9月23日[金]公開 『スーパー30 アーナンド先生の教室』

スーパー30 アーナンド先生の教室

公式サイト

全世界が絶賛した教育プログラム〈スーパー30〉その誕生に情熱を捧げた1人の男と30人の生徒の奇跡の実話

天才的な数学の頭脳を持ちながら、貧しい生まれのためケンブリッジ大学への留学を諦めたアーナンド・クマールが、インドの片田舎で始めた私塾:スーパー30。全国の貧しい家庭から優秀な頭脳を持つ30人を選抜して、無償で食事と寮と教育を与えるというこのプログラムは、開始した年から、世界三大難関試験の一つと言われる、インド最高峰の理系大学"IIT(インド工科大学)"へ塾生を送り込むという快挙を成し遂げた。その後、毎年20人前後が合格。2008年から3年にわたって30人全員を合格させて、いまなお続いているこのプロジェクトに、世界中のマスコミが注目して絶賛の声が寄せられた。

本作は、この奇跡の実話に基づき、貧困に夢を奪われながらも、世界を変えようと奮闘する1人の男の情熱と、劣悪な環境でも諦めない30人の生徒たちの学ぶことへの喜びをエンタテイメント性豊かに描きながら、学ぶ権利の本質、身分制度と格差社会の問題を浮き彫りにしていく。運営資金が底をつき、空腹に苦しみ、マフィアに襲撃されながらも、型破りな授業を続けるアーナンドと30人の生徒たち。能力はあっても、劣等感を持つ生徒に「王の子供は王じゃない。王になるのは能力ある者だ」と語り、自信を持たせ、一緒に夢を実現しようとするアーナンドの姿は、あなたに世界を変える希望を与えてくれるだろう。

監督:ヴィカース・バハル
出演:リティク・ローシャン、ムルナール・タークル、アーディティヤ・シュリーワースタウ、パンカジ・トリパーティ
2019年/インド/154分

【上映】9/23(金)〜

【料金】通常料金

9月23日[金]公開 『1640日の家族』

1640日の家族

公式サイト

里親と“息子”の幸せな日々に、突然訪れた“家族”のタイムリミット。彼らが選んだ未来とは―― 実話に基づく感動作。

長編デビュー作『ディアーヌならできる』が、第9回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルで映画監督審査員賞を受賞したファビアン・ゴルジュアール監督。2作目となる本作は、監督が子どもの頃、両親が里子を迎え、4年半一緒に暮らした体験を基に生まれた。人生を変えたこの経験をずっと映画にしたいと思い続け、念願の企画が実現。深い愛と絆を描く新たな珠玉作が誕生した。

生後18ヶ月のシモンを受け入れた里親のアンナと夫のドリス。2人の息子とは兄弟のように育ち、幸せな4年半が過ぎようとしていた。ところが、実父のエディからシモンを手元で育てたいと申し出が…。突然訪れた“家族”でいられるタイムリミットに、彼らが選んだ未来とは――。

監督・脚本:ファビアン・ゴルジュアール
出演:メラニー・ティエリー、リエ・サレム、フェリックス・モアティ、ガブリエル・パヴィ
2021年/フランス/102分

【上映】9/23(金)〜10/6(木)

【料金】通常料金

9月23日[金]公開 『島守の塔』

島守の塔

公式サイト

鉄の暴風と言われた激しい空襲、艦砲射撃、上陸戦の絶望に追い込まれた沖縄戦。その中で「生きろ!」と後世に一筋の命を託した2人の官僚と沖縄の人々の物語を映画化。「命の尊さ」を次世代に継承する映画が誕生。

沖縄戦末期、本土より派遣された2人の内務官僚がいた。戦中最後の沖縄県知事として沖縄に赴任し、軍の命令に従いながらも苦悩し、県民疎開・保護に尽力した島田叡(あきら)と、島田と行動を共にし、職務を超え努力した警察部長の荒井退造。2人から命の重みを受け継いだ沖縄県民の戦火に翻弄されながらも必死に生きるそれぞれの姿を描く。
島田役には映画やドラマ、ナレーションなど幅広く活躍している萩原聖人。荒井約には日本映画界に欠かせない俳優・村上淳。また、島田の世話役の県職員・比嘉凛を吉岡里帆が熱演。凛の妹で看護学徒隊の比嘉由紀を池間夏海が、映画「ひめゆりの塔」に出演していた香川京子が現代の凛を演じている。監督は「地雷を踏んだらサヨウナラ」など社会派作品で知られる五十嵐匠。

