6月17日公開「はじまりへの旅」

はじまりへの旅

公式サイト

森で暮らすヘンテコ家族が、旅に出た。笑いも涙も溢れ出る、最強で最高のロードムービー!!

主人公は独特な教育方針のもと世間と切り離された森で育った子供たちと厳格なその父親。みな風変りで個性的なキャラクターばかりだが、旅に出た彼らが世の中とのギャップに戸惑いながらも自分たちらしさを失わずに生きようとする姿には、誰もが共感できるはず。ヘンテコ一家の不器用な生き方に、笑いと勇気をもらえる感動のロードムービー。
ベン・キャッシュと6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くで暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。コーラもホットドッグも知らない彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…?

 

★第69回カンヌ映画祭「ある視点」監督賞受賞★
監督・脚本:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン「ロード・オブ・ザ・リング」、ジョージ・マッケイ、フランク・ランジェラ

[PG12]

6月17日公開「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

マンチェスター・バイ・ザ・シー

公式サイト

★2017年アカデミー賞主演男優賞/脚本賞受賞!!★
主演男優賞を独占したケイシー・アフレックをはじめキャスト全員が好演!マット・デイモンが「忘れられないものになった」と自負するプロディース作。忘れられない痛みと哀しみ。傷ついた心にそっと寄り添うように、一人の男の絶望と再生を丁寧に優しく紡いだ珠玉の人間ドラマ。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたケネス・ロナーガンが監督・脚本を手がけ、俳優マット・デイモンがプロデューサーを務めたことも大きな話題となっている本作は、主人公リーの絶望と再生を、時折ユーモアを交えながら丁寧に紡ぎ出した珠玉の人間ドラマ。慎ましくも深く、静かに心に染み入る新たな傑作がここに誕生した。主人公リーの孤独と哀しみを体現したケイシー・アフレックの渾身の演技は、各メディアに絶賛され、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞をはじめ各賞の主演男優賞を独占。さらにリーの元妻ランディを演じたミシェル・ウィリアムズと、甥のパトリックを演じたルーカス・ヘッジズも共にアカデミー賞にノミネートされるなど、キャストたちがいずれも特筆すべき好演を見せている。
アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリーは、突然の兄の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた。兄の遺言で16歳の甥パトリックの後見人となったリーは、二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる。なぜリーは心も涙も思い出もすべてこの町に残して出て行ったのか。なぜ誰にも心を開かず孤独に生きるのか。父を失ったパトリックと共に、リーは新たな一歩を踏み出すことができるのだろうか……?

 

★2017年アカデミー賞主演男優賞(ケイシー・アフレック)/脚本賞(ケネス・ロナーガン)★
★第74回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞★
監督・脚本:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ

5月27日公開「家族はつらいよ2」

家族はつらいよ2公式サイト

山田洋次監督作品
その悲劇もきっと明日は喜劇になる!

“熟年離婚”をめぐり大騒動を繰り広げる家族の姿を滑稽に、かつ温かく描いたストーリーで日本全国の劇場を大きな笑顔で包んだ映画『家族はつらいよ』。国民的映画『男はつらいよ』の山田洋次監督がシリーズ終了後約20年ぶりに生み出した、まさに喜劇映画の決定版が、さらにパワーアップしてスクリーンに帰ってきます!
周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めていた。高齢者の危険運転を心配した家族は、運転免許を返上させることを画策する。しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!?嫌な役回りを兄妹夫婦でなすりつけ合ううちに、平田家はまたもや不穏な空気に包まれていく―。そして土曜日、周造の免許返上問題を話し合う家族会議が開かれることになり、例のごとく召集された平田家の兄妹夫婦たち。だが、家族会議は一転し事態は思わぬ方向に…果たして平田家は再び平穏な日常を取り戻すことができるのか!?

 

原作・監督:山田洋次
脚本:山田洋次 平松恵美子
音楽:久石譲
出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優 ほか

5月27日公開「光」

光公式サイト

河瀬直美監督が挑む珠玉のラブストーリー

生きることの意味を問いかけ、カンヌ国際映画祭他、世界中から大絶賛をされた『あん』。河P監督と永瀬正敏のダッグが、ヒロインに水崎綾女をむかえて次に届けるのは、人生で多くのものを失っても、大切な誰かと一緒なら、きっと前を向けると信じさせてくれるラブストーリー。
単調な日々を送っていた美佐子は、とある仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉と出逢う。美佐子は雅哉の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が過去に撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行って欲しいと願うようになる。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉。彼の葛藤を見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめるー。

 

監督・脚本:河瀬直美
出演:永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、藤竜也