※特別興行は、ポイントサービス対象外になる場合がございます。

 


 

・【メンバーズ会員】から【プレミアム会員】への変更も可能です。
なお、変更の受付は、プレミアム会員募集期間の3月・4月のみになります。 5月末まで

長野郷土史研究会テキストブック「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中

当館売店にて「長野のまちと映画館 120年とその未来」好評発売中!

 

小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)
「長野のまちと映画館 120年とその未来」

2017年7月、明治30年(1897)7月に千歳座(現在の「長野松竹相生座・長野ロキシー」)で長野県初の活動写真(今の映画)が上映されてから、120年を迎えました。今年は日本の映画興行120周年の年ですが、現在国内で営業している映画館の中で、当時から120年も上映が続いているのは相生座のみです。
現在の長野市域には昭和30年代、20もの映画館がありました。「日本一古い映画館」が残る長野のまちの明治から現在までを、映画館という視点から見つめ直します。長野市以外の長野県内各地の映画館や、全国各地に残る古い木造映画館、映画上映の未来も考察しています。

発行:光竜堂
B5判、64頁
価格:1100円(税込)