監督:五十嵐匠
出演:萩原聖人、村上淳、吉岡里帆、池間夏海、榎木孝明、成田浬、水橋研二、香川京子
2022年/日本/130分

【上映】9/23(金)〜10/6(木)

【料金】通常料金

9月16日[金]公開 『プアン/友だちと呼ばせて』

プアン 友たちと呼ばせて

公式サイト

ウォン・カーウァイ製作総指揮
『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』監督最新作

「こんな映画アリ!?」と大興奮を巻き起こし、本国タイで年間ランキング1位、アジア各国でタイ映画史上歴代興収第1位を奪取した『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のバズ・プーンピリヤ監督最新作。彼の才能に心底惚れた、『花様年華』『恋する惑星』のウォン・カーウァイが自らプロデュースを熱望。完成した作品はサンダンス映画祭でプレミア上映され、ワールドシネマドラマティック部門で審査員特別賞に輝いた。〈余命宣告〉を受けた若者が親友と共に巡る甘くて苦い〈思い出〉。その終着点で明かされる秘密とは?ラストからもう一つの物語が始まる青春ムービーの新たな傑作!

ニューヨークでバーを経営するボスのもとに、タイで暮らすウードから数年ぶりに電話が入る。 白血病で余命宣告を受けたので、最期の頼みを聞いてほしいというのだ。バンコクに駆けつけたボスが頼まれたのは、 元カノたちを訪ねる旅の運転手。カーステレオのカセットテープから流れる思い出の曲が、二人がまだ親友だった頃の記憶を呼びさます。 かつて輝いていた恋への心残りに決着をつけ、ボスのオリジナルカクテルで、この旅を仕上げるはずだった。 だが、ウードがボスの過去も未来も書き換える〈ある秘密〉を打ち明ける──。

監督:バズ・プーンピリヤ
出演:トー・タナポップ、アイス・ナッタラット、プローイ・ホーワン、ヌン・シラパン、ヴィオーレット・ウォーティア、オークベープ・チュティモン
2021年/タイ/129分/PG12

【上映】9/16(金)〜9/29(木)

【料金】通常料金

9月16日[金]公開 『夢みる小学校』

夢みる小学校

公式サイト

「いただきます」シリーズのオオタヴィン監督が「教育」をテーマにエモーショナルな映像で挑んだ、公教育のミライを考える"教育変革ドキュメンタリー"

激動のAI時代に対応するため、2020年度から教育指導要領が、「アクティブラーニング(自主的探求)」に大きく舵を切り、日本の公教育が揺れています。

30年前から「体験学習」を実践している先進的な学校があります。宿題がない、テストがない、「先生」がいない、「きのくに子どもの村学園」です。この学校のスローガンは、「まず子どもをしあわせにしよう。すべてはそのあとに続く」。子どもの主体性を信じ、ひとりひとりの個性を尊重した"日本で最も楽しい学校"です。体験学習を見学した脳科学者の茂木健一郎さんは、「人工知能時代にふさわしい脳のOSを育てる、ここは”ミライの学校”だ!」と驚き、この学習方法と、イキイキとした表情の子どもたちを絶賛しています。

本作には、自由な公立学校も登場します。60年以上成績通知表がない「総合学習」を続ける伊那市立伊那小学校。校則、定期テストをやめた、世田谷区立桜丘中学校の西郷孝彦前校長。公立、私立を含めた公教育のミライを考える"教育変革ドキュメンタリー"です。

監督・撮影:オオタヴィン
ナレーション:吉岡秀隆
出演:堀真一郎、福田弘彦、西郷孝彦、茂木健一郎、尾木直樹、高橋源一郎、辻信一
2021年/日本/91分/ドキュメンタリー

【上映】9/16(金)〜9/29(木)

【料金】通常料金

【イベント】トークイベント開催 イベントは終了しました。

■日時
 9月17日(土)14:10の回 上映後トークイベント

■ゲスト
 オオタヴィン監督

 税所 篤快さん(NPO e-Education創業者/小布施町ゼロカーボン推進員)

 菅沼 尚さん(長野市立長野中学・高校校長)

 原 由紀子さん(きのくに子ども村学園 元職員)

9月16日[金]公開 『WKW4K ウォン・カーウァイ4K 5作品』

WKW4K ウォン・カーウァイ4K 5作品

公式サイト

第53回カンヌ国際映画祭にてトニー・レオンが主演男優賞を獲得し、ウォン・カーウァイ監督の代表作となった『花様年華』。その制作20周年を記念し、監督自らの手により過去作を4Kレストアするプロジェクトが実施。その中より、珠玉の5作がスクリーンに帰ってくる。

ウォン・カーウァイ監督は、新たな上映素材について「『恋する惑星』と『花様年華』は私のお気に入りのアスペクト比1.66:1で撮影され劇場公開されましたが、ビデオ化の際に1.85:1に修正されました。そこで今回のレストアでは元のアスペクト比に戻しました。『天使の涙』は、元々意図していたスコープサイズに変更しています。当時はスタンダード画面で撮影したものをワイド画面に編集することは不可能でしたが、今回のレストアで実現することができました。また、『恋する惑星』は公開当時5.1chが存在しなかったため、今回5.1ch音声を再構成。『花様年華』もリミックスしています」と、画面サイズや音声の修復についてこだわりを明かしている。ウォン・カーウァイ監督×撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでのアジア映画のイメージを一新。90年代に日本で巻き起こったミニシアターブームを牽引する存在となり、そのスタイリッシュな映像と世界観は今もなお多くのクリエイターに影響を与え続けている。

 

【上映スケジュール[2022.9.27更新]

■9/16(金)〜9/22(木)
『恋する惑星 4K』
『天使の涙 4K』

■9/23(金)〜9/29(木)
『ブエノスアイレス 4K』
『花様年華 4K』

■9/30(金)〜10/6(木)
『2046 4K』
『花様年華 4K』
『恋する惑星 4K』

 

【料金】通常料金

 

【お知らせ】

★スタンプラリーキャンペーン

 

【上映作品】 ※当館上映は2Kになります。

『恋する惑星 4K』

『恋する惑星 4K

刑事223号は、別れた恋人が好きだったパイナップルの缶詰を買い続けていた。だが、彼女を忘れるため、バーの片隅で出会った金髪の女性に声をかけて一夜を過ごすことになる。その頃、刑事223号もよく立ち寄る小食店に新しい店員が入ってくる。新入りのフェイは、夜食を買いに来た警官663号に恋心を抱き、偶然手に入れた彼の家の鍵で部屋に忍び込み……。
出演:トニー・レオン、フェイ・ウォン、ブリジット・リン、金城武、ヴァレリー・チョウ
監督・脚本:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル、アンドリュー・ラウ
1994年/香港/102分
© 1994 JET TONE PRODUCTIONS LTD. © 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

『天使の涙 4K』

『天使の涙 4K

エージェントの女は、仕事以外で顔を合わせることがほぼない殺し屋の男に密かな恋心を抱いていた。足を洗いたいと考えている殺し屋はある大雨の日、金髪の女に出会い、互いのぬくもりを求める。一方、期限切れのパイナップル缶を食べて口がきけなくなったモウは、夜な夜な他人の店で勝手な商売を楽しむ日々。そんな中、失恋娘と出会い初めての恋をする。
出演:レオン・ライ、ミシェール・リー、金城武、チャーリー・ヤン、カレン・モク
監督・脚本:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル
1995年/香港/99分
© 1995 JET TONE PRODUCTIONS LTD. © 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

『ブエノスアイレス 4K』

『ブエノスアイレス 4K

香港から南米アルゼンチンへやって来たウィンとファイ。自由奔放なウィンと、そんなウィンに振り回されっぱなしのファイは何度も別れてはヨリを戻している。これも"やり直す"ための旅だったが、些細なことからまた痴話喧嘩をして別れ別れに。しばらくしてふたりは再会を果たし、怪我をしたウィンをファイが看病しながら一緒に暮らすようになるが……。
出演:トニー・レオン、レスリー・チャン、チャン・チェン
監督・脚本・製作:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル
1997年/香港/96分
© 1997 BLOCK 2 PICTURES INC. © 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

『花様年華 4K』

『花様年華 4K

1962年の香港。地元新聞社の編集者であるチャウと、商社で秘書として働くチャンは同じアパートへ同じ日に引っ越してきて、隣人となる。やがてふたりは、互いの伴侶が不倫関係であることに気付き、一緒に時間を過ごすことが多くなる。誰にも気づかれないよう慎重に、裏切られ傷ついた者同士が次第にささやかな共犯にも似た関係を育んでいくが――。
出演:トニー・レオン、マギー・チャン
監督・脚本・製作:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル、リー・ピンビン
2000年/香港/98分
© 2000 BLOCK 2 PICTURES INC. © 2019 JET TONE CONTENTS INC.ALL RIGHTS RESERVED

 

『2046 4K』

『2046 4K

1960年代後半の香港。記者で作家のチャウはかつてひとりの女を心の底から愛したが結ばれることはなかった。過去の思い出から逃れるように自堕落な生活を送っていた彼は、ある日ジンウェンと出会う。彼女には日本人の恋人タクがいたが、父親の反対でタクは日本に帰ってしまった。チャウはふたりに触発され近未来小説を書き始める。
出演:トニー・レオン、コン・リー、フェイ・ウォン、木村拓哉、チャン・ツィイー、カリーナ・ラウ、チャン・チェン、ドン・ジェ、マギー・チャン
監督・脚本・製作:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル、ライ・イウファイ、クワン・プンリョン
2004年/香港/129分/R15+
© 2004 BLOCK 2 PICTURES INC. © 2019 JET TONE CONTENTS INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

【入場者プレゼント】入場者プレゼント(ステッカー)は終了しました。

 

【WKW4K スタンプラリーキャンペーン】

WKW4K スタンプラリーキャンペーン

9月16日[金]公開 『川っぺりムコリッタ』

川っぺりムコリッタ

公式サイト

友達でも家族でもない、でも孤独ではない、新しい「つながり」の物語。

『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』の荻上直子監督がオリジナル脚本で贈る、新しい「つながり」の物語。松山ケンイチを主演に、ムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆という絶妙な演技者たちが集結し、ありそうでなかった化学反応に期待が膨らむアンサンブルが実現した。さらに、江口のりこ、柄本佑、田中美佐子、緒形直人、黒田大輔、薬師丸ひろ子(声の出演)、笹野高史ら実力派が脇を固める。荻上ワールドおなじみの「おいしい食」と共にある、「ささやかなシアワセ」の瞬間をユーモアいっぱいに描く、誰かとご飯を食べたくなるハッピームービー。

孤独な山田が北陸の塩辛工場で働き口を見つけ、「ハイツムコリッタ」という古い安アパートに引っ越してくる。家族も生き甲斐もなく「ひっそりと暮らしたい」と無一文のような状態の山田。ある日、隣の部屋の住人・島田が風呂を貸してほしいと上がり込んできた日から、山田の静かな日々は一変する。できるだけ人と関わらず生きたいと思っていた山田だったが、夫を亡くした大家の南、息子と二人暮らしで墓石を販売する溝口といった住人たちと関わりを持ってしまい…。図々しくて、落ちこぼれで、人間らしいアパートの住人たちに囲まれ、山田は少しずつ「ささやかなシアワセ」に気づいていく。

監督・脚本:荻上直子
出演:松山ケンイチ、ムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆、江口のりこ、黒田大輔、柄本佑、田中美佐子、薬師丸ひろ子、笹野高史、緒形直人
2021年/日本/120分

【上映】9/16(金)〜

【料金】通常料